気がかりなのは家族の安否。地震後に家族と連絡を取るには

公開日: 

地震大国といわれている日本では、いつ震災が起きてもおかしくありません。

日頃から、もしもの時に備えておくべきでしょう。

地震後、特に心配なのが家族の安否ですね。

回線が混みあってしまうため、電話も繋がりにくくなります。

そこで今回は、もし地震災害が発生した時に、

家族と連絡を取る方法を紹介します。

震災が起きても、家族の無事が確認できれば安心ですので、

ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

災害伝言ダイヤルで連絡をする

震災が起きると、回線は混雑し、メールなども送りにくくなってしまいます。

そんな時は、NTT災害伝言ダイヤル「171」にかけて、

家族へのメッセージを残しておきましょう。

このダイヤルは、災害時に提供される音声伝言板で、

固定電話や公衆電話はもちろん、携帯電話からも利用が出来ます。

災害伝言ダイヤルに電話をかけると、音声ガイダンスが流れますので、

その案内の通りに家族へのメッセージを残してください。

1伝言あたり30秒録音でき、保存期間は運用期間終了までとなります。

 

携帯電話用の災害用伝言板を使う

こちらは携帯電話会社が災害時に提供するサービスです。

基本的に、震度6弱以上の大規模地震が発生した時に、

スマートフォンを含めた携帯電話から利用が可能になります。

伝言板に100文字程のメッセージが残せるので、

自分の状況を入力しておきましょう。

注意点として、携帯会社によって使い方が異なったり、

事前登録やアプリのダウンロードが必要になる場合もあるので、

お使いになっている携帯電話会社のホームページにアクセスし、

利用方法を確認しておくと良いでしょう。

 

SNSやアプリを活用する

災害時は電話やメールよりも、SNSで連絡をするほうが早く安否確認が出来ます。

もし家族と何かSNSで繋がっているのでしたら、自分の状況を書き込みしたり、

家族の投稿によって、無事を確認しましょう。

またFacebookに登録している方は、震災発生時限定で提供される、

災害情報センターというサービスもありますので、利用をおすすめします。

LINEで家族と繋がっているのでしたら、トークでお互いの安否確認が可能です。

ただし、インターネット接続環境がない場所にいると、

当然SNSは利用できないので、注意しましょう。

また、SNSは情報も早く収集できますが、

デマが拡散されてしまうこともあります。

出回っている情報は鵜呑みにせずに、情報源を確認するなど、

見極めるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

 

遠方の親戚に連絡する

災害発生時は、電話が繋がりにくくなりますが、

被災地から遠方に電話すると繋がることがあります。

そのため、もし親戚が遠方に住んでいるのでしたら、

予め家族の連絡先を登録させてもらいましょう。

そして災害時には、連絡の中継地点になるよう頼んでおいてください。

万が一被災しても、その親戚へ連絡することで安否確認がとれます。

また、携帯電話を持っていない方でも、固定電話や公衆電話から

親戚へ連絡することで、無地を伝えられるので安心です。

 

集合場所や連絡方法を家族で決めておこう

災害はいつ起こるか分からないので、緊急時に備えて、

家族で被災時の安全な集合場所や、連絡の取り方を決めておきましょう。

携帯電話を持っていても、繋がらなかったり、

使えない状況になるかも知れません。

お子さんが携帯電話でしか連絡をしたことがないのでしたら、

公衆電話の使い方も教えておくと安心です。

出来れば、実際に被災する前に、家族で決めた

連絡方法を試しておくようにしましょう。

 

まとめ

いつ大規模な地震が起こるか分かりませんので、

常日頃から備えをしておく必要があります。

緊急時は、災害時伝言サービスを利用するか、もしネットに接続できるなら、

SNSで家族と安否確認を取ってみましょう。

しっかり備えをしておけば、もしもの時でも、

いち早く家族の安否確認が取れるもで、離れていても安心です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑