雨の日に便利!濡れた靴を乾かして嫌な臭いを抑える方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

雨の日に靴が濡れると、臭くなってしまうし、

なかなか乾かなくて、翌日も湿ったまま履いていったなんて経験はありませんか?

今回は、雨の日に役に立つ、濡れてしまった靴を早く乾かして、

また臭いを防ぐ方法を紹介します。

靴の臭いが気になっている方も、これで改善できますよ!

スポンサーリンク

 

靴はなぜ濡れると臭くなる?

人が履いていた靴には、汗や皮脂汚れが付着しており、

これらを養分として雑菌が増えていきます。

また雨に濡れることによって、湿度も高くなるので、靴をそのまま放っておくと、

菌がどんどん繁殖していくため、悪臭がしてくるのです。

靴を素早く乾かして、原因となる雑菌も除去できれば、

雨が多い梅雨時期でも快適に靴が履けるようになって、

また脱いだ時の臭いも気にならなくなりますよ。

 

早く乾かすには新聞紙や雑巾を詰める

定番の方法ですが、新聞紙を詰めることで、靴の湿気を吸収できます。

まず乾かす時は、靴に中敷きがある場合は必ず外しておきましょう。

大きめにちぎった新聞紙を丸めて、靴のつま先まで入るように押し込んでください。

少し経ってから、詰めていた新聞紙が湿っていたら

新しいものに取り換えるとより早く乾きますよ。

もし新聞紙がなかったら、キッチンペーパーやチラシ、

無料雑誌のページでも構いません。

吸水性の高い紙を詰めると、更に効果的ですよ。

紙以外では、雑巾やボロボロになったタオルを入れておいても、

靴を乾かすことが出来ます。雑巾やタオルならば、

使い捨ての紙と違って再利用も可能なので、かなり経済的ですよ。

 

乾燥剤を入れる

海苔やお菓子の缶などに入っている乾燥剤でもいいですが、

薬局やスーパーなどで、靴用の乾燥剤が販売されているので、

それを入れておくと良いでしょう。

より効果を得るためには、靴の中に紙と乾燥剤も入れておいて、

更に大き目の新聞紙などで靴を包んでおくことをおすすめします。

 

ドライヤーや扇風機を使う

靴に直接風を当てていると、早く乾かすことが出来ます。

熱に弱い靴の素材もありますので、

ドライヤーを使う場合は必ず冷風にして乾かしましょう。

また、もし時間があるならば、コインランドリーに設置されている、

靴専用の乾燥機を使うのもおすすめです。

 

濡れた靴の臭いを抑えるには

悪臭を防ぐためには、除菌をすると効果的です。

濡れた状態で乾かす前に、市販の除菌・消臭スプレーを吹きかけておくと

スポンサーリンク

雑菌の繁殖も抑えられるのでおすすめ。

香りを付けたい時は、アロマオイルを数滴垂らしておくと良いでしょう。

特に消臭効果があるのは、レモンやペパーミント、ユーカリなど。

ただし、オイルによって、靴の内側が変色することもあります。

心配なときは、オイルの原液ではなく、水で薄めて吹きかけておくと良いでしょう。

また、水切りネットや使わないストッキングに重曹を入れて、

靴の中に置いておくことでも消臭できます。

天日干しか、電子レンジで加熱したコーヒーの出がらしでも同じ効果があるので、

臭いが気になる靴には試してみてください。

他にも、使用済みのホッカイロや、十円玉を入れておくという方法もありますよ。

 

大切な靴はクリーニングに

高価な革靴だったり、ブーツが濡れてしまったら、

シミになったり変色してしまう場合もあるので、

そんな時は靴専門のクリーニングをおすすめします。

費用はかかってしまいますが、やはり綺麗に仕上がるので、

フォーマル用の靴だったり、ブランドものの靴は、

専門の業者に依頼すると良いでしょう。

 

まとめ

濡れた靴には、吸水性のある紙を詰めて定期的に取り換えることと、

除菌や消臭効果のあるものを入れたりスプレーしておくと、

早く乾いて悪臭も抑えられますよ。

雨の日が多くなる梅雨や、台風の時期に、

ぜひ今回紹介した方法を活用してみてください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑