簡単に美味しくなる!市販のうなぎをふっくらさせる方法

公開日:  最終更新日:2017/07/25

うなぎは栄養価も豊富で美味しいため、お好きな方も多いのではないでしょうか。

でもお店に行ったり出前を取るとなると、うなぎはやはり高いものですね。

最近はスーパーやコンビニなどで、ある程度お安く購入が出来ますが、

温めてご飯の上に乗っけると、風味がなくなってしまいます…。

そこで今回は、なんと市販のうなぎでも美味しく食べられる方法を紹介します。

とても簡単な方法なので、土用の丑の日などでうなぎを買ってきたら、

試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

夏こそ栄養たっぷりのうなぎを食べよう

暑い時期になると、夏バテで体調を崩すこともよくあります。

そんな時には、うなぎを食べて精を付けましょう。

うなぎには複数のビタミン、ミネラル、鉄分や亜鉛、カルシウム、

そしてコラーゲンまで含有されていて、とても栄養価が高いのです。

特に夏に不足しがちなビタミンとミネラルが摂れるのは、かなり助かりますね。

香ばしいタレの匂いで食欲が湧いてくるだけでなく、

栄養も摂れるので、夏バテしている時にもおすすめな食材です。

 

スーパーのうなぎを美味しくするにはお湯で洗う!?

味も良く栄養満点なうなぎですが、

ちゃんとしたお店の質の良いうな重を食べるとなると、かなりのお値段…。

妥協して、スーパーの安いうなぎを買うと、身もパサパサだし、

温めなおすと風味もなくなってしまうのが欠点でしょう。

ところが、市販されている安いうなぎでも、

一工夫するだけでかなり美味しくなるのです。

まず、買ってきたうなぎに熱湯をかけて、

予めかかっているタレを、裏までよく洗い流してしまいましょう。

タレを全て洗い流したら、キッチンペーパーでよく水気を拭き取ってください。

温めるのには、電子レンジではなく、

フライパンか魚焼きグリルを使用しましょう。

まずフライパンで温める場合は、酒と水を1:1入れ沸騰してください。

スポンサーリンク

沸騰したらうなぎを入れ、アルミホイルで蓋をしましょう。

水気がなくなったら、付属しているタレをかけて絡めれば出来上がりです。

グリルを使うならば、うなぎに酒を少し振りかけ、

薄く油を塗ったアルミホイルで包み、グリルに入れて焼いていきます。

3、4分経ったら取り出して、タレを塗り、

今度はアルミホイルを開いたまま1分ほど焼いてください。

この方法で、ふっくらと柔らかく、美味しいうなぎになりますので、

ご飯の上にのっけて食べましょう。

 

なぜ洗うだけでうなぎが美味しくなるのか

熱湯をかけることにより、うなぎの表面にあるコラーゲンに水分が加わって、

旨味であったり脂を逃がさずに、閉じ込めることが出来ます。

その後、フライパンやグリルで、中の水分を蒸発させずに焼いていくので、

ふっくらと柔らかい身になって、しかも表面が香ばしく焼きあがるのです。

市販であっても、このひと手間を加えるだけで、

まるでスーパーのものとは思えない美味しいうなぎが食べられるでしょう。

 

なるべく電子レンジは避けよう

スーパーなどで買ってきたうなぎを食べる時、

ついつい面倒だからと電子レンジでそのまま温めてしまいがちですが、

そうすると、風味が損なわれてしまいます。

市販されているうなぎというのは、既に一度加熱されており、

その過程で水分が減っているので、普通に温めると更に脱水して、

身が固くなってしまうのです。美味しくうなぎを食べたい時は、

水分を飛ばしてしまう電子レンジでの加熱は、避けるようにしましょう。

 

まとめ

安いうなぎを美味しく食べるコツは、お湯で洗って、

フライパンかグリルで焼いていくことです。

この方法ならば、安いうなぎでも柔らかくて香ばしい、

出来たての状態になりますので、土用の丑の日などに、是非お試しください!

栄養満点なうなぎ、子供に食べさせるなら何歳から?
由来や意味を知っていますか?興味深い土用の丑の日について
うなぎやアナゴでアレルギーになる?その症状と予防について

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑