意外と知らない七五三のマナーと内祝いと気になるお返しの金額

公開日: 

七五三はかわいいお子さんの成長を祈る大切な行事、

その際に親類縁者や親しい友人からお祝いやプレゼントを

いただいたお返しとして内祝いのお返しを贈ろうと考える家庭が多いです。

ただ、なにをいつ贈ったらいいのか、そもそもやるべきなのか等

分からないかたも多いかと思われます。

そこで今回は、七五三の内祝いでのマナーについてまとめました。

スポンサーリンク

内祝いってそもそもなに?

本来、内祝いとは、「お祝いごとのあった家がその幸せをご近所や親戚など

親しい人たちと分かち合うために贈るもの」というものです。

ですから、お祝いをもらうもらわない関係なく、めでたいことがあれば、

自主的にお祝いの品を贈ることが「内祝い」になります。

一方、「お返し」はあくまでお祝いしてくださった方への「お礼」になり、

お祝いを頂いてから「お返しの品」を用意することになります。

しかし最近では、「内祝い」と「お返し」を同じ意味合いで

使われることが多くなっています。

「内祝い」「お返し」のどちらの言葉を使うにしても、

感謝の気持ちを伝えることが1番大切になります。

 

内祝いでこれを贈るのはやめよう!正しい贈り物とは?

七五三のお祝いをいただいた方へ内祝いを贈る場合、

一般的には、「お祝いをいただいてから1ヶ月以内」に

内祝いを贈ることが目処とされています。

しかしながら、「お祝いごと」の前後は、家族ともども、

たいてい忙しい時期であることが多いものです。

事情によっては、1ヶ月以内に贈り届けることが

難しい場合もあるとは思われますが、

そのなかでもできる限り段取りよく手配をすることを

心掛けることが大切です。

また贈る際には”のし”つきの赤白蝶結びで、表書きに七五三内祝or内祝と書き、

“のし”の下段に子供の名前のみを書くのが一般的です

また贈り物の中には縁起が悪いものなどを贈ってはいけないなどといった

“ルール”もありますので下で簡単にまとめてみました。

贈ってはいけないもの

・日本茶(元々、弔辞に出されるもの)

・陶器類(割れる・壊れる)

・包丁類(縁が切れる)

・ハンカチ類(手切れを意味する)

・食品類(腐るものは基本的にNG)

 

などなど、たくさんありますが

基本的に悪い連想されるものを贈るのではなく

カタログギフトや商品券等、実用的なものをお贈りするのが

一番喜ばれるかと思われます。

 

内祝いのお返しはどのくらいの金額がベスト?

一般的に言われているのが、七五三の内祝い(お祝い返し)の相場は、

いただいた金額の3分の1~半分程度です。

スポンサーリンク

金額が分からないだろうと、いただいた金額以上の

品を贈らないようにして下さい。

ただし、この1/3~1/2が該当しない場合もあります。

それは、明確な意図でこの金額を出したのかが分かる場合です。

例えば、子供の晴れ着を用意したいが

金銭的に難しいことをご両親が把握していた上で、

「このお金で着物を買ってあげなさい」と渡されたお金です。

そのお金の1/3ものお返しをしていたら、

「そのお金があるなら、もっと良い着物が買えたでしょ!」となってしまいます。

このように、ご祝儀というよりは○○を買うための出資として頂いたお金は、

その意図をくみとる必要があります。

ちなみにまた遠方からわざわざお祝いに来てくださった方に、

内祝いのお返しとしてお子さん自身が書いたメッセージや、

七五三での写真などを添えると

より一層、記念としての印象が強くなりますのでおススメです

 

まとめ

いかがでしたか?七五三の内祝いって実はこんなにマナーが多かったり、

周囲で聞いたことがあるパターンのものも多かったのではないでしょうか。

ただ「七五三のお祝い返しは不要」とも言われているので、

そんなに深刻に悩む必要はありません。

高価な品物を贈るより、わが子の成長を祝っていただいたことに対する

「感謝の気持ち」がなにより大切です。

それに、孫に会えるのが一番嬉しいことだと思いますので

夏休みや年始だけでなく、土日の休みを使ってマメに帰郷しませんか?

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑