コンビニ食材で夏バテ対策。何を選べば夏バテに効果的?

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏バテをしている時って、料理をするのも億劫ですよね。

ひどい時には、スーパーに買い物に行く気力さえもなくなります。

そこで今回は、コンビニで手軽に買える、

夏バテ対策にぴったりな食べ物を紹介します。

スポンサーリンク

 

夏バテに効く食べ物とは

夏バテ対策には、エネルギー生成に必要なビタミンB群が必要です。

そのため、豚肉、うなぎ、たらこ、玄米、蕎麦、枝豆など、

ビタミンB1を多く含んでいるものや、レバー、納豆、卵、

チーズなどビタミンB2のある食材を摂ると良いでしょう。

また、夏バテによる疲労回復には、レモン、オレンジ、

グレープフルーツなどの柑橘類、梅干しに含まれるクエン酸が効果的です。

夏バテになると胃腸など消化器官も弱くなりますので、

胃の粘膜を保護してくれる、山芋やオクラ、納豆を食べると良いでしょう。

暑さや寝不足からくるイライラ、自律神経の乱れは、トマトやゴーヤー、

イチゴ、柑橘類に入っているビタミンCを摂取することで改善できます。

夏バテにはバランス良く、栄養のあるものを食べることが

対策に繋がりますので、それを踏まえた上で、

コンビニで買う食べ物を選んでいきましょう。

 

お弁当を選ぶならば

食事をコンビニで済ます時、お弁当を買うことも多いですよね。

その際は、なるべくおかずが多いお弁当を選ぶようにしましょう。

おすすめは幕の内弁当。具材の品数が多いので、より多くの栄養を摂れます。

炭水化物を摂り過ぎてはいけないので、揚げ物が多いのり弁や、

おにぎりだけにするのはなるべく避けましょう。

 

夏バテ時におすすめの麺類

夏になると素麺や冷やし中華が食べたくなりますが、

夏バテ対策にはビタミンB1が含まれている蕎麦がおすすめ。

とろろやオクラも入っていれば、より効果的ですよ。

 

夏バテしている時におすすめのお惣菜

おかずとなるお惣菜や副菜となるサラダも、具材が多いものを選びましょう。

貧血も予防できて、スタミナがつくレバニラ炒めや、ひじきの煮物、

トマトが入ったサラダ、塩茹でしてある枝豆も、夏バテには効果的です。

体を温めるために、インスタントのスープやみそ汁も買っておくと良いですよ。

おにぎりやパンを選んだ時も、お惣菜や汁物で品数を増やしていけば、

バランス良く栄養を摂取できます。

 

デザートにはヨーグルトかフルーツを

暑い時期にはアイスを食べたくなりますが、体を冷やしてしまうので、

スポンサーリンク

なるべく控えましょう。

もし食後のデザートが欲しくなったら、ヨーグルトを選んでください。

夏バテで疲れた胃腸にも優しく、カルシウムも補えるのでおすすめです。

もしくは、ビタミンやアミノ酸が摂取できるので、

柑橘類を中心にフルーツを食べると良いでしょう。

 

飲み物を選ぶなら

コンビニで飲み物も買うのでしたら、やはりミネラルも補給できて、

カフェインゼロの麦茶がおすすめ。

そして、最近注目されつつある甘酒も、実は夏バテにも効果的なのです。

甘酒はビタミンB群だけでなく、食物繊維、葉酸、数種類のアミノ酸、

ブドウ糖まで含まれており、栄養価もとても高いため、

飲む点滴とまで言われているのです。

甘酒は米麹(こめこうじ)から作られるものと、酒粕から作られるものがあり、

より栄養価が高い米麹の甘酒を選んで飲むようにしましょう。

ただし、甘酒は糖分が多いので毎日飲むのではなく、

手早く栄養を補給したい時にのみに摂取してください。

 

まとめ

コンビニに売っている食べ物でも、栄養バランスを考え、

品数を多くして食べるようにすれば、夏バテ解消に繋がります。

お弁当だけより、そこに汁物やちょっとしたサラダを付けるだけでも、

摂取する栄養がかなり違ってきますので、コンビニで食事を済ませる時も、

品数は多く揃えましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑