【高齢者・赤ちゃん】冬の入浴で注意すべきポイントとは

公開日: 

お風呂に入ると心も体もスッキリしてリフレッシュできます。

ですが、年間1万4000 人が入浴中に事故死しています。特に11月~3月の

寒い季節に事故が増加します。冬の入浴はどんな点に気をつければ

良いのでしょうか?また対処法についてご紹介していきます。

 

ヒートショックの原因&対処法(入浴前の準備)

入浴中の事故の一番の原因は、急激な温度の変化(ヒートショック)です。

お湯と浴室の温度差が大きいと体に負担がかかってしまいます。

特に高齢の方、高血圧の方は注意が必要です。また、入浴前にアルコールを

飲んでいる方も気をつけてください。

 

ヒートショックを予防するための方法がいくつかあるのでご紹介します。

まずは、浴室や脱衣所の温度を上げることです。服を脱ぐ前にヒーターで

脱衣所を温めましょう。これは寒さを感じると血圧が上がってしまうからです。

服を脱ぐ前と脱いだ後の気温差が少なくなるように心がけましょう。

 

浴室暖房がある場合には浴室暖房を使用してください。浴室暖房がない場合は、

壁にお湯をかけたり、浴槽に蓋をせずにお湯をためるなど、浴室内が蒸気で

暖かくなるようにしましょう。

 

お風呂の温度は38~41℃に設定してください。お湯が熱すぎると血圧変動や

心臓への負担が大きくなり、体に負担をかけてしまいます。

また、熱いお湯に浸かると皮膚表面の血流量が大幅に増え、脳や心臓などへ

回る血流量が急激に少なくなり、動脈硬化が進んでいる方にとっては

大きなリスクになります。

 

熱いお湯に入らないとお風呂に入った気がしないという方もいらっしゃると

思いますが、体にとってはかなりの負担になりますのでご注意ください。

 

ヒートショック対処法(入浴編)

入浴前後には水分補給をしましょう。水分を摂るときには白湯や常温の水が

良いです。量はコップ1杯ほどで大丈夫です。入浴前に飲む場合には入浴

15分前に飲むと、体への負担を軽減させることができます。

 

お風呂に入る時間は基本的にいつでも構いませんが、朝は避けてください。

朝は起きたばかりで血圧や脈拍の調整がうまくいきません。

そこで熱いお湯や水圧がかかると心臓などへの負担が大きくなるのです。

温泉旅行のときでも、朝風呂は避けましょう。

 

お風呂はお湯を手足からかけ始めて肩、背中へとかけて徐々にお湯の熱さに

体をならしてください。湯船に浸かるときには、肩まで浸かるより

みぞおちくらいまでの半身浴にすると心臓への負担を軽減させることができます。

お風呂に浸かる時間は5分くらいが良いです。

 

お風呂から上がるときには、足先にさっと冷たい水をかけましょう。

スポンサーリンク

これにより血管を収縮させて熱を閉じ込め、温かさを保つことができます。

お風呂上がりにすぐパジャマを着ると汗をかいて冷えてしまうので、

バスローブを着ることをオススメします。バスローブは湯冷めしませんし

保温効果もあるので、1着持っていると便利です。

 

赤ちゃんとの入浴で気をつけること

冬の入浴は高齢者の方だけ気をつければ良いというわけではありません。

赤ちゃんや幼児も上で紹介したように、入浴前後に水を飲ませたり、

脱衣所を温めたり、入浴時間を短くするなどの工夫が必要です。

お風呂の温度も38~40℃くらいで設定してください。

 

冬に赤ちゃんと入浴する場合には、大人が体を洗い終わってから赤ちゃんを

洗ってください。大人が体を洗っている間は、赤ちゃんの体が冷えないように

タオルでくるんで脱衣所に待機させるか、バスチェアなどに座らせて

一緒に浴室に入っておきましょう。

 

入浴後は赤ちゃんの体をすぐに拭いて、ベビーローションやクリームを塗って

服を着せてあげてください。そして、白湯やほうじ茶などを

飲ませてあげましょう。

 

まとめ

冬の入浴は気をつけなければいけないことが多いですが、慣れてしまえば

負担になりません。高血圧などではなく年齢的に入浴が負担になっていない方も、

今から気をつけておくと安心です。高齢の方や小さいお子さんのいるご家庭は、

冬の入浴に気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑