食器洗いが楽になる?自分と自然にやさしいちょっとしたコツ

公開日: 

「食器洗い」って食事を食べてお腹が満たされているから、

なかなか気持ちが乗らない、億劫な家事の一つですよね。

食器洗いを少しでも短く、気持ちよくすますにはいくつかポイントが

あります。

今回は4つのポイントにしぼってご紹介します。

 

使った食器をどこに置く?食器を仕分けよう!

食後、使った食器をシンクにおいてみると一瞬でシンクが一杯に。

もうそれを見ただけでお腹いっぱいで幸せになった気持ちがげんなり、

幻滅してしまいます。

そこで、食べ終わってキッチンに運んできた食器は、仕分けて

置いてみましょう。

 

使い終わったお皿の汚れは、汚れが軽いものから、お米・イモ類の

乾くとこびりつく汚れ、ソースや油汚れなどがあります。

仕分け方はその汚れの種類、お皿のかたちで分けます。

コップなどのガラス類、漆器、お茶碗、平皿、深皿、カトラリーと

素材やかたちで仕分け、汚れの少ないものから食器洗いに取りかかれる

ように置きます。

 

仕分けることでシンクの中の洗う食器がコンパクトに見え、ごちゃごちゃ

に山のように置かれるより俄然、やる気が湧き出ます。

また仕分けられているので洗い物の順番も自然とつけやすくなります。

 

まずは仕分けて、見た目からやる気をおこし、洗いやすさを作って

みましょう。

 

洗ったものを置くスペース

シンクいっぱいに食器を仕分けてしまうと、洗ったあとの石鹸のついた

食器を置く場所がなくなってしまいます。仕分けて置く際、シンクの中に

すすぐ前の泡のついた洗った物を置く空きスペースも作っておきましょう。

仕分けた食器ごとに洗い上げていくと新たなスペースも空くので仕分けた

順にスムーズに洗うことができます。

 

ちょっと待って、洗う前準備!

シンクから流れる汚れや洗剤が行き着き先は海です。

この海をきれいにするにはたくさんの水が必要となります。

まず汚れをお皿からシンクに広げず、シンクから海へ汚れを流さず、

できるだけ自然に優しく食器洗いをしたいですね。

そのために食器を仕分ける際、キッチンペーパーや使い古したTシャツ、

ゴムヘラなどを使って残菜や油を拭き取っておくと、お皿の汚れがシンクや

食器の裏など汚れてないところへ広げずにすみます。

 

洗う前に汚れを拭き取ることで食器に残る汚れが減り、使う洗剤の量を

減らすことができます。そして洗剤を使った時に泡立ちもよくなり、

汚れが落ちやすくなり、少しでも時短となります。

 

汚れの拭き取りは、比較的きれいな食器から汚れの強い食器へと順番を

つけておくと、無駄に汚れを広げることなく、またより少ない

キッチンペーパー、布で拭き取ることができます。

勿論、ゴムヘラについた汚れもキッチンペーパーや布で拭き取り、

ゴミ箱へ捨てましょう。

 

使ったキッチンペーパーや野菜クズも

いらなくなったTシャツや布を切り分け、キッチンにストックして

食器の汚れを拭き取るのに使うのも良いですが、食材を包んだり

ちょっとした汚れを拭いたキッチンペーパーをすぐに捨てず横に

置いといて、食器の汚れを拭いてから捨てたり、また料理するときに

出た捨てる野菜くずなどもヘラがわりに使って汚れをとるのに

使うこともできます。

 

こびりついた汚れは

お茶碗や調理器具についたカチカチになりやすいものは乾く前に

拭き取ります。もし乾いてしまったり、元々こびりついている時は

少し水につけておき、洗いやすくしておきましょう。

 

フリカエリ

・食べた食器は汚れ具合と食器の形で仕分けよう

・仕分ける時に食器の汚れを拭き取ろう

 

ちょっと戻って

ここで食事を食べる前までさかのぼります。

食事ができた、さぁ食べよう!という時、使った調理器具が

シンクにいっぱい、ということがありますよね。

美味しい食べ物を目の前に片付けるのは面倒、と思わず

思ってしまいます。

汚れの落ち具合からすれば熱いうちに汚れをとしてしまった方が

汚れは落ちやすく、ここは我慢、調理器具を片付けちゃいましょう!と

言いたいところ。

 

でも時には温かいうちに美味しく食べたい、という時も

あってよしです。

そんな時、食後に食器を置くスペースを確保して、調理器具を

同じように材質や汚れ具合で分け、洗剤を少しいれた水につけて

食後に一緒に洗います。

食後に洗う量は増えますが、仕分けや置くスペースが出来ていれば

それほど手間にはなりません。

その時々の気持ちに無理なく使い分け、気持ちよく食器洗い

向き合いましょう。

できた料理を美味しく、きれいに食べて、洗う手間も

減らしちゃうのも一つのコツ!

 

いざ!洗おう。洗う時の順番

食器の仕分け、拭き取りができて、いざ!洗おうとなった時、

手前にあるものから闇雲に洗うと、途中で泡立ちが悪くなり

余計な洗剤が必要となります。

 

せっかく仕分けたのですからまず、汚れの少ないコップなどのガラス、

調理器具であればザルなどから洗い、徐々に汚れの多いもの、

最後に油汚れがついているものを洗います。

 

例えば

コップ類→漆器類→カトラリー→平皿、深皿→調理器具

スポンサーリンク

 

洗い上げたものは仕分けた時に空けておいたシンクの空きスペースに

おきます。洗ったものをそのままおいていいの?とも思えますが、

先ほど食器の汚れを拭き取って仕分けたのでシンクには汚れは

広がっていませんのでそのまま置いて大丈夫です。

 

洗い上げたものを最後にいっぺんにすすぎます。食器を汚れ具合で

洗う順番を決めたように、汚れの少ないものから汚れが強いものの

順番ですすぎ洗いをします。

いっぺんにすすぐことで水の出し締めが減り、短い時間ですすぎ、

また節水にもなります。

 

途中で洗い物を置くスペースがなくなったら?

一旦、洗い上げたものからすすぎをはじめて大丈夫です。

すすいだ後はすすいで水切りかごへ移動した食器の分のスペースが

確保されますので、残った洗い上げたものを置いていきましょう。

 

これはすすぎカゴがいっぱいになった時も同じで、いっぱいに

なったら水切りかごの食器を拭き上げ水切りかごのスペースを確保します。

 

いっぺんにできない分時間がかかりますが、ある程度まとめて

作業を進めれば、それほど作業効率には影響されません。

 

 

すすぎ洗いをした後、しっかり水切りをしよう

 

さっぱりした食器を水切りかごに入れる時、皆さんはそのまま入れますか?

そのまま吹き上げず乾燥させると、綺麗に洗ったはずなのに水垢の

ようなものが残った、乾いたと思ったら水が溜まっていた、

なんてことがありますよね?

なので、水切りかごに入れる前に食器の水分をできるだけとりましょう。

 

水切りかごに入れる前の数秒間、食器の水が出来るだけ切れる向きで

持ちます。コップでしたら飲み口を下にして、お皿なら縦に持って、

高台がついているものは手首を回して残っている水を落とします。

 

もうひとつの片手が次のお皿を拾う短い時間でも十分です。

そのまま置くより数段、すすぎ水が落ちます。

割れないように気をつけて軽く振るのも手です。

 

このひと手間で、水が残りにくく、吹き上げも楽になります。

ただし、振りすぎて落としたりぶつけたりして食器を割らないように

気をつけくださいね。

 

すきまをつくって

食器はぴったり重ねず少し隙間を設けると水と風の通り道ができて

水切りが早くなります。

 

水よりお湯を使って

ガラス製品など水滴あとを少しでも残したくない時、お湯を使うと

水ですすぐより早く水切れできます。

 

洗い桶は必要?

洗い桶はお皿の汚れをふやかしたり、洗う食器を洗い桶の中に収めて

汚れをシンクに広げずにすみ、使い勝手が良いですよね。

 

反面、洗い桶はシンクの中で大きなスペースをとり、洗い物が

終わった後にもシンクにあるか、別に収納が必要となります。

また洗い桶自身洗う必要があります。

 

洗い桶が必要な時は調理に使ったボールやお鍋を洗い桶の代わりに

使い、もし洗い桶がなくてもすすぎの時に次にすすぐ食器をすすいでいる

下に置くことですすぎ時間を短縮するのも手です。

 

洗い桶の管理の手間もなくなり、洗い終わった後のシンクは

スッキリ洗って拭き取りやすくなり、また洗い桶の収納の心配も

なくなり気持ちが楽になります。

 

最後にシンクを綺麗に

調理・食器を洗ったシンクは思った以上に汚れています。

食器を洗い終えたあと、使ったシンクを綺麗に洗いましょう。

シンクを洗うことでシンクの汚れを溜め込まずにすみ水アカ、

カビの発生防止できますし、次の調理・食器洗いの時に

スムーズに作業を進めることができます。

 

まとめ

「仕分ける」、「前準備」、「洗う順番」、「しっかり水切り」の4つの

コツをおさえて食器洗いをしますと、お皿からシンクへ汚れが広がらず、

拭き取りで汚れが小さくなっているので結局、食器洗いの時短を作り出し、

そしてシンクからつながる海の水の汚れも少なくなります。

 

食器洗いは毎日あるからこそ、汚れをコンパクトにまとめて自然に優しく、

時短で自分に優しくして、気持ちよい毎日を過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑