結婚相手の両親にも贈るべき?お中元の正しいマナーについて

公開日: 

結婚してから初めてお中元の時期を迎えた時に、

義両親にも何か贈った方が良いのでしょうか?

もし贈るなら、どんな品物が喜ばれるかも考えなくてはいけませんね。

今回は、結婚相手のご両親にお中元を贈るべきなのか、

何を贈ると良いのかを紹介します。

スポンサーリンク

お中元は義両親にも贈った方が良いの?

結婚したら相手方の実家へお中元を贈るかどうかは、

家庭や地域の風習によって考えが異なります。

そのため、必ずしも贈らないといけない場合もあるし、

また親子や兄弟の間では、お中元やお歳暮といった

品物のやりとりをしない家庭もあるのです。

もし心配ならば、配偶者様にご実家のことを聞いてみると良いでしょう。

そしてもしお中元のやり取りをしていくならば、

まずご夫婦で一度相談してみて、何を贈るか

決めていくことをおすすめします。

夫婦仲がこじれることもありますので、

決して一人では決めないようにしましょう。

 

義両親に送ると喜ばれるお中元の品

もし配偶者様のご両親がお二人だけで暮らしているのならば、洗剤や調味料、

食用油は消費しきれない可能性があるため、贈るのは控えた方が良いでしょう。

そこで予め、義両親の食べ物や飲み物の好みをリサーチしておくと、

品物選びに役立ちます。

義両親が揃ってお酒好きならば、ちょっと高級なプレミアムビールなど

でも良いですし、甘いものがお好きなら季節のフルーツであったり、

老舗の和菓子や有名店のアイスクリームなどもおすすめです。

滅多に食べられない和牛や魚介類の詰め合わせでも喜ばれるでしょう。

出来れば贈る品物を選ぶ時も、ご夫婦で行うと良いですよ。

もし何を贈って良いか分からなくなったら、

商品券やギフトカタログを選んでも良いでしょう。

 

相場はいくらが適切?

一般的にお中元の相場は3000円~1万円ですが、義両親へのお中元ならば、

目安として5000円ほどの商品が適切でしょう。

あまり高価過ぎるものを贈ってしまうと、もしかしたら義両親が

戸惑ってしまう可能性もあるので、丁度いいのは5000円以内の商品です。

 

お中元のやり取りを断られたら

もし義両親から、お中元は贈らなくても良いという旨を伝えられたり、

一度お中元を贈ったところ、今後は気遣い無用と伝えられたら、

その言葉通りに受け取りましょう。

もしかしたら義両親は物ではなく、リアルな交流を望んでいる場合もあります。

そんな時は、時間がある時に夫婦で顔を見せに行ったり、

スポンサーリンク

たまには食事にご招待するのが良いでしょう。

もちろんお子さんがいらっしゃるなら、孫の顔を見せるだけでも、

義両親はとても喜んでくれるはずです。

また、こちら側からお中元のやり取りをやめたい場合は、

配偶者様のほうから、今年で最後にしても良いかと連絡するとスムーズです。

ですがやっぱり義両親だと、何も贈らないのは心苦しいので、

可能ならばやはり普段から一緒に食事をするなど、

交流を持っておくと気兼ねしなくて済みます。

 

自分の実家には贈る?

親子間でも、結婚したらお中元やお歳暮を贈り合う習慣があるのでしたら、

ご自身の実家にも品物を贈った方が良いでしょう。

特にそういったしきたりもなく、ご両親のほうからも気を遣わないで良い、

と告げられた時は、もちろんお中元は不要になります。

配偶者様もお中元を贈るかどうか迷っていたら、

うちの実家には贈らなくても大丈夫と、一声かけてあげましょう。

 

まとめ

結婚して初めてお中元のやり取りをするとなると、

分からないことだらけですよね。

特に義両親はこれから先、長くお付き合いしていくので、

関係がギクシャクしないように気を付けたいところ。

そのため、相手方の家に合わせてお中元を贈るか

どうかを決めると良いでしょう。

もし贈る場合は、義両親が好きな食品や飲み物を

事前に調べておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑