ニキビができてしまうのは汗のせい?汗とニキビの関連性とは

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏になると暑くて肌のべたつきが気になりますよね。

しかも、たくさん汗をかくと、

ニキビができやすくなるといわれているので、

汗っかきの方は特に辛い季節です。

でも本当に汗をかくとニキビができたり、

悪化したりするのでしょうか。

今回は汗とニキビの関係や、ニキビ予防などを解説していきます。

ニキビが多くて悩んでいる方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

 

汗をかきやすい人はニキビが多い?

汗をかくとニキビができやすくなったり、

悪化するという因果関係は俗説であって、本当ではありません。

そもそも汗自体は本来、体内のミネラルや塩分などを

多少含んでいるだけのほぼ水分であり、

顔のべたつきは肌から分泌される皮脂が汗で浮き出てくるためなので、

洗顔をしたり汗を拭き取ることで解消できます。

このことから、顔にできるニキビは汗によるものではなく、

直接的な関係はないと言えるでしょう。

 

ニキビはどうしてできてしまうの?

汗が直接的に原因でないとすれば、なぜニキビができてしまうのでしょうか。

ニキビは、肌が乾燥して毛穴が収縮してしまうこと、

皮膚の角質が厚くなること、ターンオーバー

(古くなった肌の角質が新しくなるサイクル)の乱れ、

そして紫外線などが主な原因なのです。

また、汚れを落とそうと洗顔をし過ぎたり、顔の皮脂を根こそぎ取ってしまうと、

皮膚を保護するのに必要な油分まで奪われてしまい、

自然な肌の管理が出来なくなっていきます。

すると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴に溜まっていき、

ニキビの発生や悪化に繋がってしまうのです。

また、代謝の低下や、ホルモンバランスや食生活の乱れ、

ストレスが溜まっていることや、寝不足でもターンオーバーに影響を及ぼし、

ニキビが発生しやすい状態になってしまいます。

つまり、ニキビは汗というよりも不摂生や、乾燥、

紫外線といった外部の刺激によるものだったのですね。

 

ニキビを予防するには

ニキビ予防に効果的なスキンケアは、保湿をしていくことです。

夏場は肌がべたつきやすいからと、洗顔をし過ぎてしまいがちですが、

過度に洗うと必要な皮脂も落ちてしまい、乾燥の原因にもなります。

そのため、洗顔は朝と夜の一日二回だけにしておきましょう。

あぶら取り紙なども、なるべく使用を避けた方が良いです。

そして、洗顔後は必ず保湿。肌を引き締める効果を持つ、

スポンサーリンク

収れん作用のある化粧水がおすすめ。肌のテカリを抑えるだけでなく、

しっかり保水もしてくれるので、夏にぴったりの化粧水です。

ただし、収れん作用がある化粧水は、人によっては刺激を感じることもあるので、

必ずご自身の肌に合ったスキンケア用品を使っていくようにしましょう。

そして、ターンオーバーが乱れないように、ストレスを溜め込まないことと、

睡眠とバランスの良い栄養を摂ることを心掛けてください。

また代謝が悪いと老廃物が体内に残り、毛穴が詰まりやすくなるので、

体を冷やさないようにしましょう。

 

もしニキビができてしまったら

気を付けていても、ニキビができてしまうことがありますよね。

その場合にも、決してニキビを潰したりせず、正しい洗顔と保湿を行い、

脂っこい食事を控えるようにしましょう。

髪の毛先も肌に当たらないようにして、

なるべく肌に刺激を与えないようにしておいてください。

もし悪化したり、治りが遅い場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

 

まとめ

ニキビは汗ではなく、肌が乾燥したり、紫外線を浴びたり、

不規則な生活によるターンオーバーの乱れから生じるものです。

肌への刺激と、洗顔のし過ぎを避け、しっかり保湿して、

規則正しい生活を送るようにすればニキビを予防できるので、

ニキビに悩んでいる方は実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑