肌だけじゃなく髪も忘れずに!紫外線を浴びた髪のケア方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏は紫外線が特に強くるので、肌が日焼けしないか気になりますよね。

でも、肌だけではなく、髪も紫外線によるダメージを受けているんです。

そのままにしておくと、どんどん髪が傷んでしまうので、

早めに対策とケアをしていきましょう。

髪のUVダメージ防止と、ケアの方法を紹介しますので、
ぜひ参考になさってください!

スポンサーリンク

 

紫外線を浴びると髪はどうなる?

肌は日焼け止めなどを塗って、しっかり対策をする方も多いですね。

でもつい忘れがちなのが髪のUVカット。

対策をしないまま、夏の強い日光を浴び続けていると、

髪はなんと肌の約5倍ものダメージを受けてしまうのです!

すると髪のキューティクルが剥がれて乾燥してしまい、

枝毛や切れ毛が多くなってきます。

また髪の毛内部の色素も分解されていき、髪は赤茶に退色して、

見た目にもよろしくないパサついて傷んでいってしまうのです。

そして、紫外線は髪の毛のみならず、頭皮にもダメージを与えます。

紫外線を日々浴びてしまった頭皮は、細胞が破壊される恐れもあり、

そうなってくると、毛が抜け落ちたり、白髪が増えてくることも考えられます。

髪と頭皮、両方もきちんと紫外線対策をしていきましょう。

 

髪の紫外線対策

肌に日焼け止めを塗るように、髪にもUVカット効果のあるスプレーなどを使って、

コーティングしておけば、紫外線によるダメージを防ぐことが出来ます。

おすすめはUVカットの成分を含んだ洗い流さないトリートメントを使うこと。

紫外線から守るだけでなく、髪の潤いやツヤも保てますよ。

また、帽子を被ったり、日傘を差すことも効果的。

この方法だと、頭皮のダメージも防げますね。

もし、帽子や日傘もない場合でしたら、髪が長い方はまとめるだけでも、

ダメージを受ける範囲を少なく出来ますよ。

 

もし日焼けしてしまったら

気を付けていても、日焼けをしてしまうことはどうしてもあるはず。

そんな時でも、しっかりケアをすれば、ダメージを食い止められます。

入浴時にはシャンプーの後、トリートメントをして頭皮もマッサージしましょう。

髪の一本一本にトリートメントが行き渡るように、よく馴染ませてください。

また、トリートメントをつてたら、
蒸しタオルで頭を包み込んで数分おいてから流しましょう。

そうすると髪の内部まで成分が浸透するので、潤ってきますよ。

スポンサーリンク

もし頭皮もダメージを受けてヒリヒリと痛んできたら、

髪を乾かした後に低刺激の化粧水を付けて、クールダウンさせましょう。

 

髪に良い物を食べてケアしよう

トリートメントして外側からダメージを修復する他に、

髪の毛に良い栄養を摂って体の内側からもケアすると良いですよ。

代表的な食べ物はわかめや昆布などの海藻類ですが、他にも卵であったり、

いんげんや大豆などといった豆類、黒ゴマ、サーモンやカキ、

緑黄色野菜、鶏肉やヨーグルトなども摂ると、より効果的です。

良質なたんぱく質をはじめ、バランスのとれた栄養のある食べ物で、

頭皮の健康と髪のツヤを取り戻しましょう!

また、ビタミンCやビタミンE、

そしてβカロテンが豊富に含まれているものを食べると、

紫外線から髪を守ることが出来ますよ。

 

まとめ

肌の紫外線対策を念入りにしていると、ついつい髪のケアを忘れてしまいがち。

ですが、ずっと美しい髪を保っていくためにも、

夏のお出掛けの際は特に気を付けましょう。

髪も肌と同じように紫外線を防いで、もし日焼けした場合も、

早めにケアすることでダメージから守ることが出来るのです。

うるうるサラサラな髪で夏を楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑