友人の初盆には何を贈ると良い?品物の選び方と贈る時期

公開日:  最終更新日:2017/06/12

親しい友人や知人が亡くなり、初めて迎えるお盆には、

いつ頃どんな品物を贈ると良いか、ご存じでしょうか。

また、友人ではなく、友人の親御さんなどご家族が故人である場合は、

初盆にお供物を贈るべきなのでしょうか。

意外と知らない、親しい友人同士の初盆について紹介します。

スポンサーリンク

 

故人と親しい間柄だった時は何を贈る?

親しい知人や、生前とても仲良くしていた友人が亡くなり、

四十九日も明けて初盆を迎えた時、

供養の品物は何を贈るのがベストなのでしょうか。

一般的には、お線香や供花(きょうか)、素麺などの乾麺、乾物、

小分けに出来て日持ちするお菓子を贈るのが主流です。

また、故人であるご友人が好きだった食べ物を贈るということもありますが、

もしかすると、ご家族が故人を思い出して辛い思いをしてしまうかも知れません。

そういった配慮から、最近ではあまり故人の好物は贈らない傾向があるようです。

そこでおすすめしたいのが、アレンジメントフラワーを贈ることです。

メッセージカードも付けると、より気持ちが伝わるでしょう。

贈る品物に付けるのし紙は白黒、双銀、藍銀、黄白のいずれかの水引で、

表書きは『御仏前』か『御供物』としておきます。

 

初盆のお供え物を郵送する場合は

友人の初盆に法要やお墓参りに行きたかったけれど、遠方であったり、

やむを得ない事情で欠席する場合もあります。

そんな時は、初盆の贈り物を郵送しましょう。

郵送は時間がかかるため、必ずお供え物は日持ちのする

品物を選んでください。

お盆に入る一週間ほど前に届くようししておくと良いですよ。

郵送の場合ものし紙は忘れずに、また挨拶文を添えると良いでしょう。

挨拶文は、下記の一例を参考にお書きください。

『初盆を迎えられるにあたり、遠方より合掌させていただきます。

御仏前にお供え頂ければ幸いと存じます。』

スポンサーリンク

簡単な挨拶文はこのように記して、最後に署名をしておきましょう。

フラワーアレンジメントを贈るのでしたら、

メッセージカードに書いて添えても構いません。

 

初盆にお香典を贈る際の相場

親しい友人の初盆に贈るお香典でしたら、3000円~5000円が目安です。

あまり高価なものを贈ると、逆に故人のご家族が

気を遣ってしまわれますので、5000円以内が適切でしょう。

もしお供え用の品物とお香典を一緒に贈るのでしたら、

両方合わせた金額が3000円~5000円になるように用意しましょう。

お供えの品物のみを贈る場合も、一般的な相場は同じです。

 

仲の良い友人のご家族が亡くなった際の初盆

ご本人ではなく、友人のご両親やご兄弟が亡くなられた場合の初盆でも、

お供えの品を贈って大丈夫ですし、品物の選び方もあまり変わりません。

もちろん、初盆の法要にお招きされたら、お宅を訪問してお参りして、

遠方でしたら郵送でお供え物を贈っても良いでしょう。

品物やお香典の相場も、変わらずに3000円から5000円です。

 

友人の住む地域のお盆を確認しよう

お盆の時期というのは、地域によって異なります。

盆入りは主に、関東と北海道では7月13日から、

その他の地域では8月13日からですが、地域の風習や

そのご家庭のしきたりなどで、違ってくる場合もあるので、

事前に故人のお宅が盆入りする日にちを確認しておきましょう。

特にお供え物を郵送するのでしたら、盆入りの時期は重要です。

 

まとめ

親しい間柄の知人、友人でしたら、最低限のマナーを守っていれば、

あまりかしこまらなくても良いようです。

贈る品物は線香か、日持ちする食べ物かお花を選び、

お香典もだいたい3000円~5000円が相場です。

お供え物を郵送する場合は、友人のお家の盆入りを調べて、

初盆を迎える一週間ほどまえに届いているようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑