雨が降ってきても安心!テントを設営する際の雨対策

公開日: 

アウトドアを楽しもうと、キャンプ行ってテントを設営していると、

突然天気が悪くなってしまう事がありますね。

そこで今回は、急な雨でも安心なテントの設営方法を紹介します。

天気が急変しやすい夏場に、キャンプを予定している方は、

覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

テントを設営するのは水はけの良い場所で

まず重要なのは、テントを設営する場所です。

もし設営中に天候が悪くなったら、丘になっている所や、芝生や砂利など、

水はけの良い場所に移動してテントを設営しましょう。

葉っぱで雨が当たりにくくあるので、木々が多い林間などもおすすめです。

土の上だと、雨が降った時に地面がぬかるみやすいので、

天気が急変したらすぐに移動すると良いでしょう。

特に窪地や川岸などは、水の通り道になってしまい、

テントが浸水する危険性も高くなるので、注意してください。

 

タープの下にテントを設営する

キャンプなどのアウトドアで、あると何かと便利なのが、

支柱の上に防水シートが張られたタープテントです。

もしキャンプ中に天候が悪くなってきたら、タープを先に張り、

その下でテントを設営すると良いでしょう。

大きめなタープならテントもその下に収まるので、

設営作業も雨に濡れずに行えますよ。

 

テントのペグを緩めない対策

雨が降ると地面がぬかるみ、テントを支えているペグが

緩んでしまうかも知れません。

天気が急変したら、ペグに重たい石を乗せましょう。

すると地盤が柔らかくなっても、ペグが抜けたり緩む心配もなくなりますので、

試してみてください。

 

テントの屋根に傾斜をつける

雨が降り続いていると、テントの屋根に雨水が溜まり、

その重さで倒れてしまいます。

テントやタープを設営する際は、一ヵ所だけ屋根に傾斜をつけて

雨水が流れていくようにしてください。

テントの倒壊も防げるし、水が溜まっていないので、

撤収の時も楽になります。

 

シートを敷いて浸水を防ぐ

テントが雨水で浸水しないように、地面にはグランドシートを

敷いておくことをおすすめします。

シートを使えば、テントの底面を保護することも出来るので、より安心です。

ただし注意点として、グランドシートはテントから

はみ出さないように敷いてください。

テントからはみ出ていると、シートが受け皿となって、

雨水が溜まってしまいます。

もしテントよりも大きいシートでしたら、

折り畳んで大きさをぴったりにしましょう。

スポンサーリンク

また、万が一テントが浸水してしまった時のことも考えて、

テントの中にブルーシートを敷いておきましょう。

テント内にもシートを敷いておけば、

雨水が染み込んでしまうのを予防できます。

 

周囲に水路を作っておく

もしグランドシートやタープを持っていないのでしたら、

テントの周囲に水が溜まらないように工夫が必要です。

スコップでテントの周囲を掘って、水路を作っておきましょう。

こうしておけば、雨が降ってきても、水が溜まることなく、

テントが浸水しにくくなります。

掘り起こした場所は、帰る前にきちんと埋めて、元に戻しておいてください。

また、地面を掘るのを禁止しているキャンプ場もあるので、

事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

キャンプ場に来てテントを設営している時に、急に天気が崩れてしまったら、

まずは水はけの良い場所を探して移動してください。

もしタープを持っているならば先に設営して、その下でテントを張りましょう。

この時、屋根は一ヵ所だけ、傾斜にしておくことを忘れずに。

ペグも緩まないように石で押さえておいてください。

また、浸水を防ぐためにグランドシートやブルーシートを使い、

周囲の地面を掘って溝を作って、水路を確保しましょう。

これらの設営方法を行っていけば、

急な雨でも安心してキャンプを続行できますよ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑