年賀状で結婚報告はアリ!?関係を崩壊させないための方法

公開日: 

通常、結婚報告はがきは、入籍・結婚式後の1~2ヶ月以内に出すのが

基本的なマナーです。ですが、何かと忙しくてタイミングを逃してしまった

という方もいらっしゃると思います。

そんなとき、年賀状で結婚を報告するのは失礼にあたるのでしょうか?

スポンサーリンク

年賀状で結婚報告をしても良い!?

結論から申し上げると、年賀状で結婚の報告をするのは失礼にあたりません。

暑中見舞いや寒中見舞いで報告するのも大丈夫。ただし、結婚報告をする際に

いくつか気をつけた方が良いことがあるのでご紹介します。

 

年賀状で結婚報告するのは失礼にあたらないと申しましたが、上司に年賀状で

結婚報告するのは失礼にあたります。ビジネスの場でお会いする方には、

年賀状で報告しないようにしましょう。

 

年賀状で結婚報告をするのは「友人まで」が原則です。友人といっても、

結婚式に参列してくれた方、事情があって参列できなかった方、

結婚式には招待できなかったけどお祝いをくれた方など様々な

ケースがあります。しばらく連絡をとっていなかった友人もいるでしょう。

いずれのケースでも、年賀状なら当たり障りなく伝えることが可能です。

 

具体的にどのような年賀状にすればいい?

ではもっと具体的に見ていきましょう。結婚式に参列してくれた友人には

結婚報告ができたということで、年賀状でわざわざ報告しないという方も

いらっしゃるでしょう。ですが、改めて参列してくれた事へお礼を

述べたいときには、年賀状でその旨を書きましょう。

その時には参列してくれた方全員に同じ文面で差し出すのではなく、

文章を変えたり一言書き添えると良いです。

 

遠方や仕事などの事情で結婚式に参列できなかった方へ年賀状で結婚報告する

場合には、結婚式の写真を載せると良いです。結婚式の写真を載せることで、

二人の晴れ姿を見せることができます。

 

結婚式には招待していないけどお祝いをくださった方の場合は、

手書きのお礼メッセージを添えるようにしましょう。

 

年賀状しかお付き合いがない方は、相手との関係性によって写真入り・無しの

デザインを使い分けて、結婚の報告をしてください。

 

ほとんどお付き合いのない方、形式的に年賀状を出しているという間柄の

方には結婚の報告をしなくても大丈夫です。その理由は、結婚の報告を

することでお祝いの催促をしているように思われるからです。

 

いくつかのパターンをご紹介しましたが、どのパターンにも当てはまることが

スポンサーリンク

独身者への年賀状です。年賀状で結婚の報告をする際、独身者への

年賀はがきには二人の仲睦まじい写真は嫌がらせと思われることが多いです。

できるだけシンプルな写真にしたり、結婚式の参列のお礼など、

質素なものにすると良いでしょう。

 

まとめ

最後に、気をつけなければいけないことが喪中の場合です。喪中の場合には

12月までに喪中はがきを出してください。そして寒中見舞いで結婚の

報告をしてください。その際には「○月○日に結婚しました。

これからもどうぞよろしくお願い致します」と書くと良いでしょう。

年末に身内に不幸が起きた場合には、喪中はがきは不要で、寒中見舞いで

結婚報告をしてください。

 

また、縁起の悪い言葉にも気をつけなければいけません。

例えば、「昨年」の代わりに「旧年」を使用すること。

このほかにも、「失う」「倒れる」「滅びる」「破れる」「枯れる」などの

言葉は使用しないようにするか言い換えてください。

 

年賀状で結婚の報告をするときには、気をつけなければいけないことが

いくつかあります。年賀状を送る相手に不快な思いをさせないように

するためには、相手の立場に立ってみること、感謝の気持ちを表すことです。

たくさんの方に年賀状+結婚報告をするのは一苦労ですが、

一言手書きて添えてあるだけでも受け取る側の気持ちは変わってきます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑