風邪の季節!まずは乾燥対策が決め手

公開日: 

寒い冬がやってきて、空気が乾燥するようになると、インフルエンザなど

のさまざまなタイプの風邪が、一気に増えてきます。

風邪には、ウイルス性の風邪と細菌性の風邪があり、インフルエンザを

始めとする多くの風邪は、ウイルス性の風邪と呼ばれるものです。

 

風邪のウイルスは、低い温度と乾燥を好むので、毎年冬になると、

さまざまなタイプの風邪が猛威をふるうようになります。

 

細菌性の風邪には、抗生物質が大変よく効くのですが、

ウイルス性の風邪そのものをやっつける薬というものはありません。

そのため、ほとんどの風邪は、人が自分自身の体の免疫力をあげて、

ウイルスが弱まっていくのを待つことになります。

そこで、まずは乾燥対策をして、風邪の侵入を遠ざけることが、

1番重要なことになるのです。

スポンサーリンク

 

乾燥対策には、まずうがい!

 

ウイルス感染の予防に、手洗いが大変有効なのはよく知られていますね。

うがいはその手洗いと同じか、それ以上に重要だと言われています。

確かに、コップをいつも持ち歩いているわけではないので、どうしても、

うがいは手洗いよりも頻度が落ちてしまうかもしれません。

でも、お仕事やお出かけで人ごみに入る以上、空気中のウイルスが

入ってしまうのは、ある程度仕方のないことです。

そこで、そのウイルスが喉にとどまらないようにすることが大切になるのです。

紅茶やお茶(出がらしでも良いです)をいつでも持ち歩くようにして、

1時間に1,2度くらいは、喉を潤すようにします。

もちろん、うがいのチャンスができたら、お水、できればお茶や紅茶や塩などの

入った水で、うがいをするようにすれば良いですね。

 

やっぱりマスクは役に立つ!

今は、立体に作られたマスクや、素材のよいマスクを家に忘れてきたとしても、

簡易のマスクがコンビニなどにも売っていますよね。

ウイルス予防だけでなく、マスクは自分の息によって、

喉の乾燥を防ぐ力もあるのです。

また、こどもには慣れないと息苦しく感じてしまったりして難しいことが

多いのですが、睡眠時ときのマスクはとても有効です。

1度眠りにつけば、何時間もの間水分を口にすることがないため、

起きているとき以上に、マスクによる保湿の効果が発揮されるのです。

自分自身や家族が風邪をひいてしまったときには、感染予防のため、

家族みんながマスクをすると、かなり広がりを防ぐことができますよ。

 

お部屋を加湿することも大切

もしも、湿度を調節できる加湿器があれば、50パーセントくらいを

スポンサーリンク

保つのが理想だそうです。

あまりにも湿度が高いと、カビなどを発生させてしまう心配もあるからです。

でも、そういった最新のものがなくても、昔ながらの方法で、少しでも乾燥を

防ぐように意識するだけで、お部屋の状態はだいぶ変わります。

たとえば、お湯の入ったヤカンをストーブのうえに置いておく。

眠るときには、濡れたバスタオルなど、乾きにくいものを頭の近くにかけておくなど、

こまめにできることを習慣づけると良いですね。

 

まとめ

風邪のウイルスは、寒さと乾燥によって、冬の間にどんどん広がっていきます。

まずは、乾燥に注意して、ウイルスを自分の体に寄せつけないことが

1番の方法です。

そのほかにも、ウイルスの侵入を防ぐビタミンAや、風邪の回復を早める

ビタミンCなどをたくさん摂るようにしたり、

事あるごとの手洗いを徹底することが大切です。

また、体を冷やさないようにして、バランスのとれた消化の良い食事を意識し、

栄養をしっかり取りましょう。

ふだんよりも睡眠を多くとるようにするなど、ウイルスに対する抵抗が

できるように、体を整えておくことが必要なのです。

風邪のウイルスが、猛威をふるう前に、自分自身や家族のためにも、

乾燥対策を万全にして、ウイルスに負けない体を作って、

冬を過ごせるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑