さつまいもには意外な効果が?美容と健康に効果的な成分とは

公開日: 

秋の味覚さつまいもには、実は美容にも健康にも良いってご存知でしたか?

さつまいもは、栄養価が豊富で、食べれば風邪をひきにくくなるだけでなく、

腸やお肌にも良く、しかもダイエット効果もあるのです。

今回はそんな、蒸かしただけでも美味しく食べられて、

手軽に栄養素が摂れるさつまいもの効果について、紹介していきます。

スポンサーリンク

腸内環境を改善する

さつまいもには食物繊維に加えて、整腸作用のあるヤラピン

という成分が含まれています。

このヤラピンは、さつまいものみが持っている栄養素であり、

食物繊維との相乗効果で腸内環境が改善されるのです。

具体的には、さつまいもを食べることによって、腸内の善玉菌が増え、

悪玉菌が排除されるので、便秘解消の効果も期待出来ます。

また、さつまいもに含まれるカリウムは、腸内の筋肉の働きを促すので、

お通じを良くしたり、体内の老廃物が排泄されるのを促進するので、

むくみの解消にも繋がるのです。

便秘気味の方は、ぜひ一日に一回、さつまいもを食べてみてください。

ちなみに、ヤラピンはさつまいもの皮とその周囲に多く含有しているので、

最も効果的に摂るには、蒸かしたものを皮ごと食べるのがおすすめ。

 

免疫力を上げる

免疫力をアップさせるのに必要な成分といえば、ビタミンCですね。

ウイルスにも強くなるので、定期的に摂取していきたいもの。

実はさつまいもにはなんと、りんごの約7倍ものビタミンCが

含まれているのです。

熱や水に弱いとされているビタミンCですが、さつまいもに含まれているものは、

でんぷんによって守られているので、加熱しても減ってしまうこともなく、

効率よく体内に取り込めるでしょう。

 

ダイエットにも効果あり

最近では、1日の食事のうち一食だけ、さつまいもをご飯や

パンの代わりとして食べるダイエット法が注目されています。

さつまいもは意外に低カロリーであり、食べ応えもあって腹持ちが良いのが特徴。

しかも、さつまいもに含まれているビタミンEは、

血行を促進させて体温を上げるため、代謝が上がります。

また、さつまいもは食べても血糖値の上昇が緩やかであるため、

脂肪を溜め込みにくい性質を持っているので、

ダイエットには最適の食材といえるでしょう。

ただし、食べる際は何か調味料で味つけなどをするのではなく、

よく蒸したさつまいもそのままを皮ごと食べるようにしましょう。

また、糖質を含んでいるので、過剰摂取は禁物です。

なるべく腹八分目までにおさえるようにしてください。

スポンサーリンク

効果的にダイエットするには、朝か昼の食事をさつまいもに

置き換えると良いでしょう。

食べる時はよく噛むことで、満足感が得られますよ。

 

さつまいもに含まれる美容効果

さつまいもはビタミンもミネラルも豊富に含んでいるので、

高い美容効果にも期待ができます。

まず、腸内環境が良くなれば便秘だけでなく、

ニキビなど肌荒れも改善されます。

そして、ビタミン類は美肌を保ち、シミやシワ、

たるみなども予防する効果があるのです。

更に、さつまいもの皮には、抗酸化作用が強い

ポリフェノールが含まれているため、

アンチエイジングの役割もあるので、女性にはかなり嬉しい要素ばかりですね。

そんなさつまいもはまさに、天然のサプリメントといえる食材でしょう。

 

まとめ

さつまいもは、腸内環境を整えるだけでなく、免疫力アップやダイエット、

老化防止など、健康と美容に様々な効果をもたらしてくれます。

特に便秘でお困りの方は、定期的に食べることでお通じが良くなるので、

試してみてはいかがでしょうか。

腸内が良くなれば、肌荒れも改善されて、体のむくみも取れますよ。

さつまいもは旬の秋に採れたものが、やはり一番美味しくて

栄養価も高いといわれています。

皆さんもぜひ、さつまいもを食べてたくさんの栄養を摂り、

体の中から美しく健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑