もう汗染みを気にしない!夏の厄介な脇汗を対策しよう

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暑い時期になると困るのが、脇の汗染みではないでしょうか。

見た目にも暑苦しいし、お気に入りの服がシミになるかもしれないし、

女性は特に恥ずかしいですよね。

そんな脇汗に効果的な対策を紹介します。

是非とも試してみて、夏でもお気に入りの服をどんどん着ていきましょう!

スポンサーリンク

 

脇汗が出る原因

脇には汗腺が集まっているため、

体温を調節する役割として発汗します。

また、単に気温が暑いというだけでなく、

脇に汗をかくということは、実は精神も関連しているのです。

人間は過度なストレス、不安、緊張を感じると、

脇の汗腺が刺激されて汗が出てしまいます。

そのため、暑さを感じなくてもストレスが溜まっていたり、

上がり症の方は特に、脇汗をかいて服に滲み出てくるのです。

この他にも、肥満気味だったり、運動不足、

そして食生活が乱れていると脇汗の量が増え、

しかも臭いも伴うので注意が必要になってきます。

なるべく、肉など脂の多い料理や、ファストフードなど、

高カロリーの物を控えるようにしましょう。

 

ミョウバンやハッカ油を使う

では、生活習慣以外で脇汗を抑える方法を紹介します。

まずはミョウバンやハッカ油を使ってみましょう。

定番の汗対策ではありますが、使えば肌がひんやりして気持ちいですし、

やはり効果的に汗や細菌の繁殖を抑制するので、非常におすすめです。

スプレーボトルなどにミョウバンと水を入れ、

フタをしてよく振って混ぜます。ミョウバンを完全に溶かすため、

一晩置いておきましょう。

するとミョウバン水が出来るので、脇に噴射して使用します。

ハッカ油も同じようにしてスプレーが出来るので、お好みで作ってみましょう。

注意点として、肌質によっては皮膚がかぶれる可能性もあるので、

最初に脇にパッチテストをしてみると良いでしょう。

ちなみに、脇だけでなく、足の臭いも防ぐことが出来るので、

体臭が気になる方は試してみてください。

 

汗取りパッドで汗染み予防

衣服の脇部分に貼り付けるタイプの汗取りパッドは、

着る時に付けるよりも、前日から貼っておくと剥がれにくくなります。

肌に直接貼る汗取りパッドもありますが、

使用の際は皮膚の蒸れやかぶれに注意しましょう。

パッドは使い捨て以外にも、

洗濯して何度も使うことが出来る布製のものもあるので、

好みに合わせて使用してください。

スポンサーリンク

 

速乾インナーを着る

脇汗対策には、速乾性のあるインナーを着てみるのもおすすめ。

汗を吸収してすぐに蒸発させるため、べた付きはもちろん、

衣服の汗染みは防げるし、抗菌作用もあるので臭いも気にならなくなります。

しかも経済的で、中に着込むだけなので、手軽だし、

肌にも優しいというメリットも多いのです。

汗をよくかく方は、何着か持っているととても便利ですよ。

 

制汗剤で対策する

こちらも定番化した対策ですね。

スプレータイプの制汗剤をはじめ、ロールオンタイプ、

すぐに汗を拭き取れるシートなど、今はどこでも購入できるので、

おすすめします。

ただしロールオンタイプの制汗剤は、

効果が出るまで時間がかかるものあるので、早めに塗っておくと良いでしょう。

制汗剤とは異なりますが、衣類用の防水スプレーを吹きかけておくと、

汗をかいたときに服に滲み出るのを予防できます。

 

まとめ

いくつか脇汗の対策はありますが、

もしどれも試してみても、あまり改善がみられず、

多汗症の疑いがあるのでしたら、皮膚科、

美容形成外科で脇汗治療を受けてみるのも良いかもしれませんね。

ですが、脇汗をかくのは自然なことなので、

あくまで服の汗染みと体臭を抑える、という目的で対策をしていくと良いでしょう。

是非、ご自分に合った対策をして、夏を快適に過ごしてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑