自宅で洗っても大丈夫?浴衣帯の正しいお手入れと保管の方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏のイベントで浴衣を着た後は、

きちんとお手入れをしてからしまうと良いでしょう。

でも、浴衣はクリーニングに出したり、自宅で洗濯が出来ますが、

浴衣の帯はどうやってお手入れしたら良いか、よく分かりませんよね。

今回は、意外と知らない浴衣帯のメンテナンスや保管方法を紹介します。

きちんとお手入れして、来年以降も着られるように、長持ちさせましょう。

スポンサーリンク

 

浴衣の帯って洗えるの?

浴衣自体は洗っても大丈夫な素材で作られていますが、

帯はどうなのでしょうか。

基本的に浴衣の帯は洗濯できません。

化学繊維の素材で作られているなら洗濯が可能ですが、

主な帯は素材の関係で、型崩れや変色してしまうこともあるため、

洗う事が出来ないようなのです。

特に正絹の帯は非常にデリケートなので、

絶対に自宅で洗うことはしない方が良いでしょう。

 

帯を長持ちさせるためには

浴衣を着たら、帯も長持ちさせるためにはお手入れが必要となります。

帯は前述した通り、基本的に洗濯はしないので、

もし汚れたり汗をかいたりしたら、濡らしたタオルで軽く叩いて汚れを拭き取ります。

そして、手で優しくシワを伸ばして、ハンガーにかけて、

陰干しでよく乾燥させてください。

アイロンがけをする時は、必ずスチームではなくドライで、

真っ直ぐかけるようにしましょう。

もし洗濯しても大丈夫な繊維で作られた帯ならば、

洗濯機ではなく手洗いした方が帯を傷めません。

洗濯ネットに帯を入れて、洗面器などに中性洗剤を溶かしたぬるま湯を張ります。

手で優しく押し洗いをして、2~3回ほどすすいだら、

洗濯機で約30秒脱水してください。

脱水が終わったらすぐに取り出して、

シワを良く伸ばして陰干ししましょう。

ただし、帯に刺繍が施されているものは、刺繍糸から色が落ちてしまうので、

スポンサーリンク

汚れがひどい時以外は、なるべく洗わない方ことをおすすめします。

また、自宅で洗える帯でも、頻繁に手洗いしているとどうしても生地が傷んできます。

そのため、毎年洗うのではなく、数年に一回のペースで手洗いするようにしましょう。

もし自分で手入れをするのが不安な時は、クリーニングに出しても構いません。

必ずその場合は、浴衣の帯も引き受けてもらえるか、

店舗に確認してから出すようにしてください。

帯だとだいたい相場は1000円前後でクリーニングしてもらえます。

 

浴衣の帯の畳み方

畳む時は、帯の表を内側にして巻いていきます。

すると帯を立てて収納することも出来るので、場所を取らずにしまえますよ。

もしくは、同じように表を内側にして二つ折りにしてから、

収納場所に合わせて小さく折り畳んでいく方法もあるので、

しまい易い畳み方で保管しておくと良いでしょう。

 

浴衣の帯を保管する時

帯を保管するときは、浴衣などのように着物を保存するときに

着物の湿気を取り除く役割がある「たとう紙」に包む必要もないので、

そのまま衣装ケースやタンスなどにしまいましょう。

作り帯の場合は、型崩れしないように気を付けてしまっておくと良いですよ。

箱があるならば入れておくのもおすすめです。

ただし、除湿剤や防虫剤は忘れずに一緒に入れておくようにしてください。

そして、しまう前はもし汚れていたらお手入れをしておきましょう。

その後は陰干しをして、帯の湿気をよく取った状態にしてから収納すると良いですよ。

これで翌年以降もまた、浴衣を着る際には綺麗な状態で帯を締めることが出来ます。

 

まとめ

浴衣を着たら、帯も綺麗な状態で保管しておきたいですよね。

なるべく着ている時は帯が汚れないようにして、

お手入れする場合は、生地を傷めないように汚れを落とすことが、

長持ちさせるポイントです。

そして、湿気を避けて保管しておけば、

次の夏にはまた問題なく着ることが出来ますよ。

帯のお手入れの際は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑