しつこい夏風邪は予防が大事。夏風邪を防ぐ対策とは

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏風邪をひいてしまうと、なかなか治らなくてとても困りますね。

暑さで体力や免疫力が低下しがちな夏だからこそ、

しっかりと予防をしていくことが大事です。

そこで今回は、夏風邪の予防策を紹介します。

暑い時期だからこそ、免疫力を落とさないように

普段から風邪の対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

 

夏風邪の主な症状

夏に流行る風邪は発熱や頭痛、咳に加えて、胃腸に原因となる

ウイルスが入って腹痛や下痢を起こしたり、

喉に痛みが生じるなどの特徴があります。

また喉が痛かったり違和感があると、

夏風邪の前兆である可能性が高いので、早めに対策をしていきましょう。

ウイルスの種類によっては、体力の低い子供が特に罹りやすく、

水疱や口内炎が出来る、喉の痛みがひどいといった症状も見られます。

そうなると、食べ物を飲み込みづらくなり、

更に体力が低下していってしまうので注意が必要です。

 

夏風邪になりかけたら

もし喉の痛みや寒気、下痢などの症状が見られましたら、

一番おすすめな対策法は、医師の診察を受けて、薬を処方してもらうことです。

ただ、日中仕事をしていると、なかなか病院へ行く時間も取れなから、

市販薬で済ませてしまいがちですね。

でも、夏風邪は早めに対処しなければ長引いてしまいます。

特に下痢の症状がある時は、体内の水分が便と共に出てしまい、

脱水症状を起こしやすいので、適切な薬を飲む必要があるのです。

いち早く夏風邪を治すためにも、出来るだけ早く病院へ行くようにしましょう。

そして、しっかり睡眠と栄養を摂り、水分もよく補給してください。

ただし、食事は消化に悪い揚物や肉類は控え、胃腸に優しい物を食べましょう。

喉を乾燥させてはいけないので、濡れマスクをつけておくと良いですよ。

 

経口感染を防ぐ

冬の風邪はくしゃみや咳が飛沫することで感染するのに対し、

夏風邪は経口感染してしまうケースが多いとされています。

そのため、基本的な予防策として、手洗いうがいを徹底していきましょう。

外出から帰宅した時や、食事前、トイレの後などにも、

欠かさず手洗いすることをおすすめします。

そして家族にもし夏風邪をひいている方がいらっしゃったら、

洗面所やトイレの手拭きタオル、バスタオルなども共有しないでおきましょう。

ドアノブや取っ手なども、こまめに消毒しておくと、

感染をより効果的に防ぐことが出来ます。

看病した後もよく手を洗い、食事の時も、

スポンサーリンク

夏風邪をひいている家族とは食器を分けるようにしましょう。

 

免疫力を高めよう

免疫力が低下していると、ウイルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

睡眠不足や不規則な生活を避け、

適度な運動とバランスのとれた食事を摂ってください。

また、体温を上げると免疫力がアップするので、

入浴時にはシャワーのみにせず、

きちんと浴槽に入ってお湯に浸かるようにしましょう。

食べ物や飲み物も冷えたものより、体を温めるものを選び、

冷房の使い過ぎにも注意してください。

もしオフィスなど、冷房が効き過ぎた場所に長時間いる場合は、

上着やブランケットを活用していくと良いですよ。

飲酒や喫煙も控えた方が良いでしょう。

そして、あまりストレスも溜めないようにして、休養したり、

趣味に没頭したり、親しい方との会話で笑い合うと、

免疫力がアップしますよ。

 

まとめ

夏風邪の予防方法として、まず手洗いうがいをして、家族が感染していたら、

食器やタオルの共有は避けましょう。

また、免疫力を高めるために、質の良い睡眠と、

栄養のある食事を心掛けてください。

特に体が冷えると免疫力低下に繋がるので、

体はなるべく温めるようにしていきましょう。

そして、喉やお腹の調子が良くなかったら、早めに内科を受診して、

薬を処方してもらくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑