衣替えの時にも便利!衣類の畳みジワを簡単に取る方法

公開日:  最終更新日:2017/06/12

タンスやクローゼットから、畳んで収納していた衣類を取り出してみたら、

シワになっていたことはありませんか?

すぐに着たいけれど、畳みジワが気になりますよね。

今回は、しまっておいた衣類についた畳みジワの簡単な取り方を紹介しますので、

衣替えの時にもご活用ください。

スポンサーリンク

 

畳みジワはスプレーで伸ばそう

着ようと思って取り出してみたら、シワだらけになってしまった衣類は、

スプレーを使って伸ばしていきましょう。

市販されている衣類のシワ取りスプレーを使えば、簡単に出来ますよ。

まず、シワになっている部分に、スプレーを少量吹きかけます。

シワの部分を縦、横、斜めに軽く引っ張って伸ばしておきましょう。

そしてハンガーにかけて、吊るして自然乾燥させます。

スプレー乾けば着られるようになるので、吹きかけすぎには注意してください。

袖がシワになっている時は、タオルを丸めて

袖の中に入れておけば、シワが伸ばせます。

スラックスなどはベルトを付けた状態のまま、逆さに吊るしておきましょう。

ただし、革製品や毛皮の衣類、シルクやレーヨンなど水に弱い素材には、

シワ伸ばしスプレーは使用できませんので、ご注意ください。

また、ポリエステル100%の衣類も、スプレーしても効果がないようです。

初めてスプレーを使うのでしたら、まず衣類の目立たないところに

少し吹きかけてみて、変色や色落ちがないか

どうかを確かめてみると良いでしょう。

 

蒸気を当てる

シワを伸ばすには、蒸気を当てるのが効果的。

手軽な方法では、スチームアイロンを当てて、

その蒸気で伸ばすことが出来ます。

衣類をハンガーにかけて吊るし、畳みジワになっている部分に、

アイロンのスチームのみを当てていきましょう。

衣類によっては型崩れや生地を傷めることもあるので、アイロンで伸ばしたり、

押し当てるのではなく、必ず蒸気だけを当ててシワを伸ばしてください。

この他に、浴室の湿気を利用して畳みジワを伸ばす方法もあります。

入浴後、浴室内に蒸気が残っている状態で、

シワになった衣類をハンガーにかけて、一晩吊るしておきましょう。

翌朝には湿気によって、畳みジワが伸ばされているはずです。

ただし、一晩は吊るしておかないといけないので、

シワがなくなるまで時間がかかってしまいます。

速攻でシワを伸ばしたい時は、アイロンの蒸気の方が良いでしょう。

 

濡れたタオルを置く

蒸気を当てる以外では、衣類に水で濡らしたタオルを置いて、

畳みジワを取る方法があります。

シワを取りたい衣類を平らに広げて、

スポンサーリンク

その上から濡れたタオルをかけておきましょう。

するとタオルの湿気でシワを伸ばすことが出来るのです。

シワを取った衣類は当然湿っているので、

風通しの良い場所に干して乾かしておきましょう。

ハンガーに吊るすと型崩れしやすい衣類や、

アイロンがない場合でも、簡単にシワ伸ばしが出来ます。

 

乾燥機に入れる

乾燥機にかけると、余計にシワシワになりそうな気がしますが、

条件を守れば短時間でシワが取れるのです。

また、タンスの中に収納されていた衣類は、湿気を含んでいる場合が多いので、

乾燥機にかけて熱を加えれば、蒸気でシワを伸ばした時と同じ効果が得られます。

乾燥機でシワ伸ばしをする際の条件として、衣類は必ず1着のみを入れること。

シワを伸ばしたい衣類が複数ある時も、

1着ずつ乾燥機にかけるようにしてください。

一度に2着以上いれて乾燥機にかけてしまうと、

衣類が絡まって更にシワになってしまうので、注意しましょう。

そして、乾燥機にかける時間は3分です。それ以上かけてしまうと、

シワの原因になるので、3分経ったら乾燥機から取り出してください。

また、乾燥機にかけられない衣類には、もちろんこの方法は使えないので、

違う方法で試してみると良いでしょう。

 

まとめ

タンスやクローゼットにしまっておいた衣類に畳みジワができていたら、

スプレーを使ったり、蒸気や水気を利用すれば、シワを伸ばすことが出来ます。

いずれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑