余った香水や瓶の活用法&香水の捨て方とは?

公開日: 

香水って意外と最後まで使い切れませんよね。好きな香りだけど、

だんだん使う機会が減ってきて余らせてしまうという方は多いのでは

ないでしょうか。今回は余った香水を有効活用したいという方に

オススメの方法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

ルームフレグランスとして使う

余った香水を使って部屋を良い香りにする方法が3つあります。

まずは、香水をルームフレグランスとして使う方法をご紹介します。

方法はとても簡単です。香水の瓶の金具とポンプ部分を取り外して、

竹串を数本入れるだけです。注意することは、竹串の長さです。

竹串が長いと瓶が倒れてしまうので長さを調節してから瓶に差し込んでください。

 

植物を育てるときに使えるジェリーボールをご存知ですか?

100円均一ショップなどで手に入るのですが、小さい丸いボール型をしており

水を吸収させると膨らみます。これを使ってルームフレグランスを

作ることができます。

 

作り方は水でふくらませたジェリーボールを容器に入れ、そこへ香水を

吹きつけるだけです。定期的にジェリーボールに水を加えたり、

香水を吹き付ける必要があります。見た目がとても可愛いので、

ぜひお試しください。

 

加湿器をお持ちの方は、アロマポットに香水を入れると部屋が潤うと

同時に良い香りが部屋中に広がります。

ただし、加湿器によっては香水やアロマを使用できないものがあるので

注意してください。

 

掃除や洗濯のときに使う

香水は掃除や洗濯のときにも使うことができます。まずは掃除です。

空きスプレーに水と香水を入れて香水スプレーを作ってください。

床掃除のときにこのスプレーを吹き付けながら掃除をしましょう。

香水の中にはアルコールが入っているので、きちんと掃除にも役立ちます。

 

洗濯のときに使用する場合には、最後のすすぎのときに香水を2,3滴

入れてください。あまり入れすぎるとシミになるので注意しましょう。

寝具を洗濯するときに使うことをオススメします。

 

お風呂で使う方法

香水をお風呂で使うこともおススメです。香水をお風呂で使う方法は2つあります。

まずは浴槽に垂らす方法です。浴槽に2,3滴垂らすだけなので、

とても簡単なのですぐに実践できます。

 

次は、浴室に吹き付ける方法です。2,3回吹き付けるだけで、

浴室がいい香りに包まれます。その日の気分で香りを変えると、

バスタイムを楽しめます。

 

いつもの持ち物に香りを付ける

普段持ち歩くものに吹き付ける方法もあります。例えば、バッグ、帽子、

コート、ハンカチ、ティッシュ、マスクなどです。

スポンサーリンク

また、プレゼントを贈る際に、プレゼントを入れる箱に香水を吹きつけたり、

手紙に吹き付けるという方法もあります。

 

香水は人によって苦手な場合があるので、自分以外の人に使うときには

使用する量に気をつけてください。

また、食品の近くではできるだけ使用しないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?香水の活用法をいくつかご紹介しました。

ですが、もし香水の香り自体が嫌になった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

その場合には、フリマサイトやオークションサイトで販売してみましょう。

使用後の香水でも購入したいという方は一定数います。

特に限定のもの、ハイブランドの香水は人気です。

 

香水を捨てる場合には、そのまま排水口に流してはいけません。

排水口にそのまま流すとしばらく香水の香りが取れません。

香水を捨てる方法は簡単です。小さいポリ袋にキッチンペーパーを数枚入れて、

そこに香水を入れてください。袋を閉じたら密閉袋に入れてチャックをしてください。

ゴミは燃えるゴミとして出してください。

 

香水の瓶は捨てても良いのですが、オシャレな瓶でしたら一輪挿しとして使う方法もあります。

また、歯ブラシ立てやアロマディフューザーとして再活用することもできます。

小さい瓶でしたら、ネックレスやキーホルダーにリメイクすると可愛いですよ。

瓶をリメイクするときには、破損して怪我をしないように注意してください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑