これで完璧!お歳暮の基本的マナーとNGマナー

公開日: 

お歳暮を贈る季節になると、どんなものをいつまでに贈れば良いのかなど

悩んでしまいますよね。そこで今回は、お歳暮を贈る際のマナーや

気になることについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

お歳暮の基本的なマナー

そもそもお歳暮とはどういうものなのでしょうか?

お歳暮とは、もともとは年末という意味の言葉です。

毎年、年の暮れになると、その年にお世話になった方に贈り物を持ってまわる

習慣がありました。これを歳暮回りといい、やがて贈答品そのものをお歳暮と

呼ぶようになったのです。

 

では次に、お歳暮の基本的なルールについてお話します。

お歳暮は12月初旬から25日までに贈るのが一般的です。

年末は配送が混み合う時期なので、できるだけ早く準備をしておくと良いでしょう。

では、贈るタイミングを逃してしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

その場合には、年内にお歳暮を贈ることができなかったお詫びとともに

「御年賀」や「寒中御伺」として2月4日までに贈りましょう。

また、喪中の場合にも寒中見舞いとして贈るようにしましょう。

 

お歳暮は日頃お世話になっている方に贈ります。

ですが、会社の上司や学校の先生に贈ることはNGというケースが増えてきました。

しかし、これは贈る相手との関係性によるので、贈るかどうかは

個人の判断によるものが大きいです。

 

お歳暮の相場は5千円です。親や友人には3千円くらいのものを贈っている

という方が多いです。取引先や義父母には5千円くらいのものを贈ると

良いでしょう。

 

お歳暮を贈られた場合には同額程度のお礼の品か、お歳暮を贈ると良いです。

電話か手紙でお礼の気持ちを伝えることも忘れずに。

 

お歳暮を贈る際に気になること

お歳暮は毎年贈らなければいけないのでしょうか?お歳暮は基本的に継続して

贈るのが原則。しかし、疎遠になった場合は無理をして贈る必要はありません。

その場合には、急に連絡を絶つことは避け、年賀状など季節の挨拶だけに

するなど徐々に負担を軽くしていきましょう。

 

お歳暮とお中元は必ず両方贈らなければいけないのでしょうか?

これは、必ずしも両方贈らなければいけないというわけではありません。

お歳暮には一年分の感謝の気持ちを表すものなので、どちらか一方だけに

したい場合にはお歳暮にしましょう。

 

お歳暮を贈る際のNGマナー

お歳暮を贈る際に気をつけなければいけないことがあります。

まずは、贈ってはいけないものです。贈ってはいけないものは、

スポンサーリンク

靴下や下着など身につけるものです。これは贈る相手に対して踏みつける、

みすぼらしい格好をしているという意味で受け取られてしまうからです。

 

また、はさみや刃物もNGです。これは相手との縁を切るという意味に

取られてしまうからです。手作りの品、絵画、インテリアなど好みが

分かれるものも避けてください。

 

現金やギフトカタログも贈る相手との関係性によってはNGとなります。

これはお金に困っていると取られてしまうからです。

ですが、親しい間柄の場合には、お互いに気にしないということで、

喜んで受け取ってもらえます。

 

そして贈る相手の苦手なものを贈ることもやめましょう。

お歳暮ギフトの定番であるビールも、お酒を飲まない方にとっては

迷惑なギフトになりえます。お菓子やスイーツを贈るときには、

「4」「9」など縁起の悪い数字にならないように気をつけましょう。

 

まとめ

お歳暮を贈るときにはいくつか気を付けなければいけないことがあります。

ですが、時代の流れとともに、昔はNGダメだったものも今はOKとなっている

ものもあります。ですが、特に目上の方に贈る際には注意が必要です。

贈る品、贈る時期などを早めにチェックしておきましょう。

 

お歳暮は年に一度の感謝の気持ちを伝える素晴らしい慣習です。

あまりお歳暮を贈ったことがないという方も、普段なかなか感謝の気持ちを

伝えることができない方や親しい友人にギフト感覚で贈ってみませんか?

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑