ドレスの次に大事!ブライダルインナーの選び方と買い方

公開日: 

結婚式を挙げる時に、新婦が最も重視するのは、ウェディングドレスですね。

でも実は、ドレスをより美しく見せるためには、

下着であるブライダルインナーも、とても重要なのです。

ただ、このブライダルインナーは高額な商品が多いため、

出費がかさんでしまうことがあります。

そこで今回は、花嫁には必需品であるブライダルインナーの選び方や、

安く揃える方法などを紹介します。

スポンサーリンク

 

ブライダルインナーってどんなもの?

ブライダルインナーは、ウェディングドレスの中に着る下着です。

バストトップを上げたり、ウエストにくびれを作る、姿勢を矯正するなど、

ウェディングドレスに似合う体形にするための補正下着の役割と、

重いドレスを支える機能があります。

一般的には、バストとウエストの両方を補正するビスチェと、

ブラジャーとウエストニッパー(コルセット)、ウエストやヒップを

美しく見せるガードル、そしてペチコートやフレアパンツなどを、

ドレスに応じて組み合わせて着用します。

既製品をレンタル出来る式場もありますが、なかなか自分の体形に

ぴったり合ったブライダルインナーは見つかりにくく、

また下着ということもあって、レンタルに抵抗がある方もいらっしゃいます。

せっかくキレイなドレスを着るのですから、妥協して選ばずに、

自分の体形にフィットするブライダルインナーを用意しましょう。

 

最低限必要なブライダルインナー

ブライダルインナーは最低限、ビスチェとペチコート、

もしくはフレアパンツがあると良いでしょう。

ビスチェはバストとウエストの両方を補正し、ペチコートまたはフレアパンツは、

ドレスに着替えている時に、介添えの方にショーツが見えてしまうのを避ける、

エチケットの目的で着用します。

ただし、ドレスのデザインや新婦の体形によっては、

必要なブライダルインナーが増える場合もあります。

例えば、マーメイドラインのウェディングドレスでしたら、

下半身もしっかり補正しなければならないので、ガードルは必要です。

 

普通の補正下着ではダメ?

衣料品店やランジェリーショップなどで売られている、

通常の補正下着をブライダルインナーの代用にするのは、

やめておくことをおすすめします。

通常の補正下着でも、確かに女性らしいボディーラインにはなるのですが、

ドレスを支える機能がないため、式の途中にずれてしまう可能性があるのです。

出来れば、通常の補正下着ではなく、

スポンサーリンク

必要な機能が揃ったブライダルインナーを着用しましょう。

ただし、エチケットとして履くペチコートやフレアパンツは、

安価なものでも問題ないです。

 

安く済ませるにはどこで買う?

購入する時は試着して、自分の体形とドレスに合っているかを確かめる

必要があるため、いくら安く売っていても、通販はおすすめ出来ません。

反対に、式場内にある貸衣装店などでブライダルインナーを購入すると、

とても高額になってしまいます。

比較的安く揃えるには、トリンプやワコールなど、有名下着ブランドの店舗でも、

ブライダルインナーが取り扱いされています。

価格としては、約3000~数万円と幅広く、試着も出来るのでおすすめです。

ちなみに、ブライダルインナーは結婚式の一回きりではなく、

その後も補正下着として使えて便利で、コストパフォーマンスも良いので、

あまり安価過ぎるものではなく、ある程度の値段の下着を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

ウェディングドレスが決まったら、次は最適なブライダルインナーを探しましょう。

一般的な補正下着だと、ウェディングドレスを支えられないので、

必ず専用のものを選び、購入する時は試着を忘れずに。

ブライダル専門店よりも、有名下着ブランドの店頭で購入した方が、

安くて良いものを見つけられます。

ぜひ自分とドレスに合ったブライダルインナーを見つけて、

素敵な結婚式を挙げてくださいね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑