赤ちゃん連れで帰省する際のママのバッグの中身は何が必要?

公開日: 

赤ちゃんを育児中のお母さんお父さん、お子さんと一緒に

旅行したことはありますか?帰省や旅行など泊りがけのお出かけは

慣れるまでは何かと不安ですよね。

我が家は年子の男兄弟がいるのですが、赤ちゃん時代から帰省や

2泊ほどの旅行など子供と一緒によくお出かけしました。

赤ちゃんと外泊する際の荷物について、我が家の持ち物をご紹介します。

 

赤ちゃんと外泊する際は何が必要なの?

旅行の際の子供用持ち物ですが、

 

・オムツ

・お尻ふき

・オムツ用のごみ袋

 

・離乳食

・粉ミルク

・哺乳瓶

・哺乳瓶の消毒せっと

・ミルクのお湯用水筒

・食器洗い洗剤とスポンジ

 

・食べ物を刻む用のハサミ

・紙コップ

・使い捨てのスプーンやフォーク

・ストロー

・使い捨て、またはビニール製のお食事エプロン

 

・タオル

・ティッシュ

・子供たちの服

・お気に入りのおもちゃ

・母子手帳、保険証、医療証

 

旅行に絶対に持っていくのは以上の物でしょうか。

完全母乳で育てているお母さんならミルク関係はいりませんね。

帰省の場合は哺乳瓶用の洗剤やスポンジ、タオルやティッシュなどは

持っていかなくてすみますし、オムツ、離乳食、紙コップやスプーン類、

ストローなども行き返りの移動中の分だけ持ち、後は実家にある物を

使ったり、近くで購入すればいいかと思います。

 

・オムツについて

帰省、または少し長い旅行の場合、オムツはかさばるので現地調達が

おすすめです。年子で二人ともオムツの期間は本当に大量のオムツが

必要ですよね。旅行の場合はどこでオムツが購入できるのか、

西松屋や赤ちゃん本舗、ベビザラスなどの赤ちゃん用品店、

ドラッグストアなどの場所を調べてから行くと安心です。

地域によっては閉店時間が早いこともあるので要注意です。

オムツを荷物として持っていく場合、大きめのジップロックなどに

1日分ずつ入れておくと楽です。私の場合、2泊3日だとしたら、

マザーズバッグに(1日目の日中分)、スーツケースに(夜寝る時2日分)

(2日目の日中分)(3日目の日中分)というように、4袋に分けて

持っていきます。ホテルで子供2人の面倒を見ながら、今日は何枚オムツ

持って出かけたらいいか考えなくてすむので、おすすめの方法です。

 

・ゴミ袋

オムツ用のゴミ袋ですが、我が家の場合は100均で売っている、

箱入りのポリ袋を持っていきます。小さな子供がいるとティッシュで

口を拭いたり手を拭いたり、オムツ以外にも結構ゴミが出ますし、

食事中にこぼして服がびしょびしょ、オムツから漏れて服が汚れた、

などビニール袋が活躍するシーンは多いものです。

荷物をできるだけ小さくしたい時には、持っていきたい分のポリ袋を

箱から出し、半分に畳んだ状態で折り目を下にしてジップロックに

入れます。ジップロックの下部にマスキングテープなどを張って、

テープの上から取り出し口の切込みを入れます。こうすると箱よりも

ぺったんこの状態で持ち運べるのでおすすめですよ。

 

・粉ミルク

粉ミルクを持っていく場合キューブ型のものが便利ですが、

我が家の場合、下の子がキューブ型のミルクを飲むと必ず便秘に

なってしまう体質だったので、毎回粉を持ち歩いていました。

ミルクもメーカーや種類によって、体調に変化がでることがあるので、

いつもと違うミルクを持っていく時は家で飲ませてみてからが安心です。

スティックタイプのミルクが使える場合は衛生的で便利なので

おすすめですが、1回に飲む量がスティック1本分より多かったり

少なかったりする時期もありますよね。そういった時は缶を

持っていき、外出中の分を1回分ずつに分けて持っていくと良いです。

 

我が家では普段は大きな缶を購入していますが旅行用には小さな缶を

持っていきます。粉ミルクを1回分ずつ持ち歩く方法ですが、

旅行など荷物を極力コンパクトにしたい場合は、使い捨ての袋タイプが

おすすめです。私は普段はプラスチックの3段重ねのミルカーを

使用していますが、3回分より多く持ち歩きたい、荷物を小さく

したい時にはミルク専用の小分け袋を使用します。ジップロックの

ようなタイプや、上からミルクを入れてシールで封をし、

開封時は下部の点線から切って開けるタイプなどがありますが、

私は切って開けられるタイプの方が好きです。

不器用なせいか、ジッパーのところにミルクがたまって残って

しまったり、それを出そうとすると飛び散ってしまうのが苦手なので、

同じような方がいたら点線から切って開封するタイプがおすすめです。

 

・哺乳瓶の消毒セット

帰省、または電子レンジが自由に使えるホテルの場合は、電子レンジで

消毒できるセットを持っていきます。電子レンジが使えない場合は、

大きめのジップロックと錠剤タイプの哺乳瓶の消毒剤を持っていきます。

 

・ミルクのお湯、水筒などについて

ミルクを作るには熱湯と湯冷ましの両方が必要ですよね。

帰省でも旅行でも家やホテルにいる間はいいのですが、そこから外出と

なるとお湯をどうやって持っていくかが問題になります。

外出先、それも慣れない場所初めての場所ではできるだけ手早く簡単に

ミルクを作りたいですよね。

私の場合、日帰りのお出かけでには熱湯を入れた水筒と赤ちゃん用の

そのまま飲ませられるペットボトル入りの水(和光堂の赤ちゃん用の水など)

を持っていきます。

旅行で赤ちゃん用の水を何本も持っていけなかったり現地で調達

できない場合は、熱湯入りの水筒と湯冷ましを入れた状態の哺乳瓶を

持っていきます。ミルクを作る際は湯冷ましの入った哺乳瓶にミルクを入れ、

よく振って溶かしてから熱湯を足し、また振って溶かします。

全て熱湯で作って冷ますのは時間がかかりすぎますし、熱湯と湯冷ましと

スポンサーリンク

水筒を2本持っていくのも大変です。哺乳瓶に湯冷ましを入れていけば

湯冷まし水筒はいりませんし、素早くミルクが作れるので飛行機や

新幹線内でミルクを作る時にもおすすめです。

最近ではレストランやカフェ、お店の赤ちゃん休憩室などでミルク用の

熱湯がもらえることもあるので、上手に活用したいですね。

 

・離乳食

帰省であれば移動中に食べる分だけ持っていきます。

旅行の場合は、離乳食を用意してもらえるホテルも多いので事前に

確認すると良いです。3回食の場合、お昼ご飯の分は持っていくか

現地で買うかになりますが、行先によって買うのか、家から持っていく

のか決めるといいでしょう。我が家の場合、旅先用の離乳食は、

主食からおかずまで1食分まとめて箱に入っているものを、

よく持っていきます。

 

・お食事関連の持ち物について

お食事エプロンは紙製の使い捨てか、簡単に洗って乾かせるビニール製が

おすすめです。小さい子2人ですと1回の食事で2枚使うので、洗濯が必要な

布タイプでは予備が大量に必要でかさばります。

紙コップ、使い捨てのスプーン類は外で食事をとる際に便利です。

紙コップがあれば、レトルトパウチの離乳食を食べさせたり、

大人のお弁当から柔らかいものを取り分けて刻んであげたりするのに、

お皿代わりに使用し捨てて帰れるので便利です。

離乳食の、食べ物を刻む用のハサミですが、年子の場合は刻むのと潰すのが、

一つの道具で出来るタイプがおすすめです。上の子は小さめに切るだけで

食べられるけれど、下の子は潰したほうが食べやすい等、二人とも離乳食

だけど進み具合が違う、という時期が年子の場合は長いので、切れるし

刻めるし潰せる、というタイプが便利だと思います。

また潰す道具を忘れた時には、清潔なポリ袋などに入れて潰すことも

できますが、レストランなどで透明の袋に入れて手でもみ潰すのは

ちょっと人目が気になるので、紙コップに入れてもみ潰すという

手もあります。

 

長時間移動のマザーズバッグの中身

車で移動する場合は車内に色々積み込めるのであまり心配いりませんが、

飛行機、新幹線の場合はどこに何を入れていくか迷いますよね。

私は飛行機に乗る時が特に悩みます。機内で使いたいものを、手荷物に

預けてしまったら大変ですし、機内持ち込みの荷物も頭上の荷物入れに

入れたらいつでも取り出せる訳ではないので、毎回ドキドキです。

 

飛行機の場合何をどんな風に持つか、年子を持つ私の場合を

紹介したいと思います。荷物は斜めがけの小さめのショルダーバッグと

リュックの二つに分けて持ちます。

ショルダーバッグは斜めがけにしたまま着席したいので、

大きめのポーチ位の物にします。大きめの鞄だと頭上か前の座席の下に、

と言われてしまいますが、オムツや哺乳瓶がギリギリ入る位のサイズなら

今まで下ろすように言われたことは無いです。

ショルダーには、1枚ずつポリ袋に入れたオムツを1人1枚

(オムツ替えの後、汚れたオムツをそのポリ袋に入れて密封するため)、

お尻ふき、ゴミ入れ用のポリ袋1枚、

上の子の「ラムネや飴、小さなパックのジュース」、

下の子の「適温よりちょっと熱い位のお湯を入れた哺乳瓶、

1回分の粉ミルク」、タオル、ティッシュを入れています。

飲み物や飴類は離陸時の耳抜き用に飲ませたいので必ずショルダーバッグ

に入れます。搭乗時におもちゃを1人1つ持たせて、私は薄い大きめの

ストールを巻いていきます。(着席サインが出ていて毛布がもらえない間に

子供が寒がったら、おくるみにするためです)

リュックには予備のオムツとポリ袋、他のおもちゃ、子供と私の着替え、

着陸の耳抜き用に上の子は小さな紙パック飲料、下の子は哺乳瓶と

粉ミルク(お湯は客室乗務員の方に言えばもらえます)を入れて、

なるべく前席の椅子の下へ入れます。

我が家の場合は、この荷物で機内で困ったことは無いのでどなたかの

参考になればと思います。

新幹線や電車の方が自由に動けるので飛行機ほど心配はいりませんね。

 

まとめ

赤ちゃんや幼児を連れての旅行は色々と大変ですし持ち物も大人より

多いですよね。ましてや年子となると大きい赤ちゃんと小さい赤ちゃんを

連れているようなものなので、荷物の種類がとても多いですし、

当然量も多いです。ですが普段と違う体験をさせてあげたり、

いつもと違う景色を見せてあげたり、旅ならではの体験はその大変さを

上回ることかと思います。年子をかかえての荷造りはとても大変ですが、

旅行中の負担が減るように持ち物や詰め方を工夫して、素敵な思い出を

作れたらいいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑