似ているようだけど実は違う?お彼岸とお盆の違いや由来とは

公開日: 

お彼岸とお盆の違いは何?と尋ねられたら、きっと多くの方が

上手く説明できないはずです。

風習や行事を今でも大切にしている地方にお住まいでない限り、

お彼岸とお盆の違いを、ハッキリと分かる方は少ないようですね。

そこで今回は、意外と知らないお彼岸とお盆の違いや、

この二つの由来などを解説していきます。

スポンサーリンク

 

お盆の意味と由来

お盆とは、あの世からこちらの世界へ戻り、自分の家に帰ってくる仏様を迎え、

供養する期間を指します。

この時期になると、仏前には食べ物やお花、提灯(ちょうちん)などを用意して、

仏様をお迎し、お盆が明けると、再びあの世へ帰っていく

仏様を送り出すというのが、主な風習なのです。

その由来は、仏教の盂蘭盆(うらぼん)という行事とされています。

この盂蘭盆が日本へ渡ると、土着の祖先を敬う文化である

祖霊信仰(それいしんこう)と融合して、現在のお盆のかたちになりました。

お盆とは元を辿れば仏教ですが、ある意味、

日本特有の先祖を祀る行事だったのですね。

 

お彼岸の意味と由来

彼岸という仏様が暮らす極楽浄土と、此岸(しがん)と呼ばれている現世、

この二つが最も近づく期間をお彼岸といいます。

春と秋の年二回あるお彼岸には、お墓参りをして、ご先祖様を供養するという

日本独自の習慣があり、おはぎ(時期によってはぼたもち)を

お供えするのが定番となっています。

その由来は、東から太陽が昇り、西に向かって沈んでいく様子を、

人間の生と死に例える仏教の考えからとされています。

お彼岸は昼と夜の時間がほぼ同じであり、現世と彼岸との繋がりが

強くなると考えられているため、お彼岸の時期には、仏様に思いを馳せて、

亡くなった方々を供養しようという風習になったのです。

 

お盆とお彼岸の具体的な違い

お盆とお彼岸は、いずれもご先祖様を供養する、という行事には変わりませんが、

それぞれの由来をはじめ、異なる意味合いを持っているのです。

お盆は天国から帰ってくる仏様を、提灯や迎え火などの明かりでお迎えし、

親戚も集まってたくさんのお供え物で供養する行事です。

また、亡くなってから初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)といい、

白い盆提灯を用意してお供えする風習の他にも、地方によってはお盆に

お供えした物を川へ流す、灯篭(とうろう)流しなどの習慣もありますね。

スポンサーリンク

そしてお彼岸は、仏教に基づいた考えにより、死後の世界と現世が

最も近くなるため、亡くなった方々を偲んでお墓参りをします。

お参りの際には、墓石の掃除なども行い、お花やおはぎを

お供えするという風習がお彼岸です。

また、お盆は年一回ですが、お彼岸は春分と秋分の年二回あるということも、

大きな違いですね。

 

それぞれの期間はいつ?

お盆の期間は地域によって異なります。

関東では主に7月13日~16日、その他の地域は一カ月ずれて、

8月13日~16日がお盆の期間です。

お彼岸の場合は一回だけのお盆と違い、年二回あります。

春分の日、秋分の日のそれぞれを中日にした三日間が

お彼岸の期間なので、覚えておくと良いでしょう。

 

まとめ

お盆とお彼岸の違いとしては、お盆は夏に年一回のみで、

お彼岸は春と秋の二回あることですね。

また、お盆は帰ってきた仏様に、多くのお供え物で

おもてなしして供養する行事です。

そしてお彼岸は、仏様のいる世界との結びつきが深くなるため、

この期間にお墓参りなどをすることで、供養の気持ちを届けるものです。

お盆もお彼岸も、多少の違いはありますが、

大きな意味としてはご先祖様を敬い、供養することです。

ぜひ皆さんも、お盆やお彼岸の時期には、

お墓参りをして供養の気持ちを届けましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑