【簡単】拭き跡が気にならない!所要時間5分の窓掃除方法

公開日: 

窓掃除って簡単そうで難しいですよね。窓は汚れが目立たないから年に

1度しか掃除しない、という方も多いのではないでしょうか。

ただ窓を拭くだけでは、拭き跡が残るので余計に汚れて見えることも。

そこで今回は、拭き跡を意識した簡単な窓掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スクイージーを使った掃除方法

拭き跡がないオススメの窓掃除法が3つあります。

まずは、スクイージーを使った掃除方法です。スクイージーとはT字型になった

窓掃除アイテムです。スクイージーは100円ショップやホームセンターで

購入することができます。

 

用意するものはスクイージー、窓ガラス用洗剤(食器用洗剤を50倍に薄めたもの)、

ぞうきん、新聞紙です。

 

まず、洗剤で床が汚れないように新聞紙を窓に沿わせて置きましょう。

次に窓ガラス用洗剤を「Z」を書くように吹き付けてください。

吹き付けた洗剤が窓全体に行き渡るように、スクイージーで伸ばしてください。

 

伸ばし終わったら、上から下へ向かってスクイージーで洗剤を切っていきます。

この時のポイントは、スクイージーを少し傾けることです。

傾けることで洗剤の切れが良くなります。窓全体の洗剤をスクイージーで

切ったら、最後に下の方に残った洗剤を、スクイージーを横にして切ってください。

 

上手にできれば拭き跡は残りませんが、拭き跡が残った場合にはぞうきんで

拭いてください。乾いた雑巾だとあまりキレイにならないので、少しだけ洗剤を

つけて拭きましょう。最後にぞうきんで窓の下の部分を拭けば完了です。

 

新聞紙を使った掃除方法

軽度の汚れにおすすめなのが新聞紙を使った掃除法です。

用意するものは、新聞紙だけです。

 

新聞紙を丸めてこぶし大にしてください。その新聞紙を水で湿らせます。

濡れた新聞紙で窓を拭いてください。全体を拭き終わったら乾いた

新聞紙で乾拭きしましょう。

 

新聞紙を使った掃除法は洗剤を使わないので、小さいお子さんがいる

ご家庭にオススメしたい掃除法です。新聞紙のインクはツヤ出し効果、

くもり防止、汚れ防止効果があるのでぜひお試しください。

 

掃除しにくい窓の掃除方法

掃除ができない場所にある窓の掃除をする時におすすめなのが、

フロアワイパーです。用意するものはフロアワイパーと窓ふき用シート、

通常の床ふきシートです。

 

窓ふき用シートをフロアワイパーに取り付けて、窓を拭きます。

窓ふき用なので拭き跡が残りにくくなっていますが、もし拭き跡が

スポンサーリンク

気になるようであれば、仕上げに通常の床ふき用のシートを付け替えて、

乾拭きしてください。

 

高い位置に窓がある場合には、落ちないように気をつけて掃除してくださいね。

 

窓枠の掃除方法

窓枠(レール)の掃除は、レールの幅に合わせてカットしたスポンジ、

使い古した歯ブラシを使いましょう。掃除する際にはペットボトルに水を入れて、

掃除する箇所を濡らしながら掃除するとキレイに汚れを落とせます。

 

窓枠に頑固なカビがある場合には、塩素系漂白剤がオススメです。

カビにスプレーしたらラップで覆い、しばらく放置したあとに水拭きを

してください。漂白剤を使うときには床に液がつかないように新聞紙やタオルで

カバーしましょう。

 

レール部分は誇りが溜まりやすいので、窓ふき同様定期的に掃除をすることを

オススメします。

 

まとめ

窓掃除は重労働のように思えますが、やってみると意外と短時間でできます。

窓掃除は窓の汚れが見えやすい曇りの日に行うと良いです。

また、午前中に窓掃除をすると、窓を拭き終わったあとに十分に

乾燥させることができます。

 

あまりにもひどい汚れや、掃除しにくい窓を掃除したい場合には

ハウスクリーニング業者に頼むと良いでしょう。窓の場所によっては

掃除しにくいところもあるので、無理のない範囲で掃除を行ってください。

窓がキレイになると気分も明るくなります。定期的に窓掃除をしてみましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑