どの季節でも困る、顔や体の乾燥。その効果的な対策法とは

公開日: 

女性が悩む肌トラブルの一つといえば、乾燥ですね。

湿度が下がる冬だけでなく、どの季節でも紫外線やエアコンの風などで、

肌は乾燥しやすくなるので、油断はできません。

そこで今回は、目元や口の周りなど顔や、ひじとひざ、かかと、手など、

特にカサカサになりやすい部分の保湿方法と、乾燥対策を紹介します。

肌荒れを防ぐためにも、改めて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

 

顔や体の皮膚が乾燥する理由

口や目の周り、そして体が乾燥してしまうのは、保湿不足や洗い過ぎ、

またタオルで拭く時に、肌が擦れて傷ついてしまっていることが

理由と考えられます。

特に目や口の周りは、皮膚が薄くデリケートなので、

乾燥に加えてメイクによって、肌荒れすることがあるのです。

乾燥で肌がダメージを受けないようにするには、

皮膚への摩擦を避けるようにしましょう。

 

口元や目の周りの乾燥を防ぐ方法

肌が乾燥するのは冬だけと思われがちですが、エアコンが普及した現代では、

季節問わず乾燥しやすくなってしまいます。

特に暑い時期は、汗をかくのでいつも以上にゴシゴシと洗顔をしてしまいますが、

そうすると肌が擦れて傷つくだけでなく、必要な油分まで奪い取ってしまいます。

洗顔料をよく泡立てて、優しく洗っていきましょう。

また、洗浄力の強いクレンジング剤を使うと、

その分刺激もあるので、肌にも負担がかかります。

日々のメイクもクレンジングも、肌に優しいものを選びましょう。

なるべくマスカラなども、お湯で流せるものが望ましいです。

そして、目元や口元の乾燥対策には、セラミド配合の保湿剤を使い、

特に乾燥する時期はこまめに塗り直すことをおすすめします。

洗顔後にタオルで拭く時や、食事中に口元をぬぐう時も、

ゴシゴシとこすらず、摩擦がおきないように注意しましょう。

 

乾燥してガサガサになったかかとには

乾燥によってガサガサになってしまったかかとは、

古くなった角質を取り除くために、ヤスリがけをするのが定番ですが、

保湿しなければあまり効果がありません。

乾燥にはやはり潤いが重要ですので、セラミド配合の

保湿クリームを塗っておきましょう。

また、暖かい季節でも、素足でサンダルなど靴を履くと、

足の角質がダメージを受けてしまいます。

なるべくストッキングや靴下を履くようにして、室内にいるときも

ルームシューズやスリッパを履くようにしてください。

ひじ、ひざの乾燥対策

ひじやひざも、摩擦による刺激は乾燥の元となります。

スポンサーリンク

日常生活の中で、頬杖をつく、壁に寄りかかるなどを無意識にしてしまう方は、

ひじに摩擦や圧力をかけてしまうので、注意しましょう。

また、床にひざを立てるのも乾燥の原因になります。

足にぴったりしたスキニーパンツなども、ひざがこすれて

摩擦を生じさせてしまうので、乾燥が気になる方は履くのを控えましょう。

乾燥したひじやひざは、入浴時にお湯に浸かって角質を柔らかくします。

入浴後は、低刺激かつ保湿力の高い乳液を塗って、ケアをしていきましょう。

 

手の乾燥をケアするには

水仕事をすることが多い女性は、特に手荒れが気になりますね。

早めに対処しなければ、ひび割れやあかぎれも伴ってくるので、

すぐにケアをしていきましょう。

食器洗いなど水仕事の際は、なるべく素手ではなくゴム手袋をつけて行い、

こまめにハンドクリームを塗ることで予防が出来ます。

もし手荒れがひどくなってしまったら、就寝前にハンドクリームを塗り、

その上から保温性の高い木綿製の手袋をはめてください。

すると寝ている間に、手の皮膚にハンドクリームが浸透して潤いを保てます。

 

まとめ

肌の乾燥は冬のみならず、常に気を付ける必要があります。

皮膚への摩擦を防ぐよう普段から意識して、

刺激を与えないように心掛けましょう。

そして保湿する時、化粧水や乳液は、セラミド配合のものを使い、

こまめに塗り直すようにしてください。

日頃から気を付けることで、乾燥による肌トラブルは回避できますよ!

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑