夏は特に大変!汗っかきだけれど冷え症な方の改善方法とは

公開日:  最終更新日:2017/06/12

汗を大量にかいてしまうにも関わらず、冷え症にも悩んでいる、

という方は意外と多いようです。

特に夏場は、外はとても暑くて、屋内はエアコンが効いているので、

かなり辛いのではないでしょうか。

今回はそんな、汗っかきで冷え症の方にぜひ試して頂きたい、

効果的な改善方法を紹介します!

スポンサーリンク

 

汗っかきなのに手足が冷えるのはなぜ?

基本的に、代謝があまり良くなく発汗しづらいと冷え症になりやすく、

反対に軽い運動をしただけでも大量に汗が出ると、

代謝が良く体が冷えづらいといわれています。

でも、汗はたくさん出るのに、手足の先はとても冷たいという

体質の方もいらっしゃるのです。

その主な理由としては、下半身のみが冷えてしまっていることでしょう。

上半身は火照りやのぼせの症状があるにも関わらず、下半身は冷え症であるため、

泌尿器など下腹部の機能が上手く働かず、不要な水分が尿として

排出されにくくなっていきます。

すると体内に余分な水分が溜まってしまい、むくみの原因になったり、

排出されなかった水分が上半身から、汗として放出していくのです。

要するに、上半身のみで体内の必要ない水分を出すことになり、

その結果として、顔の火照りや大量の発汗を促して、

下半身だけはひんやり冷たいままなのです。

ただし、原因となるのはこれだけではなく、自律神経失調症や

バセドウ病などの疾患によって、汗が止まらなかったり、

手足が冷えたままという症状もありますので、

もし心配な場合は医師の診断を受けてみると良いでしょう。

 

汗っかきだと冷え症が悪化する?

大量に汗をかき、そのままの状態でいると、

体が冷えて冷え症がより悪化する可能性があります。

しかも、体を冷やすと免疫力も低下して、風邪もひきやすくなるので、

もし汗が大量に出た時は、タオルで拭き取るか、

着替えるかをしてなるべく体を冷やさないようにしましょう。

 

汗っかきで冷え症の体質を改善するには

下半身が冷えることにより、体内の熱が上半身へ上がって汗が出てしまうので、

体を冷やさないことを心掛けましょう。

特に下腹部を温めることで、上半身の火照りを防ぐことが出来ます。

夏場はつい冷たい物を口にしてしまいがちですが、

食べ物や飲み物も温かいものを摂れば、内臓の冷えを抑えられるので、

冷え症も改善されるでしょう。

会社勤めで座り仕事の方は時々ストレッチをしたり、

スポンサーリンク

なるべくエスカレーターやエレベーターは使用せずに階段を使うようにして、

少しでも体を動かすようにすると、血行も促進されますよ。

入浴時にはシャワーのみで済ませずに、

しっかり湯船に浸かって全身をリラックスさせましょう。

寝る前にはスマホやパソコン、テレビなども見てしまうと、

質の良い睡眠がとれなくなるので、控えるようにしてすぐに就寝してください。

すると自律神経も整えられるので、体の調子も良くなります。

 

漢方薬が有効?

汗っかきと冷え症には、漢方薬がおすすめ。

漢方は体内の調子を整えてくれるので、

冷え症や自律神経の乱れなどにも効果があるとされています。

ただし、服用するには、自分自身の体に合った漢方を選ぶ必要があります。

お求めの際は薬剤師や専門医に相談の上、ご購入ください。

そうすれば、ご自身の症状に合った漢方薬を処方してもらえるので、

決して自分の判断で選ぶことのないようにしましょう。

 

まとめ

冷えは万病の元といわれるように、暑い時期でも

体を冷やさないように気を付けていきましょう。

そして、もし不規則な生活や、アンバランスな食事、

運動不足が続いている場合も、自律神経が乱れる可能性もあるので、

注意が必要です。

また、どうしても症状が改善されない場合は、

念のため病院を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑