子供に合った本はどれ?年齢別の絵本の選び方

公開日: 

子供に読み聞かせをすることで、知識を身につけたり、言葉を学ばせたり、

喜怒哀楽の感情を豊かにすることができます。早い方だと、赤ちゃんが

お腹の中にいる頃から読み聞かせを始めています。

子供が絵本に興味を持ち始める時期は様々ですが、絵本を読み聞かせる環境を

作っておくと自然と子供が絵本に興味を持ちやすくなります。

そこで今回は、月齢に合った絵本の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

0・1・2歳にオススメの絵本

0歳~1歳児にオススメの本は絵がわかりやすい(はっきりしている)絵本です。

書いてある文章にはあまりこだわらなくて良いでしょう。

0歳児用の絵本は色彩が豊かで、短調な文章の繰り返しなので、

「本当に赤ちゃんにとって良いのだろうか?」と思ってしまいます。

カラフルな絵を見ることで視覚的に刺激になりますし、繰り返す言葉の

リズムは赤ちゃんにとってはとても心地良いです。

 

1歳児への絵本は赤ちゃんの身の回りのものを描いた絵本を取り入れると

良いでしょう。例えば、食べ物、乗り物、動物などです。

また、親子で遊びを楽しめる絵本もおススメです。

絵本の中でキャラクターを探したり、言葉のリズム遊びができる本を

選ぶと親子で楽しめます。

 

2歳児にオススメの絵本は生活の内容が書かれているものです。

例えば、食事、トイレ、歯磨き、お風呂、お出かけなどです。

絵本を通して生活のルールを教えることで、実生活の躾と

リンクしやすくなります。

簡単なストーリーを理解できる歳なので、絵と文字がぴったり合っている

物語絵本もおススメです。

 

3・4歳にオススメの絵本

3歳児にオススメの絵本は子供の経験や体験と共通性のあるものや、

子供の興味のある内容の絵本を選ぶと、より本に興味を持ってくれます。

言葉やフレーズが繰り返される昔話のような、耳で聞く物語は物語の世界観を

イメージしやすいので想像力を育むことができます。

 

4歳児にオススメの絵本は、子供の好きな動物や乗り物が登場する

少し長めの絵本です。そして、季節や行事に関係するお話もおススメです。

定番の昔話も4歳頃から理解できるようになります。

主人公の気持ちになって一緒にドキドキしたり、笑ったり、

悲しんだり豊かな感性が育ちます。

 

5・6歳にオススメの絵本

5歳児にオススメの絵本は、絵が少ないお話や長めのお話です。

絵がなくても本の世界観をイメージすることができるようになる歳なので、

幅広いジャンルの本を読み聞かせてあげてください。

スポンサーリンク

5歳になると文字を読める子も増えてきますが、読み聞かせは継続してください。

そして、図鑑などを一緒に見る・読むこともおススメです。

自分で調べる力がつくので、動物・魚・花・乗り物など子供の興味がある

図鑑を用意してあげましょう。

 

6歳児にオススメの絵本は、シリーズものや冒険ものです。絵本から児童書へと

少しずつステップアップしていきましょう。6歳になるとほとんどの子供が

字を読めるようになってきて、自分で本を読む機会も増えてきます。

文字を読む楽しみと絵本を読む楽しみは別のことなので、

引き続き読み聞かせを行っていきましょう。

 

まとめ

「読み聞かせは○歳で終わり」という基準はありません。

小学校高学年でも子供にねだられたら読み聞かせをしてあげてください。

子供が「自分で読みたい」という意思をはっきり示したら、

読み聞かせを卒業するタイミングだと考えると良いかもしれません。

 

読み聞かせをすることで、子供が自然と本に親しむことができます。

これは子供だけではなく親にとっても良いことです。最近は子供のことよりも

自分のことを優先してしまう親も増えてきています。

「寝る前は読み聞かせの時間にする」と決めることで、

その時間は親子の絆を深めることができる大切な時間になります。

 

上記で年齢に合ったオススメの本をご紹介しましたが、

必ずしも年齢に合った本を毎回読む必要はありません。

子供のリクエストする絵本を読んであげてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑