七五三のお参り、日にちをずらしちゃっても大丈夫?

公開日: 

七五三の季節には「どこの神社にお参りしよう。」

「日どりはお父さんのお休みの予定に合わせて・・・。」

「おじいちゃんおばあちゃんへのお知らせもしなくちゃ。」など、

お母さんの準備は意外にも多くて、とっても大変です。

そもそも着物は買うのか借りるのか、写真はどこで撮ってもらうのか

などの準備もあります。

昔はおばあちゃんとの役割分担もあったかもしれませんが、

今はそんな準備を一手にひきうけるのは、大抵お母さんのお仕事です。

お仕事とはいっても、日々の生活に追われていると結局はギリギリになって、

てんてこ舞いの中、当日を迎えるお母さんも少なくありません。

そんな慌ただしい中にあって、11月15日直前の大安など、

吉日を目指すと混み合うのは必須なため、あえて七五三のお参りの

日にちをずらすのは、今はごく自然の流れになってきています。

スポンサーリンク

七五三のお参りの日 11月15日とは

江戸時代に始まった神事である七五三。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、

子供の成長を祝って神社やお寺に詣でます。

旧暦の11月は、収穫とその実りを神に感謝する月であり、

旧暦の15日は「二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日」)に当たり、

何をするにも吉である日とされました。

ただ、その後は新暦の11月15日に行なわれるよう変化をしてきました。

さらに今では11月に入った大安の休日。

そして、大安ではではないものの、11月の休日の家族の予定の合う日。

12月に入ってから・・・。

など、その家庭の都合に合わせた日にちでお参りする、という判断も大居のです。

 

ちいさな子供のイベントで、大切なこと

七五三や、習い事の発表会などのきちんとした行事でも、

ちょっとしたお出かけやお友達とのお約束などにしても、

1番大切なのは子供の体調です。

たとえ毎日元気いっぱいに過ごしている子供でも、体が小さいぶん、

大人よりも体調の変化が早いのです。

過ぎてしまえばなんてこともないような風邪だったとしても、

「ちょっと具合の悪いのを押して無理矢理に・・・」なんてことは、

子供にさせるわけにはいきません。

まして、人混みの中でいくつもの予定をこなしていくことは、

子供はもちろん、大人も疲労困憊になってしまいますよね。

さらに兄弟が生まれて子供の人数も増えてくれば、

混んでる場所へ無理矢理でかけるのは至難の業なのです。

 

七五三の日にちをずらすアイデア

それを思うと、七五三の混む時期をはずしてのお参りは、

必然とさえ思われます。でも、昔から続いている日本の伝統的な

スポンサーリンク

神事ですから、どうしても11月15日にお参りしたい。

という考えも、もっともですよね。

そこで最近では、お参りする日のほかに、思い出に残るように

写真撮影をする日をさらに分けてしまうスタイルも増えてきています。

1番おすすめなのは、春先から初夏にかけての時期です。

小さな子供は、普段とは違う着物を着て不自由なうえ、

熱さ寒さに対応しにくいため、ちょうど良い気候のときに

写真撮影の日をもうけます。あとで、七五三の写真を見返したときに、

子供ののびのびした写真を見ると、日にちをずらして

正解だったと思うはずです。

 

まとめ

もともと七五三という名称も、実際にはそれぞれの年齢で行う

別々の異なった行事であったものが、本来のそれぞれの神事の内容は薄れ、

同じ行事のように変わってきたものだそうです。

そのため、現在でも地方によっては、年齢によって祝う内容が

異なるものもあるそうです。

江戸時代に始まった神事は、少しづつ時代とともに変化しています。

行事にはそのような側面があって、その時々に歴史を振り返り重んじながらも、

無理がなく、みんながよりよい行事として心にに残るような配慮が大切ですよね。

11月の都合のつきやすい休日の他にも、気候のよい春先から、

さらには暑い時期を避けて12月に入ってしまってからなど、

今は日にちのずらし方も多様化しています。

子供の成長をお祝いして、楽しい時間をいっぱい過ごせるような、

イベントにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑