産後の抜け毛を防ぎたい!抜け毛の対策や予防方法とは?

公開日: 

産後の抜け毛って、厄介ですよね。長い妊娠期間を終えて、

まさに命がけで出産し、その後はすぐに昼夜関係のない寝不足の日々・・・。

そんな壮絶な日々にさらに追い討ちをかけるように、

「抜け毛」が始まります。

 

シャンプーの後、排水溝に貯まった髪の毛を見てゾッとした経験を持つ

ママさんは多いです。このまま髪の毛がなくなってしまうのでは・・・?!

と恐ろしくなったりします。

 

では産後の抜け毛を防ぐには、どうしたら良いのでしょうか?

 

産後の抜け毛が起こる原因と、抜け毛が終わるまで

産後の抜け毛は、産後すぐに女性ホルモンが減少するために起こります。

女性ホルモンは髪の毛の維持に役立っています。妊娠中は女性ホルモンが

増加するため、抜け毛どころかむしろ毛深くなるのが一般的です。

しかし産後に女性ホルモンはほぼゼロに近い状態まで減少してしまいます。

その女性ホルモンの減少に加え、育児での寝不足、ストレスなど様々な要因も

一気に重なってきて、それが「抜け毛」へ結果的に繫がっていくのです。

 

産後2~3ヶ月は大量に髪の毛が抜けますが、

その後は徐々に元の状態に戻ってきます。

つまり抜け毛が少なくなって、普段通りの抜け毛の量へと戻ります。

 

しかし、その人の生活や環境、ストレス度数などによっても変わってきますので

一概には言えません。けれどどんなに遅くても産後6~12ヶ月で

戻ると思っておいて間違えはないでしょう。

 

抜け毛を止めるための対策とは

産後の抜け毛は、特に異常なことではなく出産を経験したママさんになら

誰にでも起こり得ることです。ママさんの7割が産後の抜け毛を

経験しているというデータもあるのです。

ですので特に気にして心配するようなことでもないのですが、

あえて対策を取るとしたら、きちんとした栄養のある食事、良質の睡眠、

規則正しい生活などを心がけましょう。慣れない育児でストレスも

あると思いますが、周囲に協力を求めたりしてできる限り

ストレスの減少を意識することも重要です。

 

また、産後の抜け毛専用の育毛剤や、シャンプーなども発売されているので、

それを購入して利用しているというママさんもいます。

抜け毛を止めるサプリなども発売されてはいますが、

特に授乳中のママさんですと体内に取り入れるものに対して

神経質になっているので、結局悩んだ末に専用の育毛剤を買った

などの結果になることが多いようです。

 

また、頭皮マッサージも効果的です。産後は骨盤が緩んでいる状態です。

スポンサーリンク

骨盤が緩いと、体全体の血の巡りを悪くします。

それに比例して、頭皮の血行も悪くなっています。

髪を洗う際に、シャンプーのついでに頭皮を指の腹でマッサージしましょう。

 

薄くなってきたときの、おすすめの髪型

全体的に髪が少なくなってしまった場合は、ゆるふわなパーマを

かけても良いでしょう。女性らしさも出ますし、気分までパッと華やぐはずです。

あるいはいっそのこと、ショートカットにして

ツンツン気味にさせてもお洒落です。

 

生え際が気になるときは、その生え際を他の場所から持ってきた毛で

カバーしてください。たとえば頭頂部の分け目が薄く地肌が見えてしまう・・・

というときは、分け目を変えてみてその部分をカバーしましょう。

 

まとめ

産後の抜け毛というのは、ママさんなら誰もが経験するものです。

このままの量が抜け続けたらどうしようと恐ろしく思えますが、

いつのまにか止まっているものです。育児に奔走しすぎて、

「自分が抜け毛で悩んでいたことなんて、いつのまにか忘れていた」という

ママさんさえいます。抜け毛の時期には限りがあるので、

その時期ならではの髪型を工夫して楽しみながら乗り切ってくださいね。

ストレスを貯めず、時には周囲の力も借りて、産後生活を楽しめたら良いですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑