暑中見舞いって誰に送るもの?友人にはメールでも良い?

公開日: 

皆さんは、暑中見舞いを書いて、どなたに送りますか?

季節のお便りである暑中見舞いは、何となくかしこまったイメージがあるので、

友人に出しても良いのか、迷われる方もいらっしゃるようです。

そこで今回は、暑中見舞いは友人にも送るものなのか、

また送るとしたら手紙やメールのどちらが良いのかなどを紹介します。

スポンサーリンク

 

暑中見舞いは友人に送っても大丈夫?

実は暑中見舞いは、年賀状と同じように、誰に出しても構わないのです。

日頃お世話になっている上司や先生、連絡をあまりとっていなかった

親しい友人や知人、ご親戚の方などに、暑中見舞いを送っても、

全くおかしいことではありません。

皆さんが出したい、と思った方へ暑中見舞いを送って大丈夫なのです。

ただし注意点として、梅雨が明けてから、8月7日の立秋までが

暑中見舞いを送る期間ですので、間違えないように気を付けましょう。

立秋を過ぎると残暑見舞いに切り替える必要があります。

ちなみに、暑中見舞いと残暑見舞いは両方とも送るのではなく、

どちらか片方を出すのが一般的です。

 

暑中見舞いを送る意味とは

そもそも暑中見舞いとは、暑さで体調を崩しやすい時期に、

相手の安否を気遣い、また自分の近況を知らせるために送る便りなのです。

本来は相手の家を訪問して物品を贈る風習でしたが、これが簡略化されて、

現在ではハガキやポストカードを送るようになりました。

現在でも、暑中見舞いに手紙を添えて品物を贈る場合もあり、

お中元の代わりとするケースもあります。

 

友人に送る場合はメールでもOK?

一般的には、暑中見舞い用のハガキや、夏の風物詩のイラストや写真が載った

ポストカードなどに書いて送りますが、最近ではその手間も省いて、

メールでやり取りをすることも少なくありません。

ただ注意しなければいけないのが、親しい同年代の友人などには、

メールやLINEなどで暑中見舞いを送ることもありますが、勤務先の上司や、

学校の先生など目上の方には、必ず書面にて送るのがマナーです。

特にあまりパソコンや携帯電話を使用しない、お年を召した方ならば、

メールで暑中見舞いを送ると非常識と思われ兼ねないので、気を付けましょう。

友人や知人に送る場合も、出来ればハガキなどのほうが、

より丁寧さが伝わります。

 

友人に送る暑中見舞いの書き方

親しい友人、知人に送る暑中見舞いは、拝啓や敬具などを必ず記入する必要もなく、

スポンサーリンク

形式にとらわれずに書いて大丈夫なのです。

ただし、主な書き方としては、『暑中お見舞い申し上げます。』と

初めに大きく書き、次に友人の安否を尋ねて、

その後に自分の近況などを伝えるようにしましょう。

もし自分が引っ越しや、結婚、出産などを迎えたら、

報告しておくと良いですよ。

メールでも、出来ればこの書き方が望ましいですね。

頻繁に顔を合わせる間柄の友人であれば、かしこまった文章よりも

話し言葉で書いた方がフランクで良いかも知れません。

もちろん先に友人からきちんとした文章の暑中見舞いが届いたら、

こちらもそれに合わせて、あまりくだけていない書き方で

お返事を書くようにしましょう。

なるべく、受け取った相手が不快にならない文で書くと良いですよ。

 

まとめ

梅雨が明けて夏も本番になりましたら、暑中見舞いを送る時期です。

基本的にどなたに送っても良いので、親しい友人にも是非お送りください。

親しい友人に出す場合は、かしこまった書き方でなくても問題ありませんので、

形式にこだわらずに書いていきましょう。

友人に送るならば、メールでも構いませんが、ハガキなど書面のほうが、

より丁寧さが伝わりますよ。

いつもメールやLINEでやり取りしている友人にも、せっかくですので

ハガキやポストカードで暑中見舞いを出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑