汗や皮脂のメイク崩れを防ぐ!夏におすすめのメイク法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

汗をかきやすい夏は、メイクが崩れやすいのが困りますね。

でも、ポイントを押さえてメイクをすれば、

暑い時期でもキレイな仕上がりのメイクを保てます。

今回は、汗でベースメイクやアイメイクの崩れやヨレが心配な方におすすめの、

夏に負けないメイクのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

 

顔の産毛を処理しておく

夏場はせっかく朝メイクをしても、汗でドロドロになったり、

エアコンの風でカサカサになったりして、とても崩れやすいので困りますね。

そんな場合には、メイクをする前に、しっかり準備をしておきましょう。

まずベースメイクが上手く肌にのるように、

週に一度は顔の産毛を処理しておくと良いです。

特にオイリー肌の方は、産毛をしっかり剃っておくことで、

肌に下地やファンデーションが密着しますよ。

そして、肌の乾燥予防や毛穴の引き締めのためには、洗顔と保湿も忘れずに。

 

おすすめの洗顔と保湿方法

洗顔はお湯ではなく、ぬるま湯で行いましょう。

そして洗顔料をフワフワになるまでよく泡立ててください。

肌は絶対に擦らず、洗顔料の泡で優しく洗っていくようにしましょう。

夏場は朝から気温が高くて、スキンケアやメイク中に

汗ばんでしまうこともありますね。

そうならないように、洗顔後は冷やした濡れタオルで顔の熱を取ったり、

エアコンの効いた涼しい部屋でスキンケアとメイクをすると良いでしょう。

エアコンが苦手な方は冷やしタオルがおすすめです。

保湿は、化粧水を十分にコットンに含ませて、パッティングしてください。

出来れば化粧水は毛穴を引き締めるタイプのものが良いでしょう。

 

化粧崩れさせないベースメイク

夏場の化粧崩れ防止のために、ファンデーションの厚塗りはせずに、

薄くつけるようにしましょう。

もし目元のクマやシミなどを隠したい時は、コンシーラーでカバーします。

肌にフィットしてツヤのある仕上がりになるので、

ファンデーションはリキッドタイプがおすすめ。

最後にハンドプレスすると、より肌とファンデーションが密着しますよ。

最後にフェイスパウダーをのせれば、崩れにくいベースメイクの完成。

 

夏のメイクで気を付けたいポイント

汗や皮脂でアイメイクが崩れてしまうことがありますが、

特に多いのが、マスカラが落ちてしまうこと。

アイメイクの崩れを防ぐために、まずはメイク前に、

目元の不要な油分をティッシュで押さえて拭き取りましょう。

油分が取れたらフェイスパウダーを軽くのせておくとサラサラになりますよ。

アイシャドウは指を使って、撫でるように塗りましょう。

スポンサーリンク

また、アイライナーはジェルもしくはリキッドタイプを使用します。

一度アイラインをひいたら、その上からパウダーをのせ、

再度アイラインをひくと、夏でも崩れにくくなります。

そして、マスカラは油分に強いもの選んで使ってください。

すると顔の皮脂で落ちることが少なくなります。

下まつ毛にはウォータープルーフタイプがおすすめ。

 

メイクを直す時は

汗をかいて崩れてしまったメイクを直す時は、

まずティッシュで肌のテカリを軽く押さえて拭き取りましょう。

小鼻の脇など細かい部分のヨレは、部分は綿棒で優しく取り除いてください。

保湿力の高い、ミストタイプの化粧水を顔全体に吹きかけたら、

ハンドプレスしておきましょう。

厚塗りになってしまうため、ファンデーションは塗り直さず、

顔全体にルースパウダーをのせればOKです。

アイメイクも乳液を付けた綿棒でヨレをオフしたら、

フェイスパウダーでサラサラにしてから、直していきましょう。

これの方法で汗によって、崩れたりヨレたメイクが直せますよ。

 

まとめ

夏のメイクは、ベースメイクをしっかり肌に密着させることがポイントです。

そのためにも、顔の産毛を処理して、洗顔と保湿で

準備万端にしておく必要があります。

メイクは決して厚塗りせずに、薄めだけれどしっかり密着させるようにして、

汗をかいて余分な油脂が出たら、ティッシュで

軽く拭き取ってくと良いでしょう。

そうすれば、夏でもバッチリとメイクが決まりますよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑