お寿司以外にも幅広く使える!寿司酢の色んな活用方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暑くなると、酸味の効いたさっぱりしたものが食べたくなりませんか?

酢の物やちらし寿司などは定番ですが、

実は寿司酢は色んな料理に使えるんですよ!

その活用方法を紹介しますので、

ぜひご家庭で作ってみて、ご家族にも喜んでもらいましょう。

スポンサーリンク

 

そもそも寿司酢とは

寿司酢は、穀物酢に砂糖や塩で味付けしてあるものです。

主に酢飯を作る時に使いますが、

酢の物やドレッシングにも活用できる調味料なので、あると何かと便利でしょう。

 

寿司酢を料理に使うと…

お酢にはクエン酸やアミノ酸が含まれており、

これらの成分は脂肪の燃焼を助けてくれる、

内臓脂肪を減らしてくれるなど、ダイエット効果もあります。

疲労回復や、便秘の解消にも繋がるし、

血糖値の上昇も抑えてくれるので、

料理にお酢を使うということは、とても健康的なのです。

しかも、食欲が減る夏場でもさっぱりと食べられるし、

食材も傷みにくくなるので、熱い時期にはぴったりな調味料といえるでしょう。

 

色んな料理に使えるドレッシング

ではまず、寿司酢を使ったドレッシングを紹介します。

寿司酢に対して同量のオリーブオイルを加え、塩コショウで味を調えてください。

すると、たったそれだけで美味しいドレッシングになるので、

サラダやマリネなどにお使いいただけます。

肉料理にかけてもさっぱりと食べられますよ。

また、寿司酢大さじ2とごま油大さじ1を加え、

醤油を少々入れて混ぜると中華風ドレッシングが出来るので、

春雨サラダなどにいかがでしょうか。

みじん切りの玉ねぎを混ぜたり、レモン汁を加えても美味しくなるので、

色々アレンジして作ってみるのも良いかもしれませんね。

 

いつもとひと味違うポテトサラダ

実はポテトサラダに寿司酢を入れると、本格的でとっても美味しくなるんです!

しかも寿司酢を入れることにより、

コクが増すのでマヨネーズの量も抑えられて、カロリーも低くなりますよ。

ジャガイモが熱いうちに寿司酢とコショウを入れて混ぜ、

冷めたらマヨネーズで合えると美味しく出来上がります。

ちなみに、マカロニサラダにも同じように寿司酢を使ってみるのもおすすめです。

ただし、入れ過ぎには注意しましょう。

 

日持ちが出来るピクルスやマリネ

ニンジンやキュウリ、セロリ、玉ねぎなどを食べやすい大きさに切ります。

密閉できるフタ付きビンに、寿司酢と水を1:3の割合で注ぎ、

スポンサーリンク

そこに先ほど切った野菜を漬けておきます。2~3日冷蔵庫に入れておけば、

ピクルスが簡単に出来るので、付け合わせやおつまみなどにいかがでしょうか。

マリネ液を作る場合は、寿司酢とサラダ油(オリーブオイルでもOK)

を2:1で混ぜてください。

お好みの野菜やきのこ、魚介類を漬け込んでおけばマリネが完成。

一週間ほどもつので、作り置きも出来るので便利ですよ。

 

さっぱり美味しい煮物

お酢を使った料理で人気なのが、煮物ではないでしょうか。

おすすめなのが、鶏肉と大根、ゆで卵のさっぱり煮です。

照りも出て、後味もさっぱり美味しく食べられます。

鶏肉は手羽元を使っても良いですし、

さんまやサバで煮物を作っても、臭みが取れてしかも骨まで柔らかくなりますよ。

 

胸肉の漬け焼き

食べやすい大きさにカットした鶏の胸肉を、

寿司酢、醤油、砂糖に30分ほど漬けてから焼くだけ。

するとパサパサしがちな胸肉が柔らかく食べやすくなりますよ。

お弁当にも使えるので、こちらもおすすめです。

 

まとめ

酢飯や酢の物を作るだけでなく、寿司酢には色んな使い方があったのですね。

しかも調味料の合わせ方によって、

和洋中どれでも応用できるので、かなり使いやすいのではないでしょうか。

どれもさっぱり美味しく食べられるので、

食欲がなくなってしまった時でも色々と活用してみてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑