【汚れ別】洗面ボール・風呂いすの頑固な汚れの落とし方

公開日: 

お風呂の洗面ボールといすの汚れって意外としつこく、ただこするだけでは

なかなか落ちないんですよね。石鹸カスなのか水垢なのかわからない付着物が

ずっと付いているものを、なんとなく使い続けているという方も多いのでは

ないでしょうか。

そこで今回は、洗面ボールと風呂いすの頑固な汚れを落とす方法をご紹介します。

 

汚れの正体と掃除方法

洗面ボールや風呂いすについている汚れは、大きく3つに分けることができます。

汚れの正体のと、汚れの落とし方について説明していきます。

 

・ザラザラした汚れ

ザラザラした汚れの正体は、石鹸カスや皮脂汚れの中に含まれている脂肪酸と、

水道水中のカルシウムが結びついてできるものです。

こすったら落ちそうなのでついゴシゴシやりがちなのですが、強くこすると

洗面ボールや風呂いすに細かい傷がついてそこに湯垢が入り込んで、

もっと落としづらくなります。

 

ザラザラした汚れは、お酢と重曹を合わせたもので落とすことができます。

作り方は簡単です。重曹を少量のお酢で伸ばして、ペースト状にします。

それをザラザラしている部分に塗ってスポンジで軽くこすってください。

なかなか落ちない場合には、ペースト状の重曹を汚れが気になる場所に付けて

放置、その後こすり落としてください。

 

・ピンクの汚れ

洗面ボールや風呂いすの掃除しにくい部分につきやすいピンクの汚れ。

この正体は菌です。この菌は放置しておくと健康を害する危険性があるので、

見つけたら早めに落とすことをオススメします。

また、このピンクの汚れを放っておくと、すぐにカビが発生します。

時間が経てば経つほど落とすのが大変になります。

 

ピンクの汚れを落とすには、エタノールが必要です。エタノールは

ドラッグストアで購入できます。掃除方法は簡単です。エタノールを

キッチンペーパーに含ませて、汚れている部分に付けるだけです。

10秒間あてるだけでピンクの菌は死滅します。10秒後、使い古した歯ブラシ

などでピンクの汚れを軽くこすり落としましょう。

 

・黒カビ

風呂いすの裏側に付着しやすい黒カビ。黒カビは重曹を使って落としましょう。

ぬるま湯1Lに対し大さじ4の重曹をスプレーボトルに入れて使いましょう。

黒カビ部分に重曹水をスプレーして、1時間ほど放置してください。

その後、使い古した歯ブラシでゴシゴシこすればOKです。

 

しつこい黒カビの場合には、重曹を少量の水で混ぜた重曹ペーストを

黒カビ部分に塗り、その上からラップをかぶせて密閉してください。

スポンサーリンク

この方法はお風呂のゴムパッキンにも有効ですので、ぜひお試しください。

 

つけ置き洗いでまとめてキレイに

洗面ボールや風呂いすをもっと楽にキレイにしたい!という方におすすめなのが

つけ置きです。用意するものは重曹だけです。

浴槽にお湯をためて重曹(270gくらい)を入れて重曹水を作ってください。

その中に洗面ボールや風呂いす、お風呂用のおもちゃやシャワーなどを

すべて入れます。半日ほどつけておきましょう。

 

半日経ったら浴槽につけておいたものを取り出し、シャワーで重曹を流して

ください。シャワーだけでは落ちない場合、スポンジなどでこすり落として

ください。

つけ置き洗いをする際に注意していただきたいことは、つけおき中に子供や

ペットがお風呂に入らないようにすることです。お風呂のドアにロックを

することをオススメします。また、換気もしておきましょう。

 

まとめ

お風呂は掃除する場所が多いので、洗面ボールやお風呂いすの掃除が

おろそかになりがちです。しかし、洗面ボールや風呂いすは肌に

触れるものなので、いつも清潔にしておきましょう。

強力な洗剤もありますが、重曹やエタノールを使えばコスパも良いですし、

気軽に使用できます。小さいお子さんがいるご家庭も安心して使えますよね。

 

洗面ボールや風呂いすの頑固な汚れでお悩みの方は、ぜひ汚れ別の

掃除方法をお試しください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑