色んな料理に使えて便利!冷やし中華の余ったタレの活用方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

冷やし中華を家で作ると、付属のタレが余ってしまうことがありますね。

そのまま捨てるのも何だかもったいないので、

出来れば別の料理に使いたいものです。

そこで今回は、余った冷やし中華のタレを、

色んな料理に活用できる方法をお教えします!

醤油ダレでもゴマダレでも、

使ってみるとメインのおかずや一品ものにも使えて、

意外と便利なので是非トライしてみましょう。

スポンサーリンク

 

サラダや冷奴にかけて食べる

冷やし中華のタレが余っていたら、副菜にかけて活用してみましょう。

トマトやキュウリ、レタスなどのサラダに、

醤油ダレをそのままかけるだけでも、十分に美味しく食べられます。

醤油ダレは酸味があるので、サラダとの相性は抜群!

春雨や海藻を使ったサラダにかければ、中華風になるのでおすすめです。

冷しゃぶサラダには、冷やし中華のゴマダレをそのままかけても良いでしょう。

更に醤油ダレは、豆腐にもよく合います。

刻んだキュウリとミョウガをのせた冷奴に、

醤油ダレをかけるだけで美味しくなりますよ。

 

チキン南蛮の漬けダレや炒め物に

醤油ダレの程よい酸味を活かして、チキン南蛮の味付けにも使えます。

揚げたての鶏肉を冷やし中華の醤油ダレに漬けて、

最後にタルタルソースをかけて完成。

改めてチキン南蛮のタレを作る必要がないので、

ひと手間省くことが出来ます。

また、炒め物にも使っても美味しくなります。

おすすめは、豚肉と玉ねぎです。

味付けに醤油ダレを使えば、さっぱりして美味しい炒め物が出来るので、

試してみてください。

ちなみに、醤油ダレを少しに詰めて、

水溶き片栗粉でとろみをつければ簡単に甘酢あんが作れますので、

炒め物や唐揚げ、ラーメンなどにかけてお使いいただけます。

 

ナムルなど和え物使う

電子レンジで蒸したモヤシに、冷やし中華の醤油ダレをかけて、よく和えてください。

お好みで白ごまを散らしたり、ごま油をかけても良いでしょう。

他には、茹でたタコとわかめ、スライスしたキュウリと和えても美味しくなりますよ。

 

ゴマダレはバンバンジーや蒸し野菜に

冷やし中華の余ったゴマダレは、夏の定番メニューの一つ、

バンバンジーにかけるのがおすすめ。

鶏肉を茹でるか電子レンジで蒸して、小さ目に割いておきます。

千切りしたキュウリやレタスの上に割いた鶏肉をのせ、

ゴマダレをそのままかければ完成です。

スポンサーリンク

また他にも、ゴマダレがもし余っていたら、

蒸した野菜にかけてたり、ディップソースとして使うのもおすすめです。

 

調味料を足して活用しよう

冷やし中華のタレは、調味料を足すだけで、色々な料理に使えますよ。

例えば、醤油ダレにラー油を足して、

餃子にかけても良いですし、コチュジャンを混ぜればチヂミのつけダレにもなります。

わさびを加えて混ぜれば、マグロユッケのソースとしても使えるのでおすすめ。

ゴマダレならば、めんつゆを少し加えてインゲンか、

もしくは水菜などと混ぜ合わせれば、ごま和えの完成。

また、冷やし中華のゴマダレで、汁なし担々麺も作ることが出来るのです。

ゴマダレに豆板醤と花山椒、それにラー油とごま油を足してよく混ぜ、

茹でた中華麺と炒めたひき肉、青梗菜の上にかければ、汁なし担々麺が完成します。

簡単だし、豆板醤の量で辛みが調節できるので、ぜひ作ってみてください!

 

まとめ

冷やし中華のタレは、風味を活かして他の料理にも使えるので、

かなり万能かつ便利だったのですね!

そのままかけても、他の調味料を加えてリメイクしても美味しくなるので、

使いこなせれば、料理の幅も広がるかも知れませんよ。

皆さんのご家庭で、もしも冷やし中華のタレが余っていたら捨てないでおいて、

色んな料理に活用してみてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑