もち米なしでも作れる?おはぎの簡単な作り方とは

公開日: 

おはぎ(ぼた餅)はお彼岸にお供えする食べ物の定番ですが、

皆さんは作り方をご存じでしょうか。

もち米を炊いて潰したり、あずきを煮て準備したりと、

作り方が面倒に思われがちなおはぎですが、実は簡単に作る方法があるのです。

今回はおはぎの簡単な作り方を紹介しますので、

お彼岸の時などにぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク

 

おはぎは手作り?市販のもの?

お彼岸の時、仏様にお供えするだけならば、市販のおはぎで

間に合わせても良いですが、故人の供養のため、

ご自宅に訪問する方が多かったり、ご近所に配るなどする場合は、

手作りすると良いでしょう。

また、おはぎは手作りしたほうが、あんこの量を控えめにするなど

調節が出来るので、甘いものが苦手な方にもおすすめです。

ただし、市販もお手製のおはぎも、あまり日持ちはしませんので、

作り過ぎ、買い過ぎにはご注意ください。

もしどうしても食べきれなかったら、

一個ずつラップに包んで冷凍保存しましょう。

食べる時は電子レンジで温めるか、自然解凍をしてください。

そして、おはぎをご家庭で簡単に作りたいのでしたら、

あんこは市販のものを使うことをおすすめします。

確かにあずきから煮たほうが、あんこの甘さも調整できるのですが、

やはり手間がかかってしまうため、多忙な方には不向きでしょう。

スーパーの製菓コーナーなどで販売されている、

あずき缶やパックのあんこを使って作ると、おはぎも簡単に出来ますよ。

あんこは粒あんでもこしあんでも、お好きなほうで大丈夫です。

 

あんこのおはぎの作り方

あんこで包むご飯は、2合のもち米と1合の普通の

お米を2:1の割合で混ぜ、よく研いでおきます。

炊く時の水加減は3合の目盛りよりも、

ほんの少しだけ少なめにするのがポイント。

炊き方は、いつも通りの白米モードで構いません。

スポンサーリンク

ご飯が炊きあがったら、すりこぎかしゃもじで、お好みの加減で潰しましょう。

潰したご飯をお好きな大きさに丸めたら、あんこ適量を手の平に広げてください。

あんこの上に丸めたご飯をのせて、包んでいけば完成です。

もし、あんこが硬すぎるのでしたら、水を加えてよく練ると柔らかくなります。

あんこは手にくっつきやすいので、手にかるく水を付けるか、

ラップの上にのせて包んでいくと、とても包みやすくなります。

 

黒ごまときな粉のおはぎを作るには

黒ごまはすり鉢とすりこぎで砕くと、香りがたって美味しくなります。

もしすり鉢がないのでしたら、黒ごまをジップロックなどのビニール袋に

入れるか、ラップに包んで、湯呑みの底で叩いて細かくしてください。

砕いた黒ごまには、砂糖を適量加えて混ぜておきましょう。

そして、中にあんこを入れて包んだもち米に、好きなだけまぶせば完成です。

きな粉のおはぎを作りたい時は、黒ごまの代わりに、適量の三温糖と、

一つまみの塩を加えて混ぜたきな粉をまぶしましょう。

 

余ったご飯で作るおはぎ

もち米がなくても、おはぎを作ることが出来ます。

まず、残りご飯を少し電子レンジで温めたものに、お湯を加えて少量ずつ加えて、

米粒を潰しながらよく混ぜてください。

お湯の量はご飯の硬さを見ながら足していきましょう。

ご飯がお好みの柔らかさになったら、あんこで包んだり、

黒ごまやきな粉をまぶせば完成です。

もち米をわざわざ買って炊く必要がないので、

より簡単におはぎが作ることが出来ますよ。

 

まとめ

おはぎの作り方は意外と簡単です。

あずきを煮る必要もないので、手軽に作りたいのであれば、

市販のあんこを使用しましょう。

あんこが用意できたら、もち米と普通のお米で炊き、

潰したご飯を包めば、おはぎは簡単に出来上がります。

もち米がなくても、普通のお米でもおはぎが出来るので、

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑