夏バテ?それともただの体調不良?その症状を判断するには

公開日:  最終更新日:2017/06/12

夏になり、昼夜問わず暑い日が続いていると、体調を崩す方が多くなります。

でもその症状が夏バテなのか、風邪なのか、判断に困りますよね。

今回は夏場の不調が、夏バテによるものなのか、

そうでないのか判断する方法と、

どんな症状が夏バテによるものなのかを紹介します。

夏場によく体調を崩される方は、覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

 

夏バテの主な症状

夏バテになってしまうと、主に以下のような症状が現れます。

・食欲不振

・全身の倦怠感

・頭痛

・胃痛

・便秘

・下痢

・吐き気

・めまい

・微熱

これらが夏バテの症状です。

一般的に、暑さで消化機能が低下したり、栄養と睡眠不足、

エアコンの効き過ぎた室内と外との温度差が原因で、

自律神経が乱れることによって夏バテは起こります。

人によってはイライラしやすくなるといった、精神的な症状もあるため、

とても厄介ですね。

特に消化器官の不調や、吐き気が続くと、食事が摂りづらくなるので、

体力や疲れが取れずに、免疫力もどんどん低下していってしまいます。

 

夏バテは病気?

微熱や胃腸の機能低下が続くので、病気の一種と思われそうですが、

夏バテはウイルスや菌などが原因ではなく、

気温や湿度の急激な変化によって起こる体の不調の総称です。

ただし、夏バテそのものは病気ではないにしても、

不調が続き抵抗力も落ちることが引き金となって、

夏風邪にかかりやすくなるだけでなく、精神的にも参ってしまい、

うつ病を発症させる恐れもあるのです。

風邪ではなくとも、夏バテは病気の入り口となる場合もあるので、

気を付けたいですね。

 

他の病気と夏バテの違い

暑い時期になると、夏バテ以外にも夏風邪や熱中症、

クーラー病も心配なところ。

いずれも胃腸が悪くなったり、倦怠感が出るなど、

共通する症状があるので、判断に困りますね。

けれど、もし体の不調に伴い、喉が痛くなったら

夏風邪である可能性が高いです。

熱中症は暑さにより体温調節機能が低下したことで起こるので、

適切な対策をしていけば発症は防ぐことが出来ます。

そして、クーラー病は、体をエアコンの風で冷やし過ぎたことにより、

上手く汗をかけなくなって、体温調節が上手くいかず、

不調を来たす仕組みです。

また、だるくなる、胃腸の具合が良くないなど、

一見とても夏バテと似通っていますが、

手足や腰が冷えるといった症状も見られます。

 

夏バテを治すには

夏バテにもしなってしまったら、早めに対策をして、

スポンサーリンク

体力や免疫力の低下を防ぎましょう。

それにはまず、毎日3食きちんと食べること。

抜いてしまいがちな朝食もしっかり摂り、栄養をつけましょう。

ただし、冷たい物はなるべく避けてください。

睡眠不足も免疫力を下げるので、

夜はなるべく早めに寝るように心掛けてください。

そして水分補給をしていくことも大事です。

喉が渇いていなくても、こまめに水分を補ってください。

特に汗をかいた時は特にしっかり飲みましょう。

また、ウォーキングや軽いジョギングなど、

適度な運動をすると気分もスッキリします。

注意点として、軽くても運動の際は飲み物を持ち歩いて、

こまめに飲むようにしてください。

入浴もシャワーだけにせず、ぬるめのお湯を張った浴槽に浸かって、

全身をリラックスさせましょう。体も温まるので、

クーラー病の予防にもなります。

最後に、エアコンを使い過ぎないこと。あまり室内を冷やしてしまうと、

外との温度差が激しくなって、体が疲れてしまいますので、

温度調節は注意しましょう。

職場などが寒い時は、上着やひざ掛けを使用すると良いですよ。

 

まとめ

暑さが激しくなってきた時に、日中ずっと体がだるい、食欲がない、

胃腸の具合が悪いなどの症状が出たら、夏バテを疑ってみてください。

ですが、十分な栄養と睡眠、適度な運動、体を冷やさないことを心掛けるだけで、

夏バテはきっと回復していくので、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑