メイク崩れを防ぐ!夏のファンデーションはこうして選ぼう

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏は汗をかきやすいので、化粧崩れしづらい

ファンデーションを使いたいですね。

でも、最近は色々なファンデーションが販売されているので、

どれを使えば良いのかわからなくなります。

そこで今回は、夏でも化粧が崩れにくいファンデーションの選び方と、

スキンケアの方法などを紹介してきます。

スポンサーリンク

 

夏場はなぜメイクが崩れやすい?

暑い時期は汗をかいて皮脂も溜まりやすいので、ファンデーションを塗っていると、

べた付いたり、ムラやヨレが生じてしまい、困りますよね。

しかもエアコンによる乾燥も気になるところ。

肌の表面が乾燥すると、皮脂を大量に分泌してしまい、

これがファンデーションと混じって、化粧が崩れてしまうのです。

 

メイクを崩れにくくするためのスキンケア

ファンデーション選びも大事ですが、

日々のスキンケアからしっかい行いましょう。

夏は紫外線やエアコンの乾燥でダメージを受けやすいので、

保湿を怠らないようにしてください。

冬の時に使う油分が多いものより、肌の水分を補うようにして、

ケアする際はなるべく化粧水はたっぷり使うようにしましょう。

朝の洗顔後、保湿したらすぐにメイクするのではなく、化粧水を付けてから、

最低でも3分間はあけるようにすると、崩れにくくなりますよ。

また、メイクの直前には、顔に浮いた余分な皮脂を、

ティッシュなどで軽く押さえて拭き取っておくようにすると良いでしょう。

 

夏場のおすすめはリキッドタイプ

リキッドタイプのファンデーションは、肌への浸透力も高く、

ツヤも出るので、潤ってキレイな仕上がりが期待できます。

あまり水っぽいものより、程よく濃厚でコクがある

ファンデーションの方が乾燥しづらいでしょう。

また、リキッドタイプのファンデーションは、

なるべくトロっとした伸びのあるものを選ぶと、

メイクが崩れにくくなるので、おすすめです。

最後に、余分な皮脂の付着を防いで、よりメイクの崩れを防ぐために、

フェイスパウダーをのせていくと良いでしょう。

また、海やバーベキュー、キャンプ、音楽フェスなど、

レジャーで屋外に長時間いる時は、

通常のメイクだと汗で流れ落ちてしまうので、

ウォータープルーフのファンデーションを使うと良いでしょう。

 

オイリー肌にはパウダータイプを使おう

もし脂性肌なのでしたら、リキッドよりも

パウダータイプのファンデーションがおすすめです。

余分な油分を吸収してくれるので、皮脂が出にくくなって、

スポンサーリンク

サラッとした仕上がりになりますよ。

また肌のテカリも抑えられるので、

オイリー肌の方はパウダーファンデーションを使うようにしましょう。

 

ファンデーションは薄く塗る

夏場やファンデーションの種類に限らず、厚塗りはしないようにしましょう。

暑く塗ってしまうと、化粧崩れしやすくなってしまうので、

薄く取って肌に馴染ませるように広げていくようにしてください。

塗り方として、リキッドファンデーションならば、

顔の中心から外側に向かって伸ばしていくと良いでしょう。

仕上げにパウダーをのせる場合も、同じように中心から外側へ塗っていき、

スポンジで抑えるようにして、ファンデーションと密着させてください。

パウダーファンデーションを塗る時は、頬、額、鼻筋、あごの順に、

やはり中心から外側へ向けて塗っていきます。

スポンジで塗るなら上から押さえるように、

ブラシなら円を描いていくように塗っていくと、

小鼻など細かい部分も満遍なく塗れます。

 

まとめ

夏場は汗と皮脂で崩れやすいので、

まずスキンケアからしっかりと行うことも重要です。

ファンデーションはリキッドタイプがおすすめですが、

脂性肌の方はパウダータイプにするなど、

ご自身の肌に合ったものを選んで使っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑