ドライブしながら紅葉を楽しめるニセコパノラマライン!

公開日: 

紅葉の有名なスポットは全国にありますが、その中でも、ドライブしながら

山々の紅葉を楽しむことが出来るスポットとして有名なのが

ニセコパノラマラインです。美しい紅葉の中をドライブするのは

とても気分がよく日頃の嫌なことも吹き飛ばしてくれますよ。

ぜひ、一度紅葉の季節におでかけしてみてください。

スポンサーリンク

ニセコパノラマラインの魅力

ニセコパノラマラインとは、北海道道66号線のニセコと

岩内町の間のことを指します。ニセコパノラマラインの紅葉の見頃は

9月下旬から10月上旬くらいまでです。

紅葉の季節になると山々が美しい黄色や赤色などに色づき、まるで別の世界、

物語の世界に来たような錯覚を起こすほどの絶景が楽しめます。

バイクでのツーリングなどにも最適です。恋人同士でデートをするにも

おすすめのスポットです。安全運転でこの絶景を楽しみましょう。

 

ニセコで一番美しいと言われる場所

ニセコで必ず訪れておきたいのが、神仙沼です。神仙沼も紅葉の季節に

なると多くの観光客などで賑わう人気スポットです。

ニセコの中で一番美しいと言われています。赤エゾマツが有名で神仙沼の

水面に映る姿はとても神秘的な光景です。紅葉の季節には、神仙沼の遊歩道を

散策してみるとよいでしょう。遊歩道が整備されていて、

歩きやすくなっています。沼の周りの見事な色のコントラストは

まさに美しいという表現がぴったりで、どこか不思議な感じがする場所です。

神仙沼には展望台もありますので、そこから日本海や町全体を

見渡すことが出来ます。天気の良い日には非常に景色がよいです。

駐車場から神仙沼までは歩いて約20分です。

神仙沼の他にも、大沼や長沼、シャクナゲ沼などがありますので、

時間があればそちらも合わせて散策してみるとよいでしょう。

 

アクセス・周辺情報・お土産

ニセコへのアクセスは、電車を利用する場合札幌駅から、

ニセコ駅までは約2時間15分です。函館駅からだと、

ニセコ駅までは札幌駅から小樽駅まで約45分。

小樽からニセコは約90分で着きます。

 

車を利用する場合、札幌から国道230号を経由してニセコまで約120分です。

小樽市からは国道5号・国道393号を経由してニセコまで約100分です。

函館市からは国道5号を経由してニセコまで約180分です。

 

ニセコの周辺には、多くの温泉が存在しています。日帰りで入浴することが

スポンサーリンク

出来る温泉施設が多いのでおすすめです。JRニセコ駅前にある日帰り温泉が

おすすめです。大人500円で、入ることが出来ます。神経痛や筋肉痛、

関節痛などに効能があります。ニセコ湯めぐりパスも販売されています。

このパスは1枚で最大4施設の温泉に入ることが出来ます。

1人で楽しむのもよいですし、家族や、恋人と温泉に入ると気持ちがよいですよ。

旅の疲れや日頃の疲れを取ってから家に帰るとよいでしょう。

 

それから、やはり気になるのがお土産ですよね。ニセコに来たらぜひ購入して

頂きたくなるのが、ニセコ髙橋牧場のロールケーキやシュークリームです。

自然の素材を生かして新鮮な牛乳を使って作られている商品なので、

とても美味しくお土産に最適です。普段スーパーやコンビニなどでは

味わうことが出来ない美味しさを体感してください。

 

まとめ

ニセコパノラマラインは、ドライブやツーリングなどをしながら

紅葉を楽しむことが出来るスポットです。デートなどにも最適です。

また、神仙沼はとても神秘的で不思議な場所です。紅葉の季節には、

神仙沼の遊歩道を散策してみるのもよいでしょう。遊歩道も整備されているので

歩きやすいです。天気の良い日に散策されることをおすすめします。

大自然の美しい景色を堪能してください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑