お彼岸のお供え物に最適なのは?品物の選び方とマナーについて

公開日: 

お彼岸になると、仏様の供養のために、ご親戚の家や実家に行って

仏壇に手を合わせたり、お墓参りをします。

その際に、お供え物を持参しますが、どんな品物を選ぶべきなのか、

のし紙のマナーはどうすれば良いのか、よく分かりませんよね。

そこで今回は、お彼岸に持っていくお供え物の選び方や、

品物にかけるのし紙のマナーなどを紹介します。

スポンサーリンク

 お彼岸のお供え物に相応しい品物

一般的にお供え物は、菓子折りやお線香を持って行きます。

品物に決まり事は特にありませんが、なるべく生ものを避け、

お供えしたら仏様が喜んでくれそうなもの、日持ちのするお菓子、

缶ジュースやビール、素麺などをえらぶのが定番です。

お供えした後に、集まった親戚中で持ち寄ったお供えものを頂くことも

ありますので、お菓子などの食べ物は、小分けに出来るものがおすすめ。

お線香を持って行く場合は、高級で香りの良いものを選ぶと良いでしょう。

仏前にお供えする時、食べ物はお皿に盛ったり、

箱から出してすぐ食べられるようにしておきましょう。

 

お供え物にかけるのし紙について

お供え物にはのし紙をかけて持参しましょう。

この時、お供え物にかけるのし紙は結び切りの水引で、色は黒白か双銀、

地域によっては黄白のものを使います。

のし紙の表書きには『御供』または『お供え』と書き、その下の名入れ部分には、

贈り主の名前をフルネームで記入しておきましょう。

 

お供え物の相場はどのくらい?

お供え物は、3000円~5000円が相場です。

もし現金も一緒に持って行くのでしたら、お供え物との総額が

5000円以内に収まるようにしましょう。

あまり高価過ぎる品物を持って行ったり、高額の現金を包むと、

受け取る側が恐縮してしまうので、5000円以内に留めておくのがベストです。

 

お墓にお供えする物

お墓参りをした際、お墓にも故人が好きだった食べ物やお花などをお供えします。

ただし、食べ物をお供えしたら、必ず持ち帰るようにしましょう。

そのままお墓に置いておくと、腐ってしまったり、動物や虫が

食い散らかしてしまうので、忘れずに持って帰るか、

お墓の前で故人を偲びながら食べるようにしてください。

もし墓所の敷地内に休憩所があるのでしたら、そこで食べても良いでしょう。

また、お酒好きだった故人のために、墓石にお酒をかけることがありますが、

虫が寄ってきたり、墓石が変色してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

もしお酒など飲み物をかける場合は、最後に水できちんと

洗い流してから帰るようにしましょう。

 

お彼岸の定番であるおはぎは持参するべき?

お彼岸のお供え物の定番といえば、おはぎ、季節によってはぼた餅ですが、

これは日持ちがしないので、持参するお供え物としては、あまり適していません。

もし訪問する家が近いのでしたら、近所のスーパーや和菓子屋さんで

おはぎ(ぼた餅)を買ったり、もしくは手作りして持参すると良いでしょう。

ただしこの時も、おはぎだけではなく、出来れば日持ちのするお菓子も

一緒に持って行くようにしましょう。

そうすれば、おはぎが苦手な方がいたり、親戚が大勢集まっても安心です。

また、おはぎはたくさんあっても、食べきれない可能性がありますので、

やはり持参するのでしたら、日持ちのする焼き菓子か

ゼリーなどを選んでおくと無難です。

 

まとめ

お彼岸のお供え物は、日持ちして小分けに出来るお菓子や、

缶ジュースなどの飲み物、もしくはちょっと

お高めな線香などを選ぶと良いでしょう。

相場は3000円~5000円ですが、現金も包んで持って行く場合は、

あわせて5000円以内に収めるのもマナーです。

のし紙は弔事用のものを選び、表書きと氏名を忘れずに。

そして、お墓には食べ物をお供えしたまま帰らないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑