おしゃれで虫よけ効果もある!良いことだらけの観葉植物

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暖かい季節になると、虫が出てきて家の中に入ったりするので、とても厄介です。

そんな時は、虫よけの効果がある観葉植物を育ててみてはいかがでしょうか。

嫌な虫が寄ってこなくなって、しかも部屋のインテリアにも最適な植物を紹介します。

殺虫剤も使わなくなるので、妊婦さんや小さいお子様、

ペットがいるご家庭でも安心ですよ!

スポンサーリンク

 

香りも良いペパーミント

スーッとした清涼感ある香りが特徴のペパーミントは、

育てやすいことでも知られているハーブの一種。

歯磨き粉、ガム、スイーツの彩り、ハーブティー、

アロマオイルなどあらゆるものに多用されています。

また、ペパーミントの独特な香りは虫よけや、

消臭剤としての役割もあり、かなりの優れもの。

室内で栽培しているのも良いですが、葉を摘み、

お湯で煮出したものをスプレーすれば、

虫よけにもなるし、生ごみを入れるゴミ箱に

ふきかければ臭い消しにも使えますよ!

繁殖力も強く、初心者でも簡単に育てることが出来ますよ。

 

料理にも使えるローズマリー

アロマテラピーでもよく使われるローズマリーの香りにも、

虫よけ効果があります。

ポプリにしたり、煮出した水を吹きかければ虫が寄って来なくなるでしょう。

また、乾燥させたローズマリーをクローゼットに入れておくと、

服の虫食いも防いでくれます。

他にも、ローズマリーは肉料理の風味付けにも使えるので、

キッチンに置いておくと、何かと役に立つかもしれません。

 

虫の成長を阻害するニーム

ニームとは、東南アジアに生えている樹木で、薬や精油にも用いられます。

主に鉢植えで販売されており、白くて可愛らしい花を咲かせ、

ジャスミンを思わせる甘い香りが特徴。

このニームには、アザティラクチンという成分が含まれており、

虫よけ効果があります。

しかも虫を寄せ付けないだけではなく、

虫の卵の孵化そして成長までも阻害するのだとか。

このニームの成分は、ゴキブリにも効果があり、

寄せ付けないのと同時に、増殖を防いでくれるのです。

是非ともキッチンに置きたい植物ですね。

ちなみに、ニームの精油でも同じ効果があるので、

鉢植えを置けない場所でも活用できます。

 

可愛い見た目の白花虫除菊

白花虫除菊(しろばなむしよけぎく)は、

スポンサーリンク

蚊取り線香の材料にも使われており、除虫菊とも呼ばれます。

殺虫成分を含んでいますが、見た目はカモミールに似た白くて

可愛らしい花を咲かせるので、観賞用にもおすすめです。

ただし育てるのに手間がかかるので、ガーデニング初心者には少々大変かもしれません。

 

蚊除けになるゼラニウム

ピンクや赤、白などの花を咲かせ、

ヨーロッパでも虫よけとして窓際などに飾られることが多いハーブの一種です。

ゼラニウムの香りには、シトロネールという成分を有しており、

これが蚊を寄せ付けない働きをしてくれます。

蚊には嫌なにおいですが、人間にとっては好まれるバラに似た香りで、

バスソルトやアロマグッズにも使われるほど。

特に蚊に悩まされている方におすすめの植物です。

窓際や玄関に置いて、蚊が家の中に入らないようにしましょう。

 

まとめ

暑くなると、誰しもが特に悩まされるのが蚊ではないでしょうか。

蚊取り線香を付けたいけれど、赤ちゃんやペットが心配で

我慢している、というご家庭もあるはずです。

でも今回紹介した植物ならば、飾ったり、煮出して使えば体にも優しくて、

そして香りも良い、安全な虫よけになるのです。

是非お部屋でおしゃれに飾って、その虫よけ効果を実感してください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑