すぐにできる!面倒な網戸掃除が簡単になる3つの方法

公開日: 

掃除しないといけないと思いつつもなかなか掃除をしない網戸。

網戸って意外と汚れているんですよね。網戸は内側と外側からの汚れに

常にさらされているので、想像以上に汚れています。

 

内側からの汚れは油煙、タバコのヤニ、綿ぼこり、外側からの汚れは排気ガス、

土ぼこり、花粉などです。これらの汚れを放置していると、汚れが落ち難く

なるので、定期的に掃除することをオススメします。

 

定期的に掃除をするなら簡単なほうがいいですよね。

そこで今回は網戸の簡単な掃除方法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

フロアワイパーを使った掃除方法

まず1つ目はフロアワイパーを使った掃除方法です。

用意するものは、ウェットタイプのフローリング用シートとフロアワイパー

だけです。フロアワイパーにウェットタイプのシートを取り付けてください。

 

まずは室内側から掃除します。網戸を拭く方向は上から下です。

拭くときには網戸が外れないように優しく拭いてください。

室内側が終わったら外側を同じように拭きましょう。拭き終わったら、

フロアワイパーからシートを外して、サッシなど細かい部分を拭いてください。

 

フロアワイパーを使う際のコツは、手持ちの部分を一番短い状態にして掃除を

することです。こうすることで、操作しやすく丁寧に掃除することができます。

 

掃除機を使った掃除方法

次にご紹介するのは、掃除機と新聞紙を使った掃除方法です。

用意するものは掃除機、新聞紙、使い古した歯ブラシです。

 

まずは新聞紙を室内側にテープで貼ってください。

次に、外側から掃除機でホコリを吸います。終わったら新聞紙を外して、

室内側から掃除機をかけてください。最後に掃除機で吸い取れなかった汚れを

歯ブラシでこすり落としてください。仕上げに、網戸周辺のゴミを掃除機で

吸えば完了です。

 

掃除機を使って網戸掃除をするメリットは、普段の掃除の延長で網戸掃除が

できることです。また吸引力があるので楽に掃除をすることができます。

 

ストッキングを使った掃除方法

最後に紹介するのは、ストッキングを使った掃除方法です。

用意するものは使い古した(伝線した)ストッキング、新聞紙、石鹸水スプレー、

ぞうきん、スポンジです。

 

この掃除方法は下準備があります。まずは石鹸水を作ります。

石鹸水はスプレーボトルにボディソープとぬるま湯を少量入れて、

振れば完成です。

 

ストッキングは団子状にして使います。ストッキングは片足分だけ使うので、

スポンサーリンク

ハサミでカットしてつま先からくるくるまとめて、最後は裏返してかぶせたら

完成です。

 

では掃除方法をご紹介します。まずは、室内側に新聞紙を貼ってください。

外側の網戸を先程作ったストッキング団子でホコリを払い落としていきます。

上から下の順番でやってください。

 

次に、新聞紙を貼ったままで、石鹸水スプレーを網戸全体に噴霧します。

汚れが浮いてきたら新聞紙を外して、スポンジと固く絞ったぞうきんで網戸を

はさんで上から下へとスライドさせてください。

 

この掃除のポイントはスポンジとぞうきんを使う際に、網戸の汚れをぞうきんに

押し付けるようにすることです。少々面倒な掃除方法ですが、しばらく網戸掃除を

していなかったために汚れがなかなか落ちない!という網戸掃除にピッタリです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は網戸掃除を簡単にできる方法を3つご紹介しました。

基本的に家にあるものでできる掃除方法ばかりなので、すぐに実践できます。

100円ショップやホームセンターに行くと簡単に網戸掃除ができるグッズが

販売されているので、そちらを利用するのも良いでしょう。

 

網戸掃除は晴れの日に行うよりも、曇りの日や雨の日に行うと良いです。

天気の悪い日は湿度が高いので汚れが浮きやすくなるからです。

風の強い日は危険ですし、網戸のホコリが部屋に入ってくるので避けましょう。

網戸掃除を定期的に行って、キレイな空気を室内に取り入れましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑