乾燥や紫外線も怖くない!夏の肌荒れの原因と対策

公開日:  最終更新日:2017/06/12

乾燥している時期ではないのに、夏に肌が荒れてしまうことって多いですよね。

他にも、かゆみや吹き出物が生じたり、紫外線も気になるところ。

毎年夏になると肌荒れに悩まされている人も、きちんと対策をすれば、

美肌を保てるでしょう!

スポンサーリンク

 

夏に肌荒れする原因とは

シミ、吹き出物、乾燥などの肌トラブルは、

は主に夏の強い紫外線、汗、乾燥によって引き起こされるのです。

夏でもエアコンなどで肌は乾燥してしまいます。

そのため、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策だけではなく、

乾燥にも気を付けることが重要になるのです。

また、夏になるとよく、肌がかゆくなることがあります。

これは汗に含まれる塩分やアンモニア、尿酸などが肌に付着することよって、

肌が刺激されてかゆみや汗疹になってしまうのです。

更に、汗を拭き取る時に肌の角質も剥がれることがあり、

これも肌荒れに繋がっていきます。

角質が剥がれると、肌は保水力を失って乾燥しやすくなり、

毛穴も引っ張られて開いた状態になるのです。

結果、毛穴に皮脂や雑菌が溜まるようになり、

ニキビの原因や様々な肌トラブルが起こってしまうので、

何としても避けたいところ。

では具体的に、どんな対策をしていけば良いのかを紹介します。

 

乾燥対策をして肌に潤いを

扇風機やエアコンの吹き出し口から出る風に顔が当たると、

夏でも肌は乾燥します。でも、猛暑が続く夏では、

熱中症予防のためにも適度にエアコンは使った方がいいものです。

なるべくエアコンの風が顔に直接当たらないようにするのと、

部屋をあまり乾燥し過ぎないようにすること。

そして日焼け止めや化粧は、毎晩きちんと落として、

保湿をしていけば、肌の潤いが保てるでしょう。

ただし、肌への刺激を避けるためにも、洗顔の際は強く擦らずに、

優しく汚れを落としてください。

入浴時もお湯が熱めだと乾燥しやすくなるので、

なるべくぬるめの温度をおすすめします。

 

効果的な紫外線対策

紫外線を防ぐには、顔だけではなく、首や腕、

足など露出している肌も忘れずに日焼け止めを塗ると良いでしょう。

また、サングラスや帽子、日傘も使えばより効果的!

そして食べ物でも日焼け対策が可能です。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは内側から紫外線の影響を緩和させるので、

こまめに摂取しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

特におすすめの食べ物はトマト。上記三つのビタミンに加えて、

日焼けによるダメージを防ぐリコピンが豊富に含まれています。

サラダをはじめ、料理に使うと紫外線対策に効果が期待できるでしょう。

ちなみに、ケチャップやトマトソースでも同様の効果が得られますよ。

トマト以外では、ブロッコリーやにんじん、キウイ、苺などが有効です。

 

汗による肌荒れを防ぐ

汗をかくとついゴシゴシとタオルなどで拭いてしまいがちですが、

そうすると肌が刺激され、角質が剥がれ落ちてしまいます。

また、かゆみが生じた肌を掻きむしるのも良くないので、気を付けましょう。

汗をかいたらすぐに、清潔で柔らかい生地のハンカチやタオルで、

そっと押さえるようにして汗を吸い取ってください。

また、肌がヒリヒリとしたら、

濡らしたタオルでクールダウンさせるのもケアになりますよ。

 

まとめ

夏の肌荒れを防ぐには、乾燥を防ぐこと、紫外線対策、

刺激を与えないことの三つが重要なポイントです。

早めに対策をしていって、肌トラブルを防いでいってください。

もしあまりにもひどい肌荒れが続く場合は、

皮膚科を受診してみるのも良いでしょう。

しっかりケアをして、楽しい夏をお過ごしください!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑