夏場の頭痛は熱中症のせい?夏に起こる頭痛の原因とは

公開日:  最終更新日:2017/06/12

暑い季節になると、特に体調不良ではないにも関わらず、

頭痛に悩まされることはありませんか?

熱中症の可能性もありますが、本当は違う理由かも知れません。

今回は、そんな夏場に頻繁に起こる頭痛について、

原因や対策などを解説します。

夏になると頭痛がひどい方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

 

夏になると頭が痛くなるのは熱中症が原因?

炎天下の屋外や、温度が高く風通しの悪い屋外に長時間いる時に、

頭がズキズキする、もしくはクラクラするなどの症状があったら、

熱中症の可能性があります。

高温多湿の環境下にいる時に起こる頭痛は、熱中症の初期症状ですので、

放置しておくのはとても危険です。

速やかに日の当たらない涼しい場所へ移動し、

休憩をして水分と塩分を補いましょう。

症状が改善されなかったり、または悪化していったら、

病院へ行って医師の診察を受けてください。

 

熱中症以外で頭が痛くなる原因とは

実は夏場に頭痛がする原因は、熱中症だけではないのです。

まず一つ目に原因として考えられるのは、睡眠不足によって起こる頭痛。

暑さで寝苦しく、睡眠不足になると血流の低下や、疲労物質が蓄積されて、

頭が痛くなることがあります。

二つ目は冷房の効き過ぎた室内にいることにより、

筋肉が収縮して、体内の血流が悪くなります。

すると緊張型頭痛が起こり、頭が締め付けられるような痛みや、

肩や首の凝り、眼精疲労などが生じてしまうのです。

冷たい物の摂り過ぎで、内臓が冷えても血流が悪くなるので気を付けましょう。

また、冷えすぎた室内から暑い外に出ると、その激しい気温差により、

片頭痛(へんずつう)になってしまう可能性もあります。

もしくは梅雨の時期に、気圧の変化で頭痛が

引き起こされることもあるでしょう。

他にも、夏の強い日差しが脳に刺激を与えて、

それにより頭痛が起きてしまう場合もあります。

このように、夏場の頭痛はいくつかの原因があり、主に体の自律神経が乱れたり、

冷えなどで血流が低下していくことにより、症状が現れるでしょう。

 

夏場の頭痛を治すには

熱中症の初期症状で頭痛がした場合は、涼しい場所で体を休め、

首や脇を冷やして水分補給が有効です。

睡眠不足で頭痛がするのでしたら、15分だけで良いので、

仮眠をとってみましょう。痛みが治まるだけでなく、頭もスッキリします。

体が冷えて血流が悪くなることによる緊張型頭痛は、

定期的にストレッチをして凝りをほぐすようにしましょう。

肩や首を温めることも効果的です。

内臓も冷えたままでは良くないので、

温かい食べ物や飲み物を摂ると良いでしょう。

スポンサーリンク

片頭痛持ちの方は、コーヒーや紅茶など、適量のカフェインを摂ったり、

患部を冷やすと痛みが和らぎます。

日差しで頭が痛くなった時には、外出中はサングラスや

日傘を使うだけでも傷みを軽減できますよ。

もしどうしても頭痛がひどくて、早く治したい時は、

市販の鎮痛剤を使ってみても良いでしょう。

 

夏場の頭痛を防ごう

熱中症が原因の頭痛には、十分な水分補給と適度に休憩することと、

特に体調があまり優れないのでしたら、

炎天下で無理な作業や運動はなるべく控えるようにしましょう。

そして、睡眠と栄養をしっかり摂り、自宅でエアコンを使っている時は、

あまり温度を低く設定しないようにしてください。

オフィスなどエアコンの温度が調節できない場所にいる時は、

吹き出し口からの風を避けたり、温かいものを飲んで

体を冷やさないようにすると頭痛防止になります。

また、入浴時にはお湯に浸かって、肩や首の凝りをほぐし、

体を芯から温めると良いでしょう。

片頭痛に悩まされている方は、自律神経のバランスを整えていると

改善されるので、規則正しい生活を送り、あまりストレスを

溜めないようにしていくことをおすすめします。

強い日差しも頭痛の原因になりますので、サングラス、

帽子、日傘を持ち歩いていると良いでしょう。

 

まとめ

もし熱中症以外で夏になると頭痛がする場合は、

睡眠不足やエアコンによる冷え過ぎ、強い日差しによる刺激、

もしくは片頭痛などが原因と考えられます。

ですが、しっかり対策していけば頭痛は改善されるので、

早めに対処していきましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑