敬老の日って何をすべき?由来やお祝いの仕方について

公開日: 

敬老の日はどんな祝日がご存じでしょうか。

お年寄りを敬う日であることは間違いないのですが、

具体的に何をすれば良いのか分からない方も多いようです。

そこで今回は、敬老の日には何をすると喜ばれるのか、

何歳からお祝いするのかを解説します。

スポンサーリンク

 

敬老の日って何をする日?

敬老の日とは、毎年9月の第三月曜日にある祝日です。

兵庫県で行われていた『としよりの日』が由来になっており、

後にこれが全国に広まりました。

すると、『としより』という表現が不適切であるとされ、

昭和41年に『敬老の日』と改称され、国民の祝日として制定されたのです。

その趣旨は、多年にわたり社会に貢献してきた老人たちに感謝し、

長寿を祝う日、とされており、一般的に家庭では、

孫から祖父母へ何か贈り物をする、ということが多いようです。

ちなみに、かつては敬老の日は9月15日でしたが、

祝日法改正によって、9月の第三月曜日に変更されました。

 

何歳から敬老の日にお祝いをする?

敬老の日は、お年寄りに感謝し、長寿を祝う日ですが、

具体的に何歳からお祝いをするべきなのでしょうか。

一般的に、老人や高齢者と呼ばれるのは65歳以上ですが、

中にはまだまだ年寄り扱いされたくない、という方もいらっしゃるようです。

また自分の、もしくは配偶者のご両親に、敬老の日にお祝いをすると、

年寄り扱いされている、と気分を害してしまう可能性もあります。

そのため、配偶者や自分の両親に日頃の感謝を伝えたいのでしたら、

敬老の日ではなく、父の日や母の日にお祝いをすることをおすすめします。

年齢的にはお年寄りであっても、当人はそう思われたくない方も多いので、

敬老の日にお祝いをするかしないかは、慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

お年寄りが喜ぶのは孫からの贈り物

お年寄りとして括られるのに抵抗がある方でも、自分の子供からではなく、

お孫さんからの贈り物は、とても嬉しいと感じる方は多いようです

敬老の日には、ぜひお孫さんから何かお祝いをしましょう。

おじいちゃん、おばあちゃんに宛てた手紙や似顔絵でも良いですし、

同居していないのであれば、遊びに行って顔を見せたり、

電話をして声を聞かせてだけでも、十分喜ばせることが出来ます。

他には、食事にご招待したり、お孫さんの手作りプレゼントや、

花束を贈るのもおすすめ。

プレゼントにはメッセージカードを添えれば、より気持ちが伝わりますよ。

スポンサーリンク

 

何も贈らないというのもあり?

敬老の日は、必ず何かを贈らなくてはいけない、という決まりはありません。

つまりは、普段言えない感謝の言葉を伝えるだけでも、十分なのです。

敬老の日が近くなると、今年は何を贈ろうかと、もしお悩みでしたら、

たまにはプレゼントではなく、いつもありがとう、

と感謝の気持ちを伝えてください。

遠方に住んでいるなら、電話をすると良いでしょう。

敬老の日は、何かをプレゼントする日ではなく、お年寄りを敬い、

長寿を祝う日ですので、物にこだわらなくても、全く問題はありません。

 

まとめ

敬老の日は、高齢になった両親に何かを贈るのではなく、

お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんへ、日々の感謝を伝えたり、

ちょっとしたものをプレゼントするほうが良いですね。

孫からのプレゼントは年齢関係なく、嬉しいと感じる方は多いようです。

特に遠方に住んでいて、なかなかお孫さんと会えないのでしたら、

敬老の日は会いに行って、一緒に過ごしてあげると喜んでくれます。

お孫さんがまだいないご家庭でしたら、敬老の日に自分や義理の両親に

何かお祝いをするよりも、結婚記念日や誕生日、父の日や母の日に

日頃の感謝を込めて、プレゼントをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑