台風が来ると悩まされる頭痛。原因と対策を知って改善しよう

公開日: 

雨や台風で天気が悪くなると、頭痛に悩まされる方が多くなります。

でも、なぜ雨が降っている日や、台風が接近していると、

頭痛がひどくなるのでしょうか。

今回は天候によって頭痛が悪化するメカニズムや、

効果的な対策を解説していきます。

天気が悪いと頭痛がしやすくなる方は、覚えておくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

台風や雨で頭痛がする原因とは

雨の日や台風が来ていると、気圧が急激に変化し、

空気中の酸素濃度も薄くなってしまいます。

すると脳は酸欠を起こした状態になり、血管が収縮することによって、

頭に痛みが生じやすくなります。

また、気圧の変化によって、血管が膨張し、頭部の神経が圧迫されて

頭痛が起きる場合もあるのです。

要するに、天気が悪い日に頭が痛くなるのは、気圧が低下することによって、

引き起こされると考えて良いでしょう。

しかも、雨が降ることによって高くなった湿度も、

頭痛の原因の一つとされています。

気圧に加えて湿度も変化すると、体は過敏になり、倦怠感がするだけでなく、

血管の収縮に伴い、血の巡りが悪くなってしまうのです。

すると頭痛だけではなく、首筋のハリや肩もこりやすくなるなど、

体調が優れなくなってしまいます。

このように、気圧が低くなることによって、頭が痛くなることを

『低気圧頭痛(ていきあつずつう)』と呼び、

偏頭痛と似たような症状が現れるのです。

 

対策するには患部を冷やす

悪天候によって、頭にズキズキとした痛みが生じてきたら、

患部を冷やしてみましょう。

保冷剤をタオルで包んで患部に当てるか、水枕の使用をおすすめします。

患部を冷やすことによって、血管の膨張を抑え、

神経を圧迫するのを防いでくれるので、痛みを解消する効果が期待できます。

 

カフェインを摂取しよう

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、血管を収縮する効果があるので、

頭痛を緩和してくれます。

あまり摂り過ぎるのも良くないので、

痛みが生じた時だけ飲むようにしましょう。

 

脳に刺激を与えない

低気圧による頭痛は、刺激にも敏感になっています。

強い光や大きな音などで、血管が拡張しやすくなり、

症状が悪化する場合もあるので、外部からの刺激を遮断するようにしましょう。

音や光だけでなく、臭いも脳に刺激を与えるので、

薄暗くした静かな部屋で、頭痛が治まるまで安静にしていてください。

 

鎮痛剤は早めに服用する

低気圧が原因で起こる頭痛には、市販の鎮痛剤を飲んでも

スポンサーリンク

あまり効き目がないとされています。

ただし、症状が出てきたらすぐに鎮痛剤を服用することで、

頭痛を緩和できる場合もあるのです。

低気圧頭痛の予兆とされている、体のだるさや、

目がチカチカするなど症状が現れたら、早めに薬を服用してみましょう。

 

効果的な予防方法

脳に刺激を与えないように、仕事などでパソコンを使う際は、

反射防止フィルムを貼っておきましょう。

アルコールも頭痛には良くないので、なるべく控えたほうが良いです。

また、睡眠不足と食生活の偏りも頭痛に繋がってしまうので、

休養とバランスの良い食事をしっかり摂るように心掛けてください。

そして、ストレスが溜まっていると、血管の正常な働きを

妨げてしまいますので、適度に発散させていきましょう。

日頃から生活習慣を整えておくと、症状の緩和に繋がっていくので、

頭痛が起きやすい方は一度、ご自身のライフスタイルを

見直していくようにしましょう。

 

まとめ

雨や台風の日に頭痛が起きるのは、主に低気圧によって血管が収縮したり、

脳が刺激に敏感になることで引き起こされます。

もし頭痛がしてきたら、強い光や音を遮断し、安静にしていましょう。

患部を冷やして、カフェインを適量摂ることも効果的です。

また、頭痛をちょっとでも感じたら、すぐに鎮痛剤を服用して、

早めに対処をしていきましょう。

症状がなかなか改善されないのでしたら、

一度医師の診断を受けてみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑