暑い夏でも風邪をひくのはなぜ?夏風邪の原因を解説します

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏風邪はひいてしまうと長引いて、とても厄介ですね。

そもそも、乾燥していない夏になぜ風邪をひいてしまうのでしょうか?

今回は、夏風邪をひいてしまう原因と、予防方法を紹介します。

夏になると体調を崩しやすい方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

 

夏風邪の種類と症状

風邪のウイルスは基本的に乾燥を好む種類が多く、

冬になると活動的になります。ところが、高温多湿の環境を好み、

梅雨の時期から夏にかけて流行するウイルスも存在するのです。

夏によくかかってしまう風邪は、発熱の他に腹痛や下痢、

喉の痛みが主だった症状で、体力の弱い子供が罹る場合が多く、

他のウイルスとの合併症もあり得るため、長引きやすいのが特徴です。

では、夏に流行する、代表的な風邪の種類と症状を説明します。

 

ヘルパンギーナ

梅雨時期に流行ることが多いこの風邪は、

約39℃~40℃の高熱が出て、喉がひどく炎症を起こし、

水疱が発生することがあります。

主に4歳以下の小さい子供が罹りやすく、

喉の腫れや痛みが強いため、食事が摂れなくなり、

点滴で栄養を補給することも多いようです。

 

手足口病(てあしくちびょう)

最初は食欲がなくなったり38℃以下の微熱が出て、

口内に白い水疱が生じてきます。

この水疱が手の平や指の間、足の裏、膝、唇などに出てきてしまい、

口内に出来たものにはかゆみや痛みが伴う症状の夏風邪です。

この手足口病も、五歳以下の子供が罹ってしまうことが多く、

更に大人にも感染するので注意が必要です。

 

咽頭結膜炎(いんとうけつまくえん)

プールで感染することが多いため、プール熱とも呼ばれます。

症状は39℃の高熱と、頭痛、腹痛や下痢、嘔吐、

喉の痛みや結膜炎を伴う場合もあります。

主にプールで子供が感染してしまいますが、

それが大人にもうつると、肺炎や扁桃腺が腫れることもあり、

かなり症状が重くなってしまいます。

スポンサーリンク

 

なぜ夏風邪は長引いてしまう?

夏風邪の原因となるウイルスは、腸内で繁殖するため、

体内から排出しづらく、結果として長引いてしまうのです。

また、夏風邪を一度ひいてしまうと免疫力が弱ってしまい、

続けて他のウイルスに感染して、治りにくくなるという場合もあります。

これによりずっと微熱が続いたり、咳が止まらなかったり、

風邪をぶり返してしまう場合もあるのです。

 

夏風邪をひいてしまう様々な原因

夏風邪は免疫力低下によって、ウイルスに感染することが主な原因です。

エアコンの効かせ過ぎなどで、体を冷やしたり喉を乾燥させてしまうと、

ウイルスに感染しやすくなるのです。

また、夏風邪のウイルスには感染力が強いものもあるため、

お子さんが外からもらってきてしまうなどして、

家族のうち誰か一人が罹ってしまうと、次々にうつっていく恐れもあります。

そして暑さによって夏バテしてしまい、体力や免疫力が落ちたことで、

より体調を崩しやすくなってしまうのも、原因となるでしょう。

 

夏風邪を予防するには

夏風邪の原因となるウイルスに感染しないことが重要なので、

基本的な手洗いうがいと、エアコンを効かせ過ぎないこと、

そして栄養と水分をしっかり摂ることを心掛けましょう。

特に、小さいお子さんは感染しやすいので、注意が必要です。

また、家族が感染した時は、こまめにドアノブや手すりなどを消毒し、

うつらないようにします。

くしゃみや咳でウイルスが飛ぶこともあるので、マスクもすると良いでしょう。

 

まとめ

夏風邪は主に、高温多湿の条件を好むウイルスが原因です。

ウイルスと接触したり、体を冷やしたり、暑さによって体力を消耗し、

免疫力低下したことによって感染しやすくなります。

一度罹ってしまうと治りにくいため、

しっかり予防して夏風邪対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑