栄養が豊富で調味料としても大活躍!梅酢の作り方と使い方

公開日:  最終更新日:2017/06/12

皆さんは梅酢というものをご存じでしょうか?

高い栄養価をもっていて、体に良くて、

しかも色んな料理に使えるんですよ!

今回はそんな梅酢に含まれる栄養素から、

梅酢を使ったレシピまでを紹介します。

スポンサーリンク

 

梅酢とはどんなもの?

そもそも、梅酢とはどういったものなのでしょうか。

梅酢というのは、梅を塩漬けにしたときに出てくる水分のことで、

白梅酢と、赤紫蘇を加えてから出てくる赤梅酢の二つがあります。

酢という字が付いていますが、米酢などの醸造酢とは異なり、

酢酸発酵していません。

そのため酢酸菌は入っておりませんが、代わりにクエン酸、

リンゴ酸、ポリフェノールなど、体に良い成分を含んでいるのです。

 

栄養がたっぷりで健康的な梅酢

まず、梅酢に含まれているクエン酸には、

食べたものを中性脂肪として残さないようにする作用があるのです。

他にも疲労回復、食欲増進だったり、肝機能の働きも改善させます。

骨粗しょう症になるリスクも低下させたり、

老廃物を体から排出するデトックスの効果も持っているなど、

優れた栄養素を梅酢は持っているのです。

また梅酢を摂ると、体内に善玉物質が増加して、

血糖値の下げるインスリンにも効果をもたらすので、

糖尿病予防にもなるでしょう。

更に、梅リグナンという成分が入っており、

これは胃炎や十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌の活動を抑えるので、

胃へのダメージを減らし、胃がんを防ぐことも出来るのです。

しかも殺菌効果が高いので、水で薄めた梅酢でうがいをすれば、

風邪の予防にもなり、またポリフェノールも豊富に含有しているので、

インフルエンザの抑制にも効果が期待されています。。

 

梅酢の作り方

梅酢のすごさが分かったところで、次に梅酢の作り方を説明します。

 

・白梅酢の材料

梅2㎏

粗塩360g

焼酎1/2カップ

 

・レシピ

梅を一粒ずつ水でよく洗って、一晩ほどアク抜きのために水に漬けておきます。

翌日、梅の水気を切ったらヘタを取り除き、ポリ袋に入れて焼酎を注いでください。

スポンサーリンク

そして粗塩の2/3分量も加えたら、よくかき混ぜましょう。

漬物用の容器に、梅の入ったポリ袋と、残った粗塩を入れます。

容器の内側には焼酎を吹き付けておいてください。

落としぶたと4~5㎏ほどの重しをのせ、ラップもしくはビニールで覆います。

更にその上から布か新聞紙で覆い隠し、

冷暗所に置いて10日ほど漬け込みましょう。

毎日朝と晩には、上の梅と下の梅の場所を入れ替えて、

満遍なく浸かるようにします。この時に、

カビが生えていないかも確認しましょう。

10日後には白梅酢が出てきているので、半分に重しを減らしておいてください。

これで白梅酢が完成するので、料理などにも使うことが出来ますよ。

 

・赤梅酢の材料

赤紫蘇200g

粗塩40g

・レシピ

紫蘇を水洗いしてよく水気を切ります。

ポリ袋に適量の粗塩と紫蘇を入れて揉み、アク抜きをしてください。

残った塩も加えて更によく揉みましょう。

漬けてある梅から、1カップ程の白梅酢を取り出します。

ボウルに白梅酢と紫蘇を入れて、再びよく揉みます。

白梅酢が赤くなってきたら、漬けてある梅の上に広げ、

また元通りにラップや新聞紙で大手置きましょう。

そして梅からまた出てきた水分が、紫蘇によって赤みを帯びてくるので、

赤梅酢としてお使いいただけます。

 

梅酢の活用方法

梅酢は色んな料理に使うことが出来ます。

例えば、キュウリやナス、大根などを小さく薄く切って、

梅酢を少しかけてよく揉んでおけば、簡単に梅酢漬けが完成。

オリーブオイルやごま油と混ぜれば、ドレッシングとしても使えます。

また、酢の物や、アジやサバなどの魚をしめるのにも活用できるし、

納豆や冷奴にかけても美味しいので、とても便利です。

はちみつを混ぜて炭酸で割れば、とっても体に良い梅酢サイダーも作れますよ!

是非、色々試してみてくださいね。

 

まとめ

梅酢は健康的だし、料理に幅広く活用できるので、とてもありがたいですね。

暑い時期でも、梅酢を使えば料理がさっぱり美味しく

食べられるのではないでしょうか。

皆さんもご家庭で梅酢を作って、料理や風邪予防に役立ててみてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑