日射病と熱射病は熱中症と何が違う?判別方法と対処について

公開日: 

皆さんは熱中症と日射病(にっしゃびょう)、

熱射病(ねっしゃびょう)の違いをご存じですか?

ここ数年では熱中症という言葉はよく耳にしますが、

日射病や熱射病についてはよく分からない、

という方も多いのではないでしょうか。

今回はあまりよく知られていない、熱中症と日射病、

熱射病の違いについて解説します。

いずれも、主に夏場になると気を付けなければいけないものですが、

実はそれぞれ対処法が異なるので、

暑い季節にはぜひ覚えておくと良いでしょう。

 

熱中症とは

熱中症とはそもそも、酷暑の環境下で激しい運動や長時間の労働などを

した場合、身体に起こる不調の総称です。

つまりは、日射病や熱射病も含めて、高温多湿が原因の様々な症状の

ことを指し示すのが、熱中症だったのです。

以前は熱中症とは言わずに、症状によって熱痙攣(ねつけいれん)や

熱射病などに分けられていましたが、

現在では熱中症という病名に統一されています。

そのため、最近では熱射病などの言葉はあまり耳にしなくたったのです。

熱中症になると、体温調節機能が正常に働かなくなり、

体内の熱が放出できなくなってしまいます。

重度になれば命の危険性もあるので、注意しなければなりません。

 

日射病とは

日射病とは、名称通りに直射日光が原因で発症します。

真夏の強い日差しを長時間浴びることによって、

体内の水分が失われ脱水症状を起こし、臓器への血液供給が不足していきます。

すると、めまいや吐き気、倦怠感の症状が現れ、

悪化すると意識障害を引き起こします。

症状的には熱中症と大差はありませんが、日射病は強い日差しのみによって

発症するため、真夏の屋外にいる場合は、直射日光を避けるべきでしょう。

ちなみに、屋内にいたとしても、直射日光が当たることによって、

日射病になってしまう場合もあるので、部屋の中でも窓際に座っていたり、

車を長時間運転している時も要注意です。

 

熱射病とは

直射日光の有無に関係なく、高温多湿の状況によって発症し、

熱中症が重度になることで熱射病と呼ばれるようになります。

そのため、屋内であっても夜間であっても、気温と湿度が高ければ

熱射病を引き起こしてしまう可能性があるのです。

体内の熱が放出されずに留まってしまうため、体温が40℃近くまで上昇し、

臓器に機能障害が起こり意識も失うため、とても危険な状態です。

もし熱射病になってしまったら、いち早く救急搬送して

治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

 

日射病と熱射病の対処法

日射病にかかってしまった場合、屋外でしたら日陰に、室内でしたら

カーテンを閉め、とにかく強い日差しが体に当たらないようにします。

下着や衣服を緩めて、脇や足の付け根に氷などを当てて、

体をよく冷やしてください。

症状が一旦落ち着いても、容体が再び悪くなるかもしれないので、

必ず誰かが付き添って、様子を見ているようにしましょう。

熱射病の場合は、意識が既に低下していることもあるので、

まずは救急車を呼んでください。

症状に応じて、人工呼吸や心臓マッサージが必要になるかもしれません。

熱射病で倒れた方の近くに、もし複数の人がいるようなら、

誰か一人が人工呼吸や心臓マッサージを施し、

他の人は冷たい水を患者の体にかけたり、氷で冷やしたり、

うちわなどで扇いで風を送るようにしてください。

素早く応急処置をすることで、一命を取り留められます。

 

まとめ

日射病とは日光が原因で引き起こる病状を指し、

熱射病とは重度になった熱中症を示す病名です。

日射病は日差しを遮って、体を冷やすことで対処できますが、

熱射病の場合は非常に危険な状態なので、

一刻も早く救急車で病院に搬送する必要があります。

また、日射病が悪化して熱射病になるケースもありますので、

夏場は高温と日差しには十分注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑