子猫との楽しい暮らし方。生後二ヶ月の子猫を育てる方へ

公開日: 

猫を飼う時、子猫から育てること場合が多いですね。

ただでさえ元気いっぱいな子猫は、生後二ヶ月になると、

とても好奇心旺盛になるので、ケガや病気にも気を付けなければいけません。

今回は、一番かわいい時期だけれど、やんちゃ盛りで目が離せない

生後二ヶ月の子猫の育て方を紹介します。

特に初めて猫ちゃんを飼うという方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

猫ちゃんに噛み癖をつけないために

子猫は生後二ヶ月になると、乳歯が生え揃うので、

色んなものが噛めるようになります。

この時に、兄弟や母猫にじゃれて噛みつくなどして、

力加減やコミュニケーションを覚えて、社会性を身に付けていきます。

もし兄弟や他の猫がいたり、違う動物を飼っているのでしたら、

生後二ヶ月の時期に積極的に交流させておけば、適応能力が身について、

成長してからも仲良くなるでしょう。

もし子猫一匹だけならば、噛み癖を付けないために、

人の手にじゃれつかせないようにします。

なるべく、おもちゃで遊んであげたり、爪とぎ用のダンボールを与え、

もし人に噛みついたら、大きな声で『痛い!』と

猫ちゃんの目を見て伝えましょう。

すると、噛みついてはいけないんだと学んで、

むやみに人を噛むことがなくなります。

猫を飼うということは、基本的に犬とは違い、

飼い主との主従関係になるわけではないので、しつけとして叩いたり、

是が非でも人間の言うことを聞くようにさせるのは止めましょう。

あくまで一緒に暮らす、というように考えておくと良いです。

 

生後二ヶ月の子猫のご飯について

乳歯が生えそろっているので、離乳食ではなく、

子猫用のキャットフードを与えるようにしましょう。

ただし、ドライフードをあげる時は、まだ噛む力が強くないので、

水や子猫用ミルクでふやかせてから与えてください。

ミルクや水も、哺乳瓶ではなく器から飲めるようになります。

好きな時に飲めるように、水を入れた容器を常に置いておくようにしましょう。

 

トイレトレーニングについて

猫ちゃんのトイレトレーニングは、まだ小さいうちにしっかり行いましょう。

ただし方法はとても簡単です。

トイレ用の砂を敷いた容器に、定期的に子猫を置いてあげます。

すると自然にそこで用を足し始めるので、トイレトレーニングは完了です。

もともと猫は、自分の臭いが付いた砂のある場所でないと、

トイレをしたがらないのです。

そのため、きちんと用を足す場所が準備されていれば、

基本的にそこでトイレをするようになります。

ただし注意点として、なるべくこまめにトイレはキレイにしてあげること。

猫は汚れたトイレで用を足すのを嫌がるので、

スポンサーリンク

砂も定期的に取り換えて、糞をしたらすぐに取り除いてあげましょう。

もし外出をする場合は、トイレを二つ置いておくと良いですよ。

 

病気やケガに気を付けよう

子猫は生後二ヶ月になると、親猫からの母乳による免疫力が低下してしまうので、

ワクチン接種の必要があります。

かかりつけの動物病院へ連れていき、ワクチンを打ってもらいましょう。

また、猫は放し飼いにしていると、ケガをしたり、

他の猫からノミや病気をもらってしまうことがあります。

長生きさせるためにも、出来れば室内飼いをおすすめします。

猫は外に出られなくても、こまめに遊んであげれば

ストレスが溜まることはないので、お部屋の中で

のんびり過ごさせてあげると良いですよ。

また、飼い始めた子猫がもし拾った子でしたら、

まずは獣医さんに病気やケガがないか、診てもらいましょう。

そして、生後二ヶ月~3ヶ月の子猫はとても好奇心旺盛です。

遊ばせる時は必ず目を離さないようにして、お留守番させる時や寝る時は、

ケージの中に入れておくと安心ですよ。

 

まとめ

生後二ヶ月の子猫ちゃんと一緒に暮らすことになったら、

まずは子猫用のキャットフードとトイレを用意してあげましょう。

そして、急なケガや病気に備えて、かかりつけの動物病院を

近所に見つけておくようにしましょう。

何か困ったことがあっても相談できるので、

飼い主さんと猫ちゃんの安心のためにも、

信頼できる獣医さんを探しておいてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑